FC2ブログ
2007/04/15

インテル戦後の監督と選手の会見

インテル戦で大活躍だったディディオがレッジーナ公式でクローズアップされておりました。

ピッチの外ではフニャ~っとしてます

「僕はとても穏やかな性格で、新しい環境に適応するのに全く問題はない。レッジョですごく上手くやれているよ」
ここまでは可愛いなあ~と思いながら読んでいたんですが、その次を読んでビックリ!なんとディディオはまだ21歳なのにもう結婚していて、復活祭の休暇はどこにも出かけず奥様と二人でレッジョの自宅で過ごしたそうです。「とてもロマンティックな復活祭だったよ♪」とコメントしておりました。

けっ、勝手にほざいてろ って感じですが。

イヤですね~、幸せすぎて周りが見えない人って。←ただのひがみ
あと、ディディオのお兄様はイタリアでは名の知れたヒップホップグループ“La trappola”のメンバーなんだそうです。レッジーナが今季奇跡の残留を果たした日には、弟のために破格のギャラでオレステグラニッロでコンサートでも開いてもらいましょうか。(笑)

以下、インテル戦後の監督と選手の会見です。

火曜日のマツ監督のコメント:
インテル相手にチームは本当に素晴らしい試合をやってのけた。対戦相手の豪華さが私に戦術的な点で幾つかいつもと違った選択を強いたが、結果は納得の行くものだった。貴重な勝ち点を取ったにもかかわらず、パルマが直ぐ近くまで迫ってきたのが残念だよ。
---リヴォルノというより難しい岩壁を乗り越えなければいけない。レッジーナにとって真の戦いである。
我々にはあと8試合残っている。リヴォルノは個々の能力が一定のレヴェルに達しているチームで、特にホームでは危険だということは既に分かっている。我々は余計なものに目をくれることなく、また決して計算などすることなく、いつものように全力を尽くさないといけない。カンピオナートの最後はしばしば予想もしなかった結果になったりするものだし、勝ち星計算の表を作ったりすることは本当に意味がなかったりするんだ。
---次の相手も安全圏内にいる
勝ち点24のチーム(その次の対戦のメッシーナのこと?)はもちろんのこと、勝ち点32のチームも安心してはいられないだろう。何でも起こり得るのだから、より多くのポイントを得る努力が必要だということは疑いもない。
---インテルに比べると弱い相手に対して戦術的なキーは元に戻るのか
毎週毎週私はチームを査定している。試合が終わるたびに私は攻撃部門のマネージメントに慎重にならなくてはいけない。うちの二人のアタッカーの輝きは我々にとって非常に重要だからね。しかし、彼らはコンディションさえ良ければ一定の仕事をこなして私にギャランティーを与えてくれる。今シーズン何度もそうであったように、彼らはとても上手くやることが出来るんだ。
---37ポイント獲得したが、未だにとても難しい状況だ
残念なことに我々に課せられたこの重荷は、最後まで我々に歯を食いしばることを強いるだろう。しかしながらこのグループは信じるに足る大きな価値を持っているし、私は最後にはやり遂げられるだろうと確信しているよ。

そうなんです。パルマが勝ち点1差で直ぐ後ろにつけているんです。恐いです。(>_<)
とにかくレッジーナは勝つことだけを考えて突き進むのみですね。
レッジーナはFWが二人しかいませんから、マツ監督は二人のコンディションにいろいろ気を配っていることでしょう。とにかく点を取らないことには勝てないので、二人にはなるべく万全の状態でいてもらわないと。ビアンキはここまで怪我もなく頑張ってます。どうか今季はシーズン終了まで怪我しませんように。(祈)

アメリーニの会見:

なかなかお茶目なスキンヘッド君です

残留争いのライバルチームがポイントを稼いで優位に立つということが日曜日に起こるかもしれない。僕らはひたすら自分たちの歩みを続けないといけないね。あのレベルを表現し続けることで目的を本当に達成できるのだと気づいているよ。
---ホームで非常に危険な現在32ポイントのリヴォルノとの対戦ということで全く楽観視できない
リヴォルノは僕らを本当の困難に陥れる数少ないチームの一つだ。フィオーレを中心とした素晴らしい組織を持っている。シーズン前半に比べると、あまり成績を上げられていないけどね。今のリヴォルノの順位は信用できない。恐らく彼らは自分たちの本来のポテンシャルを存分に発揮することに成功していない、そういう時期にたまたまいるんだよ。
---カターニア戦から始まったポジティブな流れを続けるために再びアウェイで戦うことになる
僕らはホームでうまいこと相手を抑えられた。何故ならグラニッロに来るチームは僕らを恐れ、僕らにとって好ましいゲームさせないように守らないといけないから。その代わりアウェイでは相手が翼を広げ、僕らの戦略を押さえ込もうとするプレーは少なくなる。残留のために僕らはグラニッロでも勝ち続けることが必要だって分かっているよ。
---トスカーナ州のチームに所属していた時代にたくさんのダービーを(リヴォルノと)戦ってきたのでは
リヴォルノとはあまりやったことないんだけど、自分にとってそんな特別な試合じゃない。もしプレーすることになったら、いつものようにアマラントの目標のために最善を尽くすよ。
---リヴォルノ戦の次は海峡ダービー、そしてウディネーゼ戦と残留のために重要な試合が続く
メッシーナ戦はいつでも勝たなくちゃいけない試合の一つだけど今はリヴォルノ戦のことだけを考えている。全ての試合でベストを尽くさないといけないからね。

アメリーニはアモルーゾよりも4歳若いのに、アモルーゾに負けないくらい多くのクラブを渡り歩いています。アメリーニもそろそろ一つのクラブで腰を落ち着けてプレーしたいですよね。今はトニョッツィが監督のファーストチョイスになってしまっているけど、負けずに頑張って欲しいです。
この人、スキンヘッドで時折カマっぽい仕草を見せるところがセルティックのグラベセンと被るもので、キャラが結構気に入っております。(笑)

アロニカの会見:

メッシーナでは裏切り者と呼ばれていることでしょう

僕らはイタリアのチャンピオンと言っていい顔ぶれを相手にとてもいいプレーをしたよね。差し迫ったリヴォルノでの難しいアウェイ戦も正しいスピリットで向かっていくのがポイントだ。
---ルカレッリが戻ってくる
僕が最終ラインの中央でプレーすることはよくあって、先週の土曜日みたいに結果もついてきている。だけど今週はアレッサンドロが戻ってくるから彼がDFを統率することになるだろうね。
---パルマは順位を上げてきている
今のところ勝ち点32までのチームが残留争いに巻き込まれているね。パルマの勝ち点は残留のためのボーダーラインを上げている。もしかしたら38ポイントでも十分じゃないかもしれない。だけど計算なんて意味のないことだ。僕らはリヴォルノ戦からまた常に全力を尽くして勝ち点を得る努力をするよ。
---結局レッジーナは3試合につき2試合は勝たないといけないということか
レッジーナは順位表のことを考えると、勝ち点に満足する余裕は無いだろう。たとえ僕らが諦めて放り出さなかったとしてもね。次のホームの2戦(メッシーナ戦、ウディネーゼ戦)は絶対に勝たないといけない。
---リヴォルノは特にホームで危険なチームだ
最良の結果は常に彼らの観客の前で作られてきたし、リヴォルノは僕らを圧倒したいと思うだろうね。シーズン前半戦と比べると監督の交代もあって彼が試合の状況を修正してきている。
---恐らく1トップをフィオーレがサポートするだろう
多分そうするだろうね。ルカレッリはほとんど失敗することなく確実に相手を罰することができる選手の一人だ。僕らはいつものように彼一人に対して2人で対応しないといけないだろう。
---リヴォルノの次はメッシーナと対戦だ
個人的に警告に十分注意しないと。この町にとって、ファンにとって、そして僕らの順位にとって大事な水曜日の試合に出たいからね。だけどその前にリヴォルノ戦で全てを出し切らないと!

