--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/04/07

セリエA第30節レッジーナ×シエナ またしてもホーム勝利ならず

レッジーナ0-1シエナ
得点者:前半47分 ベルトット

Reggina (3-4-2-1) : Campagnolo, Lanzaro, Lucarelli, Aronica, Mesto, Tedesco, Tognozzi (39' st Amerini), Modesto (24' st Vigiani), Foggia (42' st Nielsen), Amoruso, Bianchi. A disposizione: Puggioni, Di Dio, Nardini, Esteves
All. Mazzarri
Siena (4-4-1-1) : Manninger, Bertotto, Rossi (38' st Alberto), Portanova, Molinaro, Gastaldello, Brevi, Galloppa (13' st Vergassola), Antonini, Cozza (16' st Frick), Corvia. A disposizione: Jaakkola, Negro, Rinaudo, Chiesa
All. Beretta
Arbitro: Sig. Morganti
Ammoniti: Bertotto (S), Portanova (S), Rossi (S), Antonini (S), Vergassola (S)
Espulsi: Lucarelli (R), Corvia (S)

関連記事:
シエナ、デ・ルーカ前会長にささげる勝利
レッジーナ、ホームで痛い黒星
この試合の選手の評価
第30節セリエA試合結果/順位表&得点ランク
この試合のハイライト:30' Reggina 0-1 Siena (Serie A 2006/07)

この試合は前日の夜に亡くなられたシエナのパオロ・デ・ルーカ前会長に黙祷を捧げるところから始まりました。ご冥福をお祈りいたします。
セリエAハイライトには入っていませんが、上に貼ったYouTubeのハイライトによると前半15分にビアンキが惜しいボレーを放っているんですね。決めたかった・・・。

依然としてゴールランキング2位です!

そして、その後はいきなりルカレッリの退場シーン。(泣)
ペナルティエリアに走りこんできたコッツァをルカレッリが倒してしまい、なんと一発レッドです。これって赤じゃなきゃだめですか?そんなに悪質ですか?前半22分にキャプテンを失うなんて~。(号泣)
この写真、笑うところじゃないんですけど、一番後ろにピンボケ気味で写っているアロニカが「あらま!」てなオバサンちっくなリアクションをしていて、もうそれがツボでツボで。(笑)

イタリアはお願い事をするときは掌を上に向けるのね

コッツァはPKをゲットしたのに嬉しそうじゃありません。古巣に気を遣っていたのでしょうか。もしかしてPKを決められなかったのは古巣に対する複雑な気持が入り混じって冷静になれなかったのかも・・・。

シエナでPK失敗を責められていませんように(祈)

こちらはコッツァがPKを失敗した瞬間のゴール裏の映像です。すごいです。撮影者も冷静さを失っています(笑)。レッジョの英雄チッチョ・コッツァとはいえ、敵であるからにはブーイングをしてプレッシャーをかけるんですね。クルバのティフォージたち、いいお仕事しました。
reggina-siena curva sud esulta errore cozza

しかしまあカンパニョーロはPK3連続阻止ですよ。PK阻止率100%ですよ!何なんでしょう、この有り得ないPKストッパー振りは!この試合評価7点でチームトップでした。
この写真、カンパニョーロがPKを止めた瞬間なんですけど、それよりも観客席が満員なのが嬉しいです。次はお金を払って観に来てね<レッジョの若者たち

神がかっております!

前半47分、シエナのCK。ニアで味方が擦らしたボールをファーサイドにいたベルトットが頭で冷静に押し込みました。 おーい、ベルトット思い切りフリーだったぞー。(汗)

みんな「あー!」という顔でボールを見送ってます(泣)

0-1で前半終了。
後半はレッジーナの攻撃からスタート。フォッジャのクロスをゴールを背にして受けたアモルーゾがトラップと共に反転してシュートを試みるもDFに弾かれ、高く浮いたボールをビアンキがヘディングシュート!しかしビアンキの山なりシュートをGKマニンガーが好セーブ!マニンガー、ルックスは結構好きなんだけど、うちのゴールの邪魔ばかりすると嫌いになるぞ。←おい
更にレッジーナの攻撃。左サイドをオーバーラップしたアロニカがゴールラインぎりぎりの所でクロス→ビアンキ折り返すも相手DFクリアー→こぼれ球を拾ったトニョッツィが枠を捉えたナイスなミドル!しかし、またまたマニンガーがファインセーブ!うわ~、レッジーナ惜しかった!レッジーナのボランチたちは(テデスコ、トニョッツィ、アメリーニ)みんなボールが来ると迷わずミドルを打ちますよね。いいぞ、いいぞ~。

