FC2ブログ
2007/07/20

九日目:下着姿を覗かれた午後

5月18日(木)快晴

今日は元気だったらプルマンで片道3時間かけてシラクーサに日帰り旅行しようと思っていた。ディオニュシオスの耳で有名なネアポリ考古学公園やシチリアで一番大きなギリシャ劇場に行ってみたかったのだ。
しかし、元気じゃなかった・・・。頭痛が治まらないし、熱っぽいし、もう最悪。(泣)
とりあえず食べないと元気になれないので、朝食をしっかり取ってバファリンを飲む。そのままベッドに戻りたかったけど、お掃除の人が来ちゃう時間なので仕方なく出かけることに。

ウンベルト1世大通りで各種お土産を購入。家族や同僚や俊ファン仲間や、ブログ5万ヒット企画の「南イタリアお土産セット」用にも何か調達しないといけない。同僚と俊ファン仲間へはシチリア天然素材の石鹸を選んだのだけど、これがとても評判が良かった。
上段左から「サボテンの実」「銀梅花」、下段左から「オレンジの花」「薔薇」。
色がきれいでしょ?
この他にもアロエ、ペパーミント、ココナッツ等々20種類以上あり選ぶのも楽しい。店の名前は覚えていないけど、メッシーナ門の比較的近くにある。これからタオルミーナへ行かれる方、お土産にいかが?

速攻でお土産を購入した後は市民公園で一休み。この公園からの眺めはまるで絵葉書のよう。

タオルミーナは絶景ポイントだらけ

公園内は花が咲き乱れ、

公園その1

緑が多くてホッとする。

公園その2

そして、広い敷地内には不思議な建物が点在している。これは一体何なんだろう?

公園その3

公園その4

バールで昼食用のパニーニとクッキーをテイクアウトしてホテルに戻った。
私の部屋の窓を開けると目の前は隣の建物の屋上なのだが、そこに人がいたことがなかったので、いつも窓は全開に開け放していた。で、一人旅だと部屋では下着姿でウロウロしている私。その日もブラとパンティだけでベッドの上に寝転がりジロ・デ・イタリアを見ていた。
ふと視線を感じて窓の外に目をやると、デッキチェアに腰掛けた上半身裸の男性と目が合った。片手を挙げてニッコリ微笑む男性と固まる私・・・。

ちょ、ちょっと!いつからそこにいるのよ!

人の下着姿眺めながら日光浴してんじゃないわよ!


当然のことながら笑顔の男性には応えず、慌てて窓を閉めた。ああ、もったいない。何処の誰だか知らない奴に無料で大サービスしちゃったわ。←そういう問題じゃないだろう
女性の皆さん、下着姿や裸でいるときは、窓は必ず閉めましょう。って、言われなくても普通の人は閉めてるよね。すみません。以後気をつけます・・・。って、誰に謝っているんだ?<自分

夜になっても体調は一向に回復せず、食欲もわかなかったので、近所のバールでピスタチオのジェラートだけ食べて11時前に寝てしまった。
明日の朝にはタオルミーナを発つ。重いスーツケースを持って移動しなくちゃいけないのに、体調が戻らなかったら辛いなあ・・・。
南イタリア遠征記2006 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示