--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/03/18

セリエA第28節レッジーナ×ラツィオ 納得できる敗戦

レッジーナ2-3ラツィオ
得点者:前半26分 テデスコ、前半44分 マンフレディーニ、前半45分 パンデフ、後半20分 フォッジャ、後半35分 マキンワ

Reggina (3-4-2-1) : Puggioni, Aronica, Lucarelli, Giosa (61' Amerini), Mesto, Tognozzi (85' Nardini), Modesto, Tedesco, Foggia (89' Nielsen), Bianchi, Amoruso
All. Mazzarri
Lazio (4-3-1-2) : Peruzzi, Behrami, Stendardo, Zauri, Bonetto, Mudingayi, Manfredini, Ledesma, Jimenez (91' Belleri), Rocchi (73' Makinwa), Pandev (93' Tare)
All. Rossi
Arbitro: Sig. Saccani di Mantova
Ammoniti: Bonetto (L), Mesto (R), Tognozzi (R), Tedesco (R), Lucarelli (R), Behrami (L), Manfredini (L)

関連記事:
ラツィオ5連勝で3位タイに浮上!
ラツィオFWマキンワが人種差別発言を告発
セリエA第28節試合結果/順位表&得点ランク
この試合の選手の評価
この試合のハイライト:Reggina - Lazio 2 - 3 2007

ラツィオは今年になってから一度も負けていないんですよね。破竹の勢いとは正にこのことで、もう誰にも止められないって感じです。レッジーナはその絶好調ラツィオにホームで敗れましたが、それでも2点取っているし、あわや同点か!というところまで迫りました。変な判定もなかったようで、監督も選手も納得の敗戦みたいです。全力で向かっていったけど力及ばずに「参りました!」と負けるのも清々しくていいものですよ。←ちょっと負け惜しみ入ってますけど
ラツィオの順位は間違いなく上位といえる位置なんですから、スカパーで放映してくれてもよかったと思うんですけどね~。って、そんなことスカパーに期待するだけ無駄か。セリエAハイライトにスルーされなかっただけでも感謝しろってことかいな。けっ。←こら。お下品だぞ。

ハイライト映像はラツィオの攻撃から。
ヒメネスのパス→ハンデフのループはセリエA初スタメンのプッジョーニがわずかに触ってファインセーブ!いきなりいいお仕事しました。どうでもいいことですが、プッジョーニ、テデスコ、トニョッツィは釣り仲間らしいです。レッジョで釣りということは海釣りでしょうか?

やっぱりルカレッリに似てる・・・

前半26分。フォッジャのパスからテデスコが豪快なミドル!時々決まるテデスコの目の覚めるようなミドルはレッジーナの大きな武器の一つです。しかし、「よくやった、テデスコ!」とテレビの前で褒めたそばからユニを脱ぎやがりました、このアンポンタン。あと一枚警告貰えば次節出場停止だと分かっているのに何故脱ぐんだ、この野郎。(怒)
休みたかったのか?休んで釣りに行きたかったのか、テデスコ?
先制したというのにマツ監督も苦々しい顔。ロッカールームで焼き入れといてくださいね。
下はゴール裏のティフォージにゴールの報告をするテデスコのアンダーシャツを引っ張るアモルーゾ。たぶん「おいジャコモ、喜んでいる場合じゃないぞ」とたしなめていたのではないかと。

おいおいおいおいおい!(怒)

こっちは「あーあ、ほらぁ、イエロー出ちゃったよ」という表情で振り返っているアモルーゾと罪の意識のかけらもなさそうなテデスコ。メスト君もビアンキも呆れているように見えます。

計画的犯行だろ、おい(怒)

その後はラツィオの反撃スタート。
エリア外から放ったマンフレディーニのシュートはプッジョーニがセーブしますが、後半44分、ロッキが右サイドでジョーザを振り切ってクロス→マンフレディーニが左足で合わせてラツィオ同点弾。プッジョーニが触りましたが止められませんでした。

マンフレディーニもイソギンチャク・ヘアですな

そのわずか1分後。ヒメネスがレッジーナDF2人を引きつけて中央でフリーだったパンデフにパス。この時点で勝負あったような・・・。パンデフはこれを落ち着いてゴール右隅に決めました。ラツィオはたったの2分間で逆転です。

