FC2ブログ
2007/04/22

海峡ダービー後の選手と監督の会見

試合後のマツ監督のコメント:
気苦労が絶えませんが頑張ってください

順位のために、そしてダービーを制して勝利するという精神的な価値のためにも貴重な勝ち点3だ。とはいえ、順位表を見れば目標達成のためにまだまだ頑張らないといけないという考えに戻るけどね。
---3-1というゲームの過程について
前半は思いがけないメッシーナのゴールが我々の動きを止めてしまった。私の選手たちはこういうデリケートなゲームのテンションに苦しんでいた。後半はその殻を破り、結果はそれに相応しい最高のものとなった。
---直ぐにウディネーゼ戦だ
この勝利を喜ばなくちゃいけないが、明日はリスタートだ。次の日曜には難しい相手が待ち受けているからね。我々の目標を達成するために全ての試合がますます重要になってくるだろう。

マツ監督、Datasportではアモルーゾのことを褒めておりました。曰く「彼が勝利の立役者だ。チームを引っ張ってくれたよ」。
レッジーナ公式で褒めないのはなぜ?(笑)


試合後の私のアモルーゾのコメント:
スンタンと同じゴールパフォーマンス♪

待ち焦がれていたグラニッロでの勝利が最高のタイミングで訪れた。特に後半は自分たちのゲームができて良かったと思う。レッジョ全体に素晴らしい満足感があるね。
---去年のゴール数に並んだが
11ゴールに届いたけど、更に自分を向上させたいんだ。僕のゴールがレッジーナの利益にもなるから。もっともっとゴールしたい。こういう大事な試合で2ゴールできてとても嬉しいよ。
---貴重な勝ち点3だが、日曜日はジョークを言っていられない
そうだね。また直ぐに集中する必要がある。ウディーネゼとの対決も残留への通過点だから。


Goal.comにもアモルーゾのコメントが載っておりました。

PKは自分で蹴りたかったんだ。ドッピエッタになりかたかったから。誰もフォッジャに蹴らせろとは言わなかったし。(PKキッカーの優先順番はビアンキ→フォッジャ→アモルーゾなんでしょうか?)
とても貴重な勝利だね。後半僕らはゲームプランと勝利への決意を再び見いだした。
実はハーフタイムにマッツァーリがもっと明快にやるように発破をかけたんだよ。彼はいつでも正しいことをしてきた。
グランドの状態?僕らが水をまくように頼んだんだよ。でも二度と頼まない。僕は4-5回滑ったからね。
今季みたいな戦い方は今までしたことがなかった。セカンドストライカーとしての役割は僕のキャラクターに合っている。
今は陶酔感があるけど、すぐにウディネーゼとの重要な試合だ。
過去?フランツァ(メッシーナの会長)は僕をメッシーナに留めて置こうとはしなかった。2年前に去ってレッジョから満足感を得ている。ここでは全てが上手く行っている。僕は理想的な環境を見つけたんだ。


ということでヤレヤレさん、ピッチが滑っていた謎が解明されましたぞ。(笑)
アモルーゾもマツ監督に眠っていた才能を開花させてもらった選手の一人みたいですね。昨季はアモルーゾの1トップでコッツァがセカンドストライカーの役割を果たしていたと思います。私の記憶に間違いがなければ。って、私の記憶は間違いだらけなんですけど。(滝汗)
2年連続海峡ダービーでゴールしちゃったし、何度もレッジーナでキャリアを終えたいと発言しているし、レッジョの民のハートをがっつり掴みまくりですな。フォーティ会長、絶対に売るなよ。売ったらレッジョの民に刺されるぞマジで。つーか、私が刺すかも。←おい
去年もファンに大人気だったけど、今年は更にアモルーゾをサンタガタで捕獲するのが難しそうです。頑張らねば!
以下2枚は地元紙から頂いてきた写真です。
アモルーゾにPKを譲ってあげたらしいフォッジャ。アモルーゾの手を下から押し上げて一緒に喜んでおります。よし、いい子だ。(笑)

アモルーゾの脇の下にすっぽり収まっております

こっちの写真もいいですね~。メスト君、吼えております。

メスト君の口に握りこぶし入りそう


試合後のアメリーニのコメント:
パオレッティにシュートを連打できたのはラッキーだったね。ゴールしたのはビアンキだった。大切なのは得点できたってことだよ。
---中盤で素晴らしくポジティヴなパフォーマンスを披露した
ここのところ継続的なパフォーマンスを見せられている。だけど今シーズンは僕ら全員が招集されたときに良いプレーをしているよ。



