--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/05/06

アスコリ戦後マッツァーリ監督と選手の会見

レッジーナ公式のQ&Aのコーナーに私のアモルーゾが登場しました。
相変わらず黒尽くめで怪しい色気を放っております。(笑)

この体のどこに脂肪が?

何が面白かったって「もし美容整形でどこかを変えられるとしたら?」の問いに「お腹の贅肉」と答えたんですよ。脂肪吸引したいんかアモルーゾ?(爆)
去年初めて生アモルーゾを見たときには、セリエAの選手とは思えない細くてしなやかな体つきにビックリしたものです。この1年で急激に腹に脂肪がついたんでしょうか。今年は腹回りをチェックせねば!

シーズンオフに突入したら、この企画に登場した全ての選手たちのQ&Aをご紹介したいと思います。
さて、以下アスコリ戦後の監督と選手の会見です。


水曜日のマツ監督の会見:
私が見にいく試合で退席させられないでくださいね

怪我で使えない選手たちの中で最も気がかりなのはメストだ。全員が筋肉の問題で復帰の見通しを立てるのが難しい。まだ簡単にしか彼らの症状を確認していないが、過去数試合での過度のメンタルとフィジカルのストレスによることは確かだろう。せめてキエーヴォ戦までにモデストが回復してくれるといいのだが・・・。
---トーナメントのデリケートな時期に重要な選手たちを失ってしまった
彼らの担う役割の特性故にそれぞれの選手たちが価値を持っている。他の違った特性の選手をそこに適応させることは常に多少のリスクを伴うものだが、彼らは期待に応えてくれるだろう。(←この訳ちょっと怪しいです)
---不在の選手たちの他に累積リーチの選手が6人いるのも気がかりだ
これに関しては対処法はないよ。ただ彼らがとても慎重であって欲しいと願うしかない。出場停止を免れなければいけないとしても、同じ日に全員ということはないだろう。(←この文も怪しいっす。すんまへん)
---次節に向けて若干の調整を強いられると思うが、ガッツィが先発するのか
彼がボナンニのゴールでドリブルを許してしまったにもかかわらず、そのゴール以外はとても素晴らしいプレーをしていたとしても、先発でプレーするかどうかは言わないよ。テデスコをセンターに戻すという他の解決策も考えているんだ。どうなるかは1週間後に分かるさ。
---結果と順位表のベストポジションにもかかわらず常に警戒が必要だ
我々はここ4試合で8ポイント獲得しており、騒乱の外に自分たちを置くことが出来たと思っている。この4試合で全力でこのカンピオナートを戦ったからこの位置にいるんだ。
---日曜日には手強い相手が待ち構えている
サンプドリアは好調なチームだし、先週の日曜日に残留の最後のチャンスに賭けて戦ったアスコリのように、UEFAへの希望を繋ぐために全てを賭けて戦ってくるだろう。
---サンプドリアはここまで素晴らしい戦いを見せてきた
サンプドリアは間違いなく我々よりも優れたテクニックを有するチームだ。ボナッツォーリやフラーキが不在でもクアリアレッラやバッザーニのようなハイレベルな他のアタッカーたちに頼ることができる。
---おまけにベンチでは監督が決して気を抜かなかった
ノヴェッリーノはテクニシャンでシーズン中に一度も間違いを犯さなかった。彼がどんなに巧みに試合の準備をしているか知っているし、リーグ戦で可能な限り上位に到達するために最大限にモチベーションを上げていることも知っている。
---レッジーナについては
我々にとっては非常に厳しい試合となるだろうがジェノアでうちのチームが素晴らしいゲームをしてくれると確信しているよ。シーズンのラストスパートに向けて、アスコリ戦での勝利が信頼と理念を与えてくれた。
---最後に貴方の将来について
何も分からないよ。もしレッジーナが残留できなかったら私の将来なんて何も考えられない。
クラブとの契約はあと1年残っているし、リーグ戦が終わるまで私の件に関しては保留だよ。いつものように会長と話し合い、彼がどうするか確認することになるだろう。サンプドリアから私へのアプローチがあり、ノヴェッリーノが他のクラブへ移るというのは根拠のない噂に過ぎない。事実彼はここ数年素晴らしい仕事をしているのだから。


