FC2ブログ
2007/07/21

フレンドリーマッチ2試合を終えて

最初にちょっとお知らせです。って、そんな改まって言うほどのことじゃないんですけど。(笑)

今まで選手の会見等の訳は一人称を「僕」で統一してきましたが、毎年レッジョ通いして選手のキャラがだいぶ分かってきたので、今季から一人称や口調をそれっぽくしてみようと思います。
多分ほとんど全員「俺」だな(笑)。「俺」じゃない人は、そうですねえ、実際に話をした印象だとモデストは「おいら」、ニールセン君は「ボク」、アモルーゾは「僕」もしくは「私」でもいいかも。彼はちょっと別格ですね。こんなプロヴィンチャのチームにこんなジェントルマンがいるなんて!という人なので。だけど試合中ハイレグになっちゃうのよね・・・。この落差が堪りません。(笑)
因みに私が会ったことのあるレッジーナ歴代選手の中では、デローザ様(現ジェノア)も「僕」もしくは「私」なイメージの人でした。

涼しそうだなあ

レッジーナ公式に合宿の写真がアップされているんですけど、このニールセン君の激カワユイ写真に萌えました。ニールセン君にイタズラされちゃっているのは同じデンマーク人のGKノヴァコヴィッチだと思われます。
※訂正
すんまへん。ノヴァコヴィッチはセルビア人ですね。ペリッツォーリがロコモティヴ・モスクワへ電撃移籍した後、いろんなGKが後釜にあがったので、あの時に私の頭の中で情報がグチャグチャになったものと思われます。

ニールセン君、髪伸びたね。

アモルーゾ、随分髪を短くしましたね。このまま行くのか、昨季みたいにシーズン終了まで切らないのか、どっちにするんだろ。私はもう少し長い方が好きなんだけど。

今季もシーズン終了まで切らないかも

こちらは茹で上がった頭を水で冷やすタコ社長アメリーニ。
おーい、タコ社長、子どもの名前は決まったかー?

子どもは男の子?女の子?どっち?

さてさて、今季最初の親善試合Rappresentativa Val D'Ayas戦を12対0で大勝したレッジーナですが、後日アモルーゾについて聞かれたコッツァは「ニコラとはいい関係だし、フィールド上でも僕らの関係は申し分ない」と答え、コッツァについて聞かれたアモルーゾは「チッチョとは2年前に一緒にやっているし、僕らの間には既にハーモニーがある」と答えておりました。
で、この二人と一緒に前半一緒にピッチに立ち、2ゴールしたブラジル人FWジェールソンが「コッツァとアモルーゾと一緒だと簡単にゴールできる!」と感激してまして、昨季ビアンキが「ニコラと一緒だと、とってもやりやすいんだ♪」と言い続けていたのを思い出して笑っちゃいましたよ。ジェールソン君、ベテラン二人に育ててもらって第二のビアンキ目指しましょう。頑張ってくれたまえ。

もう一人第二のビアンキ候補がいまして、それは後半だけの出場でトリプレッタの大活躍だったチェラヴォロです。会見でかわいいこと言っていたので全文訳しちゃいました。

開幕まで好調を維持してください

僕らはここで監督の信頼を勝ち取るために頑張ってる。ここ最近でチームは成熟してきたよ。成長をつづけているこのチームで、セリエAで、自分が入り込める余地を見つけられるといいな。
2年前僕はまだ子供だった。だけど今はピサでの経験があるから、セリエAのような厳しいリーグでも戦える準備が出来ていると感じるんだ。ピサでは厳しい5ヶ月を過ごした。選手としてだけじゃなく人間としても大いに成長できた。自分のキャラクターの幾つかの部分はまだカバーできていないし、ピサのセリエB昇格に貢献した自分のクオリティをセリエAでのピッチでも出せるかどうかは分からないけどね。
合宿がスタートしてから1週間ちょっとだけど、僕ら本当によく練習したよ。新しい監督の下、様々な戦術を試しているんだ。監督が僕をプレーさせてくれるように、いつでも全力で頑張ってる。
僕ら本当にいいチームだよ。バリッラとかミッシローリみたいなプリマヴェーラで何年も一緒にやってきた仲間もいるし、ベテラン選手たちとの関係もすごくポジティブだ。僕らが学ばなければいけないことに関して、彼らはいつも手を貸してくれるんだ。


レッジーナが奇跡の残留に向けて死闘を繰り広げていたとき、チェラヴォロはピサでB昇格目指して頑張っていたんですね。プリマヴェーラ出身の選手がブレークしてくれると盛り上がるだろうなあ。チェラヴォロには本当に頑張って欲しいです。あ、ミッシローリ君にも。そういやミッシのグロッセート移籍はどうなったんだろう?
いつも手を貸してくれるベテラン選手の代表は、教え魔のアモルーゾでしょうなあ。若い子ちゃんたちに熱血指導している姿が目に浮かびます。(笑)

昨日は親善試合第二弾、クインチターバ戦が行われました。6-0で快勝したのですが、なんと先発組は前半1点も取れず、控え組が後半に6点叩き出してます。
『レッジーナ、テストマッチでクインチターバに6-0の勝利』
フィッカデンティ監督は「前半はスタートから15分までは良かったけど、その後ちょっと混乱した」とコメントしています。しかし、負荷をかけたトレーニングの疲労が出てくる時期なので全然心配していないとのこと。そういうことなら私も心配しないでおこうと思います。
この試合、チェラヴォロがドッピエッタです。勢いづいちゃってますね。
この試合の出場選手は以下の通りです。

Marcatori: nella ripresa al 7' e al 16' Ceravolo, Modesto al 19', Cherubin al 37', Montiel al 41', Viola al 45'
Reggina: Campagnolo (1'st Novakovic), Miguel Garcia (5'st Alvarez), Modesto (23'st Barilla), Cascione (28'st Castiglia), Lanzaro (12'st Cherubin), Aronica (12'st Cosenza), Missiroli (18'st Amerini), Barilla (5'st Viola), Joelson (28'st Pettinari), Cozza (12'st Montiel), Amoruso (1'st Ceravolo). All. Ficcadenti
Quinci-Tava: Vernetti, Tirassa, Duclair, Di Tunisi, Ferrari, Mascia, Le Serre, Micco, Bono, Macellan, Bosonetto. In panchina: Zola, Verdesio, Starantino, Balano, Ardillo, Donato, Bonacci, Camerlo, Peila, Bacchiero, Sardino. All. Avondoglio
Arbitro: Memoli di Verres (Ao)

えー、ローマに貰われて行くのか行かないのかはっきりしないモデストですが、「今のところおいらはレッジーナの選手だし、プロして、真のカラブリア人として、このユニのために全力を尽くすよ」と健気なコメントをしておりました。早くハッキリするといいのですが・・・。

最後に選手獲得のお知らせです。
『レッジーナがエドガル・バレートを獲得』
またパラグアイ代表がやってきました。これで南米人4人目です。レッジーナはインテルに対抗して南米化を推し進めるんでしょうか。(笑)

07-08レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示