カンパニョーロの会見:
ここまで安定したパフォーマンスを見せてくれてます

PKを阻止するということは、反射と直観力において幸運であるかどうかという問題でもあるんだ。今回のケースではリガノは素晴らしかったけど、大事なことはチームが勝ったということさ。勝ち点3は僕らにとってとても重みのあるものだよ。
---ジェノア、ローマ、トリエスティーナでプレーしてきたが今年はポジティブなシーズンなのでは?プレーできるチャンスと幸運を得られた。ピッチに立つときは常に全力を出し切るよう努めているよ。過去の経験とマッツァーリ監督とパパーレGKコーチの信頼が僕を落ち着かせてくれるんだ。今のところ明確な結果を得られていることに満足できている。このレッジーナの、そしてチームメイト全員の素晴らしいカンピオナートについて語らずにはいられないよ。
---メッシーナ戦での3ポイントはライバルたちに対して順位表で目に見える結果を残した
確かにライバル達にとってそうだろうけど、僕らは自分たちのことだけに目を向けないといけない。常に勝ち点3を取ること。これは残り6試合を戦う上で僕らが設置した目標なんだ。最後に星勘定をして誰が良くやったのか確認するよ。
---次節はディナターレとイアキンタのコンビを擁するウディネーゼとの対戦だ
彼らはイタリアのアタッカーの中でも最高の二人だよね。だけどウディネーゼは全てのセクションが素晴らしい選手たちで構成されているチームだ。勝つのはとても難しいだろうけど、自分たちを成功に導くために全力で頑張るよ。
---観客たちが次も貢献してくれるだろう
次も頼りにしているよ。メッシーナ戦では素晴らしい午後を過ごすことができた。日曜日も魔法のような雰囲気を再び作り出してくれるといいな。

3回連続PKを止めたときには、あちらの新聞に「ペリッツォーリに続きフォーティー会長に財をもらす新しい選手が出てきた」みたいなことを書かれておりましたっけ。できることならずっとうちでプレーして欲しいです。


マツ監督の会見:
トーナメントの最終日まで対戦しなくちゃいけない全ての試合と同様に、重要な試合を戦うことになる。我々が対戦するのはコンディションがよく、且つ素晴らしいゲームをする強豪チームだ。
---攻撃陣は一人一人が際立っている
もしポジティブな結果を得たいのであれば、イアキンタとディナターレは言うまでもなく、ウディネーゼを構成する全ての選手を止める努力を我々はしなければいけない。我々はここまでよくやってきたが、未だに何一つ確かなものはないんだよ。
---残留に向けて突っ走るなかで、他のチームにも目が行くだろう
我々はまず自分たちに目を向けないといけない。トーナメントの最終日まで計算は放棄するよ。
---明日はターンオーバーするのか
誰かを外したりはしない。全員のコンディションを査定し、状況によって選択を行う。いつものように試合の直前に決めるよ。


ウディネーゼ戦に向けて不安材料が一つ。モデストが筋肉疲労から回復していません。モデストがこのまま回復しなかった場合はテデスコが左サイドに入り、テデスコの位置にはトニョッツィが入る予定だそうです。テデスコはサイドもできるんですね。
選手たちが海峡ダービーで燃え尽きていないか心配です。2試合連続でグラニッロの観客に勝利をプレゼント出来るといいのですが・・・。って、先制されてるよ。(汗)
とにかく頑張れレッジーナ!!!


今週のマッツァーリ | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
あれ?マツ監督のコメント、会見、のとこに『私の』が抜けてますぞ、リーメイさん(爆)

私も叫んどこう、頑張れレッジーナ!!
好きな選手が二人同時にゴールしました
ぎゃははは!何を書き込んであるかと思えば!(爆)

レッジーナはウディネーゼと引き分けました。
今日は負けるかと思いましたが、アモルーゾが2節連続PKを決めてドローです。
スンタンがFKを決めたのと、アモルーゾがPK決めたのがほぼ同時刻で、リーメイ宅はそりゃ大騒ぎでございました。(笑)
なるほど&やったね俊輔!!
こんばんわ!!
あのピッチは自業自得だったのですね^^;  水を撒いてなかったらもう1~2点は取れてアモローゾもトリプル行ってたかもしれないのに・・・  今日もアモローゾ決めましたか!! 今晩はいい日ですね~^^v

やりました!俊輔は自らの足で優勝を決めました!!もうスコットランドでやることはありません!!セルティックはダメですが、俊輔は最高です!!  さあ移籍へ向け応援しましょう!!
水を撒いたのは
ボールを走らせたかったんでしょうか?
それとも暑さ対策?
意図はいまいち分かりませんが、「もう2度と頼まない」という言葉に笑いました。(^_^;)

>セルティックはダメですが
ははは。その率直さが好きです。
さーて、今夜はグラスゴーのキノコ王子の写真漁りだ。(笑)
どうなるか
アモルーゾ、自身最高おめでとう。けどチームが降格ゾーンへ。素直に喜べないでしょうね。 ただ11位のリボルノまで笑えない状態なのでどうなるのかな。
パルマきてますね。 ロッシは本物ですね。
パルマもキエーヴォも勝つなんて・・・
ヤス君、こんばんは。
また降格圏に落ちちゃいましたね。(涙)
でもヤス君の言うとおり、リヴォルノ以下は勝ち点の差がほとんど無いので、一回勝つか負けるかしたら大幅に順位が入れ替わりそうです。
それにしてもパルマの好調ぶりは何なんだ・・・。

アモルーゾは試合終了間際に決定的チャンスを外しちゃったそうです・・・。
まあセリエAハイライトで映像見られると思いますけど。
セリエAでの自身最高はパドヴァ時代の14ゴールだそうです。
レッジーナで記録を塗り替えて欲しいですね。

管理者のみに表示