将来のことはシーズンが終わってからと毎回言っているにもかかわらず毎回この質問が出るんですね。マツ監督もうんざりしていることでしょう。ノヴェッリーノさんは自分の後釜に座るんじゃないかと噂されているマツ監督率いるレッジーナとの対戦ということで、すんごい張り切っちゃいそうで怖いです。絶対に負けられねー!と思っていそう。(汗)
えー、累積にリーチのかかっている6人とは、アロニカ、ジョーザ(骨折からまだ回復せず)、フォッジャ、ビアンキ、ランザーロ、ヴィジャーニです。選手の皆さんにはカードの貰い方に細心の注意を払っていただきましょう。誰もカードを貰わないに越したことはありませんが、もし貰うなら各ポジション被らないようにお願いします。アロニカ&ランザーロの守備セットもしくはフォッジャ&ビアンキ&ヴィジャーニの攻撃セットが36節キエーヴォ戦出場停止とか絶対に止めてください。(>_<)


ガッツィの会見:
真面目そうな男の子ですね

僕は自分のパフォーマンスを評価するのは好きじゃないんだ。チームについてなら話すけど、アスコリ戦はとても重要な勝利だったね。いくつもの困難にもかかわらず成功を収めた。これを続けていかなくちゃ。
---昨日アスコリはカターニアと引き分け、敵地で簡単に勝てる相手ではなかったことを証明した
僕らはデル・ドゥーカ(アスコリのホームスタジアム)へ乗り込んでいくのは散歩じゃないって分かっていたよ。アスコリは悪いチームじゃないし、僕らと一緒に残留へ向けて戦っているチームと比べても、そんなに差があるわけじゃない。
---トニョッツィが不在なので貴方の出番かもしれない
分からないよ。それは監督が決めることだ。アスコリ戦みたいに出場できるといいね。もしかしたらピッチに出られるかもしれないし、1週間かけて最大限の力を発揮できるように準備しておくよ。
---ここ4試合で8ポイント獲得したが、未だ確かなものは何もない
最終節の最後の瞬間まで僕らは苦しむことになるだろう。だからこそ歴史的な偉業を達成するために、この最後の月にいつも以上の力を出すことを自分たちに求めていくよ。
---しかし日曜日のサンプドリア戦は困難な試合になるだろう
とても強いチームだし最近好成績を収めている。何人かの選手が不在だけど、いつだってホームではとても危険なチームだ。だけど僕らは敬意を表しながらもぶつかっていくよ。


無口なガッツィ君にしては頑張ってたくさんしゃべりました。(笑)
やはり残留の行方は最終節までもつれるんでしょうか・・・。去年の遠征は残留決めた後で選手たち全員が機嫌よかったけど、今年の遠征はどうなるやら。みんな目の下にクマとか作って憔悴しきっていたらどうしましょ。今年も選手たちの男前な写真をたくさん撮れるといいんですけど。。
ビオンディーニとそっくりと言われているガッツィ君。ファンサの対応もビオンディーニみたいにオドオドしているのかしら。ふふふ、苛めてくるぞー。←こら


タコ社長アメリーニの会見:
今季レッジーナで最年長でーす

僕らはUEFAのチャンスを狙っている強敵と戦うことになる。ヴォルピとか他にも素晴らしいテクニシャンがいるし、組織力も彼らの強さの一つだよね。
---ボナッツォーリとフラーキを欠くサンプドリアに対しレッジーナも何人かが不在だ
彼らの方が選択肢をたくさん持っているのは確かだ。僕らはメストとモデストという二人のサイドプレーヤーを欠くことになる。今季セリエAで最高のプレーをした選手たちだし、走力の観点から僕らは何がしかを失うことになるのは明らかだろうね。だけどレッジーナでは代役を任された選手がいつも活躍するんだ。日曜日もそうであると願っているよ。
---前回対戦ではクアリアレッラが決定的なゴールを決め、非常に拮抗した戦いだった
あの試合は僕らのベスト・パフォーマンスの一つだったと記憶している。少なくとも僕らは引き分けに値した。今回はゴールを決めて、なおかつ、あの時のパフォーマンスを繰り返せるといいね。
---サンプドリアでのホームではレッジーナは常に負けている
このタブーを破れるといいね。難しい試合になるのは分かっているけど、僕らにとってセリエA残留という目標はものすごく大事なんだ。ポジティブな結果を持ち帰れるように、最大限の謙虚さを持ち、モチベーションを上げて頑張るよ。
---下位順位はキエーヴォ×パルマの結果次第だろう
僕らは自分たちの未来を作り出すのは自分たちだという感覚を持って全てのものに目を向ける。そしてカンピオナートの終わりには、あらゆるタイプの計算表が歪んでしまうことを経験が僕に教えてくれる。僕はカターニア以下のチームはどこも穏やかではいられないと思っているよ。
---日曜日は貴方のポジションの相棒が決まっていないが
監督が決めることだよ。先週の日曜にアスコリでプレーした選手はよくやったし、全ての選手が再召集に値するだろう。だけど誰がスタメンかはピッチに出る直前に知らされるんだ。
---このような激しい終盤線では総力戦となるだろう
まず第一に頭と足の両方が求められると思っている。アウェイのアスコリ戦で見せたように、僕らは最後の重要な月を戦う準備が整っているよ。


