FC2ブログ
2007/05/05

セリエA第34節アスコリ×レッジーナ 逆転勝利で14位に浮上!

アスコリ2-3レッジーナ
得点者:前半15分 フィーニ、前半23分&31分 アモルーゾ、後半6分 フォッジャ、後半37分 ボナンニ

ASCOLI (3-4-2-1): Eleftheropulos, Corallo, Nastase (46' Minieri), Lombardi, Fini, Pesce, Zanetti (13' Bonanni), Boundianski, Guberti, Bjelanovic (19' Paolucci), Soncin. A disposizione: Boccolini, Vastola, Bonanni, Perulli.
All. Sonetti.
REGGINA (3-4-2-1): Camapagnolo, Aronica, Lucarelli, Lanzaro, Mesto (14' Vigiani), Tognozzi (28' Gazzi), Tedesco, Amerini, Foggia (20' Nardini), Amoruso, Bianchi. A disposizione: Puggioni, Esteves, Di Dio, Vigiani, Missiroli.
All. Mazzarri.
Arbitro: Rocchi
Ammoniti: Lanzaro, Zanetti, Nastase, Corallo, Tedesco, Lombardi, Bonanni, Paolucci
Espulsi: Minieri

関連記事:
レッジーナ、敵地で勝利
セリエA第34節試合結果/順位表&得点ランク
この試合の選手の評価
この試合のハイライト:Ascoli 2-3 Reggina

残留を争うライバルのアスコリとの接戦を征し 降格圏再脱出 です!\(^o^)/

今節はセリエAハイライトでわりと長い時間扱ってもらえました♪
まずはキックオフ後にピッチサイドに立っていたマツ監督がいきなり手をジタバタさせながらターンしたのに大爆笑。何か気に食わないことがあったのでしょうか。(笑)
レッジーナ公式のギャラリーがまだ更新されないので、写真はアスコリ公式から頂いてきました。

今日のファッションは紺のグラデーション

最初のチャンスはアスコリ。04-05シーズンの後半だけレッジーナに所属していたボウディアンスキー君のミドルシュートはカンパニョーロが横っ飛びセーブ。ボウディアンスキー君といえば、2005年の遠征でスタッフの子どもと間違えてサインを貰わなかったという忘れられない思い出が。子どもにしか見えないあどけない少年だったのに、今じゃアスコリでスタメンを勝ち取って頑張っております。感慨深いなぁ。

次もアスコリのチャンス。フィーニの右サイドからのクロスにブエラノヴィッチが足から滑り込んでいくものの決められません。
しかし序盤からペースを掴んで一方的に攻撃していたらしいアスコリが前半15分に先制します。フィーニのFKがなんと直接ゴール左上隅に決まってしまいました。カンパニョーロ一歩も動けず。フィーニはこれが今季初ゴールだそうで。一応おめでとうございますと言っておきます・・・。

ガゼッタの実況を追っていた私は、アスコリのゴールよりもメスト君の負傷退場がショックでした。脚に痙攣を起こしたメスト君が前半14分で交代。代わりにヴィジャーニが投入されています。もう泣きそうだったんですけど、そんな窮地に陥ったレッジーナを救ってくれたのは、ちびっ子フォッジャとハイレグ戦士アモルーゾでした。

前半23分、ビアンキのパスが流れたところをフォッジャがタッチライン際で尻餅をつきながらもキープし(この姿がかわいかった!)、体勢を立て直してドリブルで突破を図ります。そして何度か小刻みにフェイントを入れて相手を翻弄しながらアモルーゾの頭にどんぴしゃクロス→一度はGKエレフテロポウロスに弾かれたものの、こぼれ球をアモルーゾが自ら粘って押し込み同点弾!アモルーゾ3節連続ゴールです!
素晴らしいアシストをしてくれたフォッジャを指さしながら駆け寄っていくアモルーゾ。フォッジャと熱い抱擁というよりは、身長差がありすぎるので持ち上げているという感じでした。(爆)

来季はアモルーゾのためにハイレグユニを作ったら?