後半はレッジーナ攻撃から。テデスコの長めのパスに反応したアモルーゾ(何故か右サイドにいました)が抜け出してシュートを放つもペルッツィに弾かれ、アモルーゾと被り気味のポジションにいたビアンキがしっかり跳ね返りを狙いましたがシュートはゴール左にわずかに逸れました・・・。ゴール前で正座してがっくり方を落とすビアンキと、「うっそー!」という感じで両手で口を押さえるアモルーゾ。どうしましょ、二人とも可愛いんですけど。←萌えている場合じゃないよ

更にレッジーナ。右サイドのメスト君があげたクロスをモデストがファーサイドからダイレクトで折り返し、フォッジャがこれまたダイレクトでゴールに叩き込みました!凄いぞ、凄いぞ!ダイレクトで絶妙なボールを折り返したモデストも、ダイレクトでキレイに合わせたフォッジャも偉い!フォッジャの古巣からのゴールでレッジーナは同点に追いつきました!
この瞬間、ピッチサイドで小走りに下ガッツするマツ監督。動きが面白すぎます。ますます私のハートを鷲掴みです。
ゴールしたフォッジャを正面から抱き上げるメスト君は、まるで小さな弟をあやしているお兄さんみたいでした。(爆)
その後、タコ社長アメリーニ→アモルーゾと次々祝福されるものの、あんまり嬉しそうじゃないフォッジャ。単に照れ屋さんなだけでしょうか?それとも普段から愛想がないだけ?この写真もアモルーゾに背後から抱き寄せられて不機嫌そうに見えるんですけど。(汗)

ちっちゃくてかわええよ~。

ねえフォッジャ、もしかしてサンタガタでアモルーゾの 指導の対象 になってる?モデスト以上に調教のし甲斐がありそうな若造がやってきて、教え魔のアモルーゾが張り切っていそうな気がしないでもありません。フォッジャに「うぜえんだよ、このオッサン!」と煙たがれていたりして(笑)。5月に真相を確かめねば。
こちらは王子様のように跪くアモルーゾ。やはり黒が似合いますね。ステキ♥
あ、別に写真に意味はありません。好きだから貼りたかった、ただそれだけです。(笑)

アモルーゾ、むちゃくちゃ好みだ~

このままドローで終われたら良かったんですけどね・・・。後半35分、マキンワがパンデフとのワンツーで突破、最後はゴール右で切り返してルカレッリをかわし、左足で豪快なシュート。再びラツィオに突き放されちゃいました。マキンワはゴールも見事でしたが、バック転もお見事でした。
セリエAハイライトはここで終了でしたが、上に貼ったYouTubeのハイライトでは終了間際にフォッジャがGKとの1対1で決められない映像が入っています。この時のマツ監督の悔しがり方がまたツボでした。(笑)
ハイライトにはありませんがガゼッタ実況によると、フォッジャは自分で打てばいいのにオフサイドポジションにいたビアンキにパスを出してしまったシーンもあったようで、3-3にするチャンスを少なくとも2回潰したとのこと。うーん、決めたかったですねー。今回ゴールのなかったアモルーゾとビアンキも次は頼むぞー。
そのまま2-3で試合終了。5連勝のラツィオは3位に浮上。レッジーナは降格圏内の18位のままです。
ラツィオはマイナスからスタートしたのにこの快進撃ということで大絶賛されているみたいですけど、ペナルティたったの-3じゃん。うちの-11とは負担が違いますことよ。でもね、レッジーナももっともっと頑張らなくちゃいけません。次こそ勝ち点3ゲットだー!

胸に貼ってあるステッカーは何かしら?