前回対戦はクアリアレッラの一発に沈みましたが、タコ社長以外の選手たちも口を揃えるようにレッジーナのパフォーマンスは最高だったようです。最高のプレーをしながらも勝ち点を取れなかった前回の雪辱をぜひ晴らして欲しいと思います。中盤のメンバーが流動的で負担が大きいと思うけど、頼りにしているぞタコ社長。


土曜日のマツ監督の会見:
選手たちにはカンピオナートのラストスパートのために最後のエネルギーを振り絞ってくれと頼んだよ。セリエA残留のための闘いに専念しないとけないからね。34試合の苦しい戦いの後、あらゆることを生み出してきた。既に素晴らしい結果を出しているが、我々はこの偉業を成し遂げたいんだ。
---サンプドリアに対して高いモチベーションで臨めるのか
両チームにとって順位が大事になってくる。本当に激しい戦いとなり、双方が相手を負かすために全てを賭けることになるだろう。サンプドリアは厚い戦力を持ち、洗練された仕事をする監督が長い年月をかけて練ったゲームを披露していることを忘れてはいけない。とてもタフなゲームになるだろうね。
---レッジーナは何人かの重要な選手が不在で非常事態だ
シーズンを通してハイレベルのパフォーマンスを披露してきた選手たちの不在に対処することになる。しかし、いつだって代わりに召集された選手がポジティブな答えを出してくれた。今回もそうなるかどうかはピッチ上で分かるだろう。
---フォーメーションに疑問が残るが
最後の2日間で幾つかの解決策を査定するよ。試合開始から、そして試合の経過に応じて、アスコリ戦で採用した戦術と比較しながらね。全てのことをやってみたけど、11人のラインナップは明日の朝に伝えるよ。
---日曜日は他の試合が気になるだろう
我々は自分たちのことだけを考えなくてはいけないし、次の対戦相手はサンプドリアだ。まず第一に自分たちのパフォーマンスだよ。そして、トーナメントの最後にシーズン当初不可能だと定義された仕事を我々が遂行できたかどうかを確認することになるだろう。


マツ監督の試合前の会見を読むと、いつも緊張がマックスに高まります。(>_<)
たとえ残留できなかったとしても既に素晴らしい結果を残していますが、それでも最後に奇跡を起こしてくれると信じています。ここまで頑張ってきたのに残留できなかったら悲しすぎます。戦力も揃わないし、疲れも溜まっているし、みんな物凄くしんどいと思うけど、残り4試合最後の力を振り絞って頑張れ!
今宵も2時間パソの前にへばり付いて、レッジョ方面に念を送りながら、ガゼッタの実況を追いたいと思います。
Forza Reggina!!!
今週のマッツァーリ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
アモルーゾのQ&A見ました。
私は「料理の腕前自己採点」で吹きました。男らしいです。
それと、タコ社長の「身体のどこかを変えられるとしたら?」の回答とか。やっぱりそうなんだ、みたいな。

それにしても、トニョッツィにルハ・ヴィジャーニにタコ社長ってフィレンツェ出身が3人もいて、ルカレッリも(マッツァーリくんも)リヴォルノの人だし、何気にレッジーナってトスカーナ人多いですね。エンポリほど酷く(?)はないですが。

ちなみに、アモルーゾの噂はちっとも聞きませんよ~。
出て行く人の話ばっかりですorz

ルカレッリ兄、リヴォルノと決別宣言した後はレッジーナでルカレッリーズを結成して欲しかったんですが、インテル行きが有力って話ですね。残念。
ピッチの外では役に立たないダメ亭主?
私も同じところで吹きましたー。
アモルーゾって私生活ではひたすらボケーっととしてそうな人ですよね。結構世話が焼けそうな気がします。私が世話を焼きたかった。←おい
タコ社長は期待通りの答えでした。(爆)

トスカーナ人が多いのはマッツァーリ君の意向だったりして。トスカーナ人とは分かりあえるとか何とか言って。(笑)
そのマッツァーリ君、キエーヴォ戦はやはりベンチに入れません。せっかくスカパー放映があるのに。(泣)

エンポリ現地ではアモルーゾの噂ないですか。それは何よりです。(^^)
誰も興味持ってくれなくていいです。うちでキャリアを終えるんですから!

>出て行く人の話ばっかりですorz

うちと同じですね・・・orz

私もルカレッリーズの結成を楽しみにしていたんですけど、インテルですか。。。
兄ちゃんはウチが買えないくらい高いんだろうなあ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。