その5分後に今度はトニョッツィが筋肉トラブルを起こしてアウト。急きょガッツィが投入されます。おーい、まだ前半30分にもなっていないぞー。レッジーナ呪われてないか?!(滝汗)
2人連続の負傷交代にパソの前でおののく私。だけど、またしてもアモルーゾがやってくれました!
テデスコとのパス交換からアモルーゾが抜け出し、そのままエリア内に持ち込んで相手DFのプレッシャーをものともせずにGKエレフテロポウロスのニアを抜く豪快なシュート!これで今季14ゴール!自身の持つセリエAゴール記録に並びました!
あっという間に逆転です。本当になんて頼りになるんだアモルーゾ
伊紙はどこも大絶賛で、あちこちに「ダイナマイト!」の文字が躍っておりました。「いつまでたってもニック・ダイナマイトのままだ」という賛辞が本人は一番嬉しかったのではないでしょうか。

ずっとずっとレッジーナにいてね

前半は1-2で折り返し、後半6分、またまたフォッジャが魅せてくれました!
最終ライン(ルカレッリ?)からのロングパスを受けたフォッジャが、前を向いてそのままドリブルで上がる上がる!ビアンキが相手DFに倒されて転がっていましたが、その脇を平然と通り抜け(笑)、右脇を併走するアモルーゾにも目をくれず(笑)、そのまま右足でフィニッシュ!今季5ゴール、移籍後4ゴールです!いやいやいや、ゴールに近づくにつれてギアチェンジしてスピードアップしていくドリブルがお見事でした。見ていて本当に楽しくなる選手です。今節はアモルーゾと共にガゼッタのベストイレブンに選出されておりました。

子どもにしか見えない(笑)

これで楽勝かと思われたレッジーナでしたが、後半37分にボナンニの目の覚めるような弾丸シュートが決まって一点差に詰められます。わたしゃ実況見ながら泣いてました。マジで。

しかし、その1分後フォッジャに代わって入ったナルディーニがエリア内でロンバルディに倒されてPKゲット!両手を挙げてPKをアピールするナルディーニの絶叫が、ちょっとピッポ入ってました。(笑)
ところがビアンキがこれを外してしまいます。ビ、ビアンキどうした・・・。い、いや、これはPKを止めたエレフテロポウロスを褒めておこう。

落ち込むなよ!次節は決めよう!

試合はそのまま2-3で終了。
もうね、試合開始からガゼッタの実況を追っていて、胃に穴が開くかと思いましたよ。フィーニの直接FKで先制されて、メスト君が負傷退場して、アモルーゾのゴールで追いついて、トニョッツィが負傷退場して、アモルーゾのゴールで逆転して、フォッジャが追加点をあげて、ボナンニのゴールで一点差に詰め寄られて、終盤にビアンキがPKに失敗して、ラスト10分は「このまま早く試合が終わってくれー!」とパソの前で叫びまくっておりました。いやー、とんでもない頑張りを見せたアスコリには冷や汗をかかせられましたけど、とにかく勝ててよかった!一気に14位に浮上だぞー!
でも、もし次負けたら、また順位が大幅に変動しそうな予感。(大汗)

こちら、試合後のキャプテン・ルカレッリのセクシー・ショット。相変わらずの脱ぎっぷりです。(笑)

すげえ引き締まってますなあ

レッジーナは今節の勝利で勝ち点45となりましたが、これはクラブ記録なんです。-11のペナルティがなければUEFAを狙えたのに。(泣)
それとですね、今節終了時点でのビアンキとアモルーゾ両FWのゴール数合計は31点。これはフィオレンティーナのルカトニ&ムトゥと並んでセリエAトップなんだそうです。凄いですねー。最高のコンビですね♪

試合後にアモルーゾはこんなコメントを残しています。
「二人の重要な選手(メスト&トニョッツィ)を失ったにもかかわらず、今日僕らは決定的な勝利を得ることが出来た。僕らはとんでもないカンピオナートを戦っているね。僕のゴールだけじゃなくてビアンキもゴールできていたら、もっと良かったんだけど・・・。(ねえアモルーゾ、フォッジャもゴールしたこと忘れてない?)
レッジョカラブリアには僕にとっての素晴らしい環境がある。将来に関してだけど、今はチームの幸せのことだけを考えているよ」