火曜日のマツ監督の会見:
ラツィオ戦に関する私の見解は、負けたにもかかわらずポジティブなものだ。有効な結果を得るために十分でなかった事柄が、どれだけたくさんあったとしてもね。我々は自分達よりも優れたレベルの敵に対し、攻撃面(多くのボールを無駄にしたりペルッツィにセーブされたりした)でも守備面でも多少軽率なところがあった。これは最近の我々によく起こることなんだ。自分たちが優位に立っている時に危険な状況が過小評価され過ぎていると感じる。このことが我々にとっては問題ない時もあれば、とても強い敵と戦う別の機会では代償を払うこともある。
---負けたことについては熟考すべきだが、ピッチ上の力量の違いは無視できない
負けたことは絶対に無視できないが、多くの人たちは試合を判断する時点で忘れてしまっている。これはラツィオの長所と我々の欠点ゆえに敗れた試合だったんだよ。先ほど述べたいくつかの軽率さがなければ、フィオレンティーナ戦に非常に似た試合になっただろうが、代わりに我々は今こうして負けについて語っている。フィオレンティーナに対しては我々は勝利に値した。日曜日の試合は、少なくとも引き分けに値したと信じている。
---レッジーナは先入観にとらわれていない(←この質問意味不明)
戦術的な見解からは、サッカーは精密な科学ではなく、全てのタイプの評価を受け入れる余裕があるのだと言いたい。前半43分までは私のチームは優勢だった。2ゴールを許す軽率さがあったにもかかわらず、我々は引き分けを勝ち取るために更に気持を強くして後半戦に突入したが、同時に3-2にされるリスクもあった。
マキンワの勝ち越しゴールの際は、DFが相手2人に対して4人が行っていて、私には我々がとてもアンバランスだったようには見えない。必要だったのは二重に守ることだけなのに(←ここ意味不明)、負けたということで非難されているんだ。(ジョーザをかばっているのかしら?)
それに終了間際にはフォッジャが3-3にするチャンスもあった。我々にこれ以上何ができたと?
ラツィオは我々よりもシニカルだったためにメリットを持っていた。しかし戦術的にも、ゴールに関しても、うちの方が相手よりも高度だったよ。
---フィジカルの低下ということで説明がつくのか?
私はフィジカルの低下があったとは思っていない。たとえ不測の事態の瞬間にそれ相当の鈍さがあったとしても、常に我々が全力で戦っているという事実があったとしてもね。
チームは何かが上手く行かない時期にさしかかっている。恐らく何人かの選手の負傷による不在が影響しているのだろう。安心できる状態にある選手がほとんどいないのが残念だよ。我々の戦力の基本的な構成員は非常にリッチだ。それは数という観点からじゃないがね。
---順位についてはまだ悲観することはない
シーズン開始から我々は今季が困難に満ちたものなること、最後まで厳しいことを分かっていた。しかし、良いサッカーをしながら目的に向かって頑張ってきたんだ。ところでドナドーニが我々を褒めてくれたことに感謝したい。間違いなくミッションは完璧に遂行されているのだから、エピソードが我々にとって有利であるべきだ。ここ3試合で我々は2ポイントしか獲得できていないが、これはピッチで見せてきたパフォーマンスと比較すると本当に少なすぎる。
---次のアウェイで取り戻したいところだ
カターニアはいい時期じゃないが、勝利を取り戻すために向かってくるだろう。次節は無観客でのゲームとなるが我々にとっては不利になるだろう。カターニアは既にそういう雰囲気に慣れているわけだから。
とにかく我々はいつもどおり結果を残すつもりでピッチに出て行くよ。いつもどおりの緊急事態だけどね。

非常事態がここまで続くと、もはや通常になっちゃったりして。(笑、、、えない
次節はルカレッリと馬鹿テデスコが出場停止。カンパニョーロ、ヴィジャーニ、ランザーロ、ガッツィが依然怪我から回復せず。ルカレッリもランザーロもいないとなると最終ラインはどうなるのでしょうか。考えただけでも恐ろしや。(滝汗)
ラツィオ戦で負けたことに対してはポジティブな見解を持っているそうで、「まあラツィオ相手じゃ仕方ないや」といったところでしょうか。こういう試合は気持ちを切り替えやすいと思います。無観客の異様な雰囲気にはカターニアの方が耐性があるというのは納得ですね。レッジーナの選手たち、いつもどおりの力を発揮できるといいのですが。
イタリア代表監督のドナドーニさんがレッジーナを褒めてくれたそうで。元記事はどこにあるんだろう。読みたいなぁ。

ナルディーニの会見:
ほとんどプレーできていないけど、それでもレッジーナに来る前よりもハッピーだよ。このチームに所属できて満足だし、カンピオナートの終盤に差し掛かった厳しい今の時期に、チームのために貢献できたらって思う。
---うちのチームで唯一の元カターニアの選手だが
元チームメイトと会えるのが楽しみだ。だけど今回は敵として会うわけだし、誰も手加減してくれないけどね。
---前回カターニアとの対戦ではレッジーナは不相応な敗戦を喫した
僕はレッジョでのあの試合には出場していなくてテレビで観ていたんだ。あれはレッジーナがカターニアを支配していたゲームだった。コローナの素晴らしいゲームとパンタネッリのファインセーブのパレードが勝敗を決めたね。
---ペナルティがなければレッジーナはカターニアよりも多くポイントを獲得している
僕らが素晴らしいトーナメントを戦っていることは証明されている。残念なことに11ポイントのペナルティは実際の順位表を見ることを僕らに強いるんだ。
---無観客の試合となるが
カターニアは相応しくない責任の代償を払っている。僕はシーズン前半に無観客の試合を経験したことがあるけど、見捨てられたような気分になるし本当にカルチョを損なうものだ。彼らはああいう事態によって重く罰せられているけど、僕らにとっても無観客はハードだと思う。
---カターニアはマスカラを欠いている
マスカラは素晴らしいプレーヤーで、攻撃面でイマジネーションを与えてくれる。彼がいないことは僕らにとってポジティブな材料だね。だけどカターニアは選手一人一人ではなく集団組織として評価されるべきだ。僕らと同じで今はちょっと物事が正しく回っていないけどね。
---レッジーナにとって中断期間前の、そしてラストスパート直前の大事な一戦だ
レッジーナはこれまでの歩みを続けなくちゃいけない。チームは対戦相手のゲームプランに惑わされることなく、いかに自分たちのリズムを貫くかを心得ている。そういうところを何度も何度も見せてきた。もう少し慎重になりさえすれば、完全な結果が付いてくるだろう。