はいはい、十分注意してくださいね警告には。DFは本当に人材不足なんですから頼みますよ。もう一人累積警告にリーチかかってるビアンキも気をつけるのだぞ。
ちなみに勝ち点32までのチームとは、リヴォルノ、トリノ、カターニア、シエナ、キエーヴォ、レッジーナ、パルマ、メッシーナ、アスコリの9チームです。まだまだ何処が降格するか分かりません。ボーダーラインが38ポイントだとすると、レッジーナは残り8試合で12ポイント取らないといけないんですね。しかもラスト2試合はエンポリとミランですよ。出来ることならその前に残留決めちゃいたいなあ。勝ち点の計算なんて意味がないと言いながら、具体的な数字を出されると物凄い緊張してきます。(>_<)

金曜日のマツ監督の会見:
---貴方が導いたリヴォルノの歴史的セリエA昇格から3年になる

リヴォルノが自分にとって常に他とは違う場所であることは否定できないよ。リヴォルノの近くで生まれたし、セリエBでの道のりの記憶は私の心の中で消えることなく残っていくだろう。しかし、時間と共にそういう感情もだんだんと弱まってきた。初めての古巣との対戦のときと比べると、全てにおいて思い入れが少なくなってくるものだよ。我々にとってリヴォルノ戦は他と同じ一つのゲームにすぎない。
---この試合の重要度が高いのは疑いもないことだ
このトーナメントの最後の段階では、全ての試合がより重要になる。対戦相手に与えるミスを極力少なくする必要があるだろう。
---リヴォルノは残留の境界のにいるチームの中では素晴らしい価値を見せてきた
リヴォルノの全ての環境がチームを盛り上げている。その熱烈さで最良の結果を達成してきたのは偶然ではない。彼らの組織に絶対的な価値と経験を有している選手たちがいることを忘れないようにしないとね。
---いつものように最後の仕上げをしたのか
我々はどんな些細なことも上手くまとめるために通常通りの仕事をこなした。またフィジカルの観点から全ての選手が良好に見える。しかし、その結果が出るのはフィールドの上だけれどね。
---レッジーナには勝ち点が必要だ
この瞬間最も重要なことはパフォーマンスの良し悪しよりも常に結果を得ることだろう。ポイントを獲得するためには、我々はセリエA残留に向かって全ての試合にファイトし、自信を持って走り続けるだけだよ。
---最近はアウェイで勝ち点3を頻繁に獲れている
そうなんだよ、それが続くことを願っているよ。しかしグラニッロでも勝ち点3を獲得しないといけない。我々のために、そして何よりもファンのためにね。
---1週間に3試合を見据えてターンオーバーするのか
少なくとも最初の2試合ではそういう計算は出来ないと思っている。リヴォルノ戦とメッシーナ戦を元にしてウディネーゼ戦の選択を査定するよ。

レッジーナがターンオーバーですか・・・。まあ中盤は出来ないこともないですね。オフェンシブハーフはフォッジャ、ヴィジャーニ、ミッシローリ君の選択。ディフェンシブハーフはテデスコ、トニョッツィ、アメリーニ、ガッツィの中から選択。右サイドはメスト君とナルディーニの選択。左サイドはどうするんだろ?確かエステヴェスは中盤どこでも出来たと思うけど、モデストがバテたらエステヴェスがやるのかな?
DFとFWは無理です。あ、FWはニールセン君19歳でもいいのか。本来はMFみたいだけど、レッジーナに来てからずっとFW起用されているし。先発で起用して何処までやれるか未知数だけど。(汗)