ビアンキのこと気にかけてますね。前節、今節とビアンキはチーム最低点でして、ちょっと心配です・・・。ラスト4試合死闘が待っていますので、スランプに陥っている場合じゃないんです。どうか次節は復活してくれますように。(祈)
えー、毎試合ゴールしてくれるのは非常に嬉しいのですが、あまりに活躍しすぎてアモルーゾ獲得に手を上げるクラブがいくつか出てきちゃいました。(汗)
夏には33歳になります。もう若くありません。何より本人がレッジーナでキャリアを終えることを望んでいますので、お願いですから放っておいてください。ああでも、札束積まれたらフォーティ会長が売っちゃいそうだなあ・・・。(-_-;)

美しい太もも♥

選手個人・クラブ共にいろいろな記録を更新しているレッジーナですが、セリエAハイライトによるとマツ監督は「まだまだ苦しまなければならないだろう。今回は力を振り絞って何とか勝てたが、決して光は見えてこない」とえらいネガティブだったそうです。まあ気持ちは分かります。
モデストが筋肉トラブルから回復していないのに、メスト君とトニョッツィも壊れちゃって『筋肉トラブルトリオ』を結成しちゃいました。3人ともサンプ戦は完全に無理みたいです。一番早く回復しそうなモデストでさえ36節キエーヴォ戦に間に合うかどうかという状況でして。これじゃマツ監督もネガティブになりますよ。(号泣)
これ以上誰も怪我しませんように。(祈)

監督と選手の会見は別エントリーにて。すみません、GWに突入してからDVDレコーダーのHDDの整理に忙しくて全然訳しておりません。明日以降頑張ります!
今週のマッツァーリ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
いやはや、まだあけてないのに早々にGWボケに・・・フォッジャの件はご指摘ありがとうございます。
この前はラツィオにリヴェラーニが残っていたりと(この辺はこの前きしださん主催オフ会でmikiさんに突っ込まれて苦しかった^^;)、怪しげなブログですが今後とも宜しくお願いいたします。。

マツマツのキビしめのコメントは「最下位のアスコリに負けそうになった瞬間があった」という事への怒りなんでしょうかね。
戦力的にもかなり削られて来て、苦しい状況ですね。

>『筋肉トラブルトリオ』
そんなトリオは結成しなくていい!(笑)

あとアモルーゾは出て行って欲しくないですよね・・・。
エンポリは悪くない選択肢だと思いますが、コッツァ班長に続きまたしても「相思相愛キャラ売却」をやってしまったら・・・。
怪しさではうちも負けていません(笑)
いえいえ、私もいつも間違いだらけでして。(汗)
こちらこそ今後とも宜しくお願い致しますです。

恐らくマツマツの頭の中は両サイドの不在をどうやってカバーするかで一杯なんだと思われます。それでアスコリ戦の勝利を素直に喜ぶような心境になれないのかなと。。。

アモルーゾを出しちゃったらマジで会長刺されるかもしれません。レッジョの民はコッツァがいなくなった心の穴をアモルーゾで埋めているところがあります。向こうのフォーラムとか、レッジーナ公式でやったアモルーゾがファンの質問に直に答える企画とかを読むと、もの凄いものがあります。アモルーゾに対する愛情と信頼が。ちょっと恐いくらいです。
私の一番好きな選手でもありますし、ぜひ残って欲しいのですが・・・。
レッジョがレッチェのチリ人MFハイメ・バルデスに興味を持っているようです。コイツ人気者で、ラツィオ、ジェノアあたりもねらっているようです。どーなるやら。                     そーいえば、デ・ローザさん活躍してますね~。DFなのに8ゴール。すごいです。ジェノアをセリエAにみちびいたってよ。
デローザ様大活躍!
ほんとDFなのに8ゴールって凄いですよね。
全部セットプレーからの得点かしら。もしほとんどが流れの中でのゴールだったら驚愕です。(笑)
ジェノアが来季Aに昇格してレッジーナと対戦するときは、レジサポから大きな拍手で迎えられることでしょう。もちろんレオンも。(^^)

レッチェのMFバルデスですか~。またジェノアに美味しいところ持って行かれそうな予感。(汗)
ジェノアは補強しすぎですよね。何人かレッジーナに返してくれー。

管理者のみに表示