後半28分にアロニカの顔に肘打ちしたコルヴィアが一発レッド。10人対10人の戦いになりました。しかしカード出しすぎちゃうか、今日の審判。レッド2枚、イエロー5枚ですぞ。A.C.シエナ情報ブログ“今日のSIENA”さんによると(勝手に文中リンクごめんなさい)、荒れ気味のゲームを落ち着かせるためゲームが中断され、ロスタイムが1分延長になったそうです。

後半42分。FKのこぼれ球をヴィジャーニがクロス(久々に彼の名前を打った気がする!)→フォッジャに代わって投入されたニールセン君19歳が頭で合わせるもマニンガーの正面。
そのまま試合終了で、レッジーナはまたしてもホームで勝利をあげることができませんでした。シエナは9試合ぶりの白星だそうです。レッジーナはあんなにホームが得意だったのに折り返し戦から未勝利、代わりにアウェイが好調なのはどうしたことでしょう。いえ、ホームもアウェイも絶不調より断然いいんですけど・・・。

また降格圏に落ちたのではないかとビクビクしておりましたが、残留を争うライバルチームがこぞって負けてくれたのでギリギリ残留圏の17位をキープです。でも、次はインテル戦だから勝ち点の上積みは期待できそうもありませんね。キャプテンが赤紙貰っただけでもショックだったのに、試合終了後フォッジャがアシスタントレフリーを侮辱したとかで2試合出場停止を喰らっております。こら、チビ!深ーく反省しろよー!お姉さんはインテル戦で君のプレーを見るのを超楽しみにしていたのにー。(大泣)

火曜日のマツ監督のコメント:

無念さが伝わってくるショットですなあ(笑ってはいけない・・・

我々はすぐに新しいページをめくらないといけない。しかしこの敗戦はとても辛いよ。我々は上手く準備したのに、退場のせいでひどく難しい試合になってしまった。数的不利にありながらも、うちはシエナよりもいいプレーをしていただけに落胆もひときわ大きい。ゴールは我々の不注意から許してしまったが、人数の少ない方のチームが11対11のように戦うことに成功し、ゲームを支配している時間帯もあったんだ。
---退場後に投入されたのは全員MFだった。攻撃の枚数を削ってDFを投入することが期待されていたのでは?
論理的にはそうだろうが私は監督としての選択をした。チームは私にギャランティーを与えてくれたし、私はいつものメカニズムを維持したかったんだ。シエナはゲームの観点から我々を困難な状況には陥れなかったし、ゴールは9対11の状況のときにセットプレーから、しかも我々の不注意から生まれたものだからね。
守備的な選手を投入すれば我々はほとんど押されることもなく、この結果は起こらなかったかもしれない。
同様に全てをやり直せたかもしれないね。
---勝ち点3を失ったのは残念だ
我々は残留争いをしているライバルたちに真の衝撃を与えられるはずだったのだが、そうはならなかった。今は我々は勝ち点の計算をすることなく前を向いているよ。そういうことをするとろくなことにならない。大事なことはここまで我々が偉大なカンピオナートを実現させるのを可能にしてきた意識の統一を維持することだ。
---コッツァについて
チッチョは彼の義務を果たした。シエナの選手として試合終了までピッチの上で彼ができる全てを与えた。しかしながら、試合についてのコメントで、彼が未だにレッジーナの選手であるかのように考えられているのは間違いだろう。(すみません、この文よく分かりません。自分のチームの選手じゃないのに、コメントを求められるのは違うだろうということかしら?)
---インテル戦についての予測は
どれだけインテルが強いかってことを私が述べても意味が無いだろう。レッジーナは最大限の持てる力を発揮することを試みるだけだ。しかし比較するなら、公海で軽い小帆船が戦艦に向かっていくようなものだろうね。
---DFはいくつかの問題を抱えている
我々には1週間あるので何点か見極めないといけない。しかしジョーザに加えてルカレッリまで出られないというのは大問題だよ。
---最後にフォッジャの出場停止について
とても驚いているよ。クラブもそうだろう。


すみません!インテル戦が始まってしまったので、他の会見は明日追記します!

追記
またまた、すみません!インテル戦の録画を見直したり、CLの録画を消化したりで全然訳していません。(汗)
つーか、インテル相手に勝ち点ゲットしたんだし、シエナ戦はもういいですよね?←お願い、いいと言って
カンパニョーロとランザーロの会見があったんですけど、楽しみに待っていた皆さん、ごめんなさいです。インテル戦はちゃんと記事書きますんで許してくだされ。
今週のマッツァーリ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。