とりあえず今夜のリヴォルノ戦で確実に勝ち点3をゲットしましょう!
スカパー放映ないけど、念を送りながらガゼッタの実況を追うぞ!
今週のマッツァーリ | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
おはようございます。
兄にやれましたね。ビアンキのおかげでなんとか引き分けてくれました。下位のクラブが勝ってないので、助かったですね。パルマが危険ですね。メッシーナに必ず勝ってほしいですね。
ビアンキに貢物を持っていかねば
ヤス君、こんにちは。
ルカレッリ兄に先制された後、ビアンキがすぐに取り返してくれましたね。負けないでよかったよ~。
ビアンキはこのゴールでまた移籍金が上がっちゃいました。会長がウハウハしていることでしょう。(^_^;)

メッシーナ戦は絶対に勝たないといけないのに、モデストとアモルーゾが揃って怪我しちゃったみたいです。(号泣)
二人ともどうか軽症でありますように。(祈)

移籍情報
リボルノ戦で華麗なフェイントから点をきめた人気上昇中ビアンキのラツィオ移籍がなくなるかもしれません。ラツィオがボジノフを狙ってます。どうなるのやら。

セリエC1のターラントからの若手注目選手、マンチーニをジェノア、カターニアとの獲得レースでレッジョが最有力候補に挙がってます。契約は今月中に終わらせるという事です。これは多分ガセじゃないと思うます。 また来シーズン大活躍して巣立っていくのでしょうね(泣)

アモルーゾ、モデスト、ケガですか!? (大泣)
軽傷であることを祈りましょう。
ボジノフはレッジーナもずっと狙ってます
レッジーナの冬のメルカートの獲得希望リストにボジノフの名前がありました。今でも欲しがっているはずです。レッジーナはビアンキを売ってボジノフを買おうとしているのかもしれません。
ビアンキの移籍金が高騰しすぎてラツィオには手が届かなくなってしまったのでしょうか。今日のGoal.comにはリヴァプールがビアンキに興味とかいう記事が出ていますね。イギリスに売られちゃったら嫌だなあ・・・。
C1のマンチーニ君、無事にうちが獲得できるといいですね。はい、大きく育てて高く売るんです。活躍した選手ほどいなくなってしまう、、、プロヴィンチャの宿命ですな。(涙)

モデストとアモルーゾの怪我情報は、何か分かったらここに書き込みしますね。
>けっ、勝手にほざいてろ
大文字に魂から叫んでる感じが伝わってくるんですけど・・・(笑)

>ディオのお兄様はイタリアでは名の知れたヒップホップグループ
ディオ兄のラップはやっぱり「無駄ムダァ」と連呼しちゃうような・・・ってネタが解りづらい話は置いておいて、レッジーナは今節は赤の広場で貴重な勝ち点1でしたね。
勝てるかなー?と若干期待したんですけど、やはり最近色々悩みがあるルカレッリ議長もさすがでした。

>---パルマは順位を上げてきている
怖いですね、ラニエリのパルマは・・・とりあえず誰かモルフェオとロッシの足を折らないと・・・
モデストとアモルーゾ大丈夫そう?
>ディオ兄のラップはやっぱり「無駄ムダァ」と連呼しちゃうような・・・

うわぁ、全然ネタが解からなーい。(汗)

なにはともあれ、勝ち点1でも積み上げられたのは大きいです。今節はリヴォルノのティフォージがお行儀悪くて雰囲気悪かったみたいですね。それに腹を立てたルカレッリ議長は今季限りで出て行くと啖呵を切ったとか・・・。マジで弟がレッジーナに呼び寄せて欲しいです。ビアンキ売った金で十分に買えるでしょうし。

パルマはモルフェオと共に復調してきたような。何だかんだ残留しちゃいそうな気もしますね。
ラニエリさんはいつも悲しそうな顔をしていて、見ていると慰めたくなってしまいます。(笑)

ところで、ガゼッタの次節先発予想を見ると普通にモデストとアモルーゾが入ってます。大事なダービーのための怪我を装った温存策だったのでしょうか???

管理者のみに表示