そういえばカターニアとの前回対戦は誤審に泣かされたんでしたっけ。コローナのゴールはオフサイド、コルッチのPA内のハンドも取ってもらえなかったんですよね。今度はフェアなゲームになるといいのですが。
この会見、前回カターニアは不当な勝利を納めたんだとナルディーニ言わせたかったのでしょうか。ちょっと可哀想ですよね。まだまだ古巣に愛着もあるでしょうし。
マツ監督はナルディーニを次節スタメンで使うか相当悩んでいるようです。最終ラインはアロニカ、ジョーザの二枚は鉄板ですが、あと一枚をナルディーニにするかディディオにするか。もしくはナルディーニを右サイドで使い、メスト君を最終ラインに入れるという案もあるようで。スタメンどうなるでしょうね。出場するなら古巣相手に奮起してくれることを期待します。

メスト君の会見:
DFのイメージに自分を当てはめているのは確かだよ。チームの必要に応じて、戦術の変更によって、監督が僕にそれを求めるならディフェンダーとして貢献するつもりだ。僕の好きな役割じゃないけど、レッジーナのためなら何でもありだよ。
---あなたの守備の資質についてはデリオ・ロッシから賛辞の言葉が届いている
持ち上げてくれてありがとう。賛辞の言葉を受けるのは嬉しいよ。だけど今はレッジーナのことだけ考えている。
---最近2シャドーの右はヴィジャーニとフォッジャが交互に出ている
ルカともパスクアーレとも上手くやれている。ヴィジャーニは守備においてより献身的な特徴を持っているのに対して、フォッジャは主に攻撃で鋭さを発揮している。彼は簡単に攻撃に成功するし、僕を深い位置から突進させるんだ。
---2つのアンラッキーな引き分けと日曜日のラツィオ戦での敗戦。レッジーナにとってあまりハッピーな時期じゃない
僕らにとってデリケートな時期だね。決定的なゲームを待っているんだけど、今僕らはとてもいいプレーが出来ているのに上手にリリースできないんだ。(←この文意味不明)
この間の試合では、僕らは試合中に表現できたことと比べたらもっといい結果に値したのに。
---カターニアはもっと難しい時期にいる
僕らは自分たちのことだけ、順位表に関してどれだけ一勝が大事かということだけに目を向ける。ゲームの局所的な瞬間に輝き、集中できるように、いつもどおりに自分たちの試合をするつもりだよ。
---無観客試合だが
スタジアムが閉ざされているって、ステキな気分じゃないだろうね。両チームの誰にとっても不利だよ。だけどこのことについて目新しさはないよね。
---グラニッロでの対戦では3ポイントがカターニアへ行ってしまった
彼らは勝利をあげることに成功したけど僕らは魔法にかかったみたいだった。僕はカターニア戦とサンプドリア戦はレッジーナが今シーズンのベストパフォーマンスを見せながらも負けてしまった試合だと信じている。
---たくさんの元チームメイトと戦うのは難しいのでは
カターニアはいいチームだ。元チームメイトがたくさんいるしね。その中でも一番結びつきが深いのはコルッチかな。日曜日は両チームとも自分たちの特色を最大限に出そうとトライするだろうね。
---カターニア戦後は中断期間に入る
個人的には中断期間は好きじゃないんだ。でも、今回は何人かの負傷中の主力選手たちが回復するためにはいいだろうね。

コルッチとは今でも仲が良さそうですね。というか、元レッジーナの選手たちに今でも連絡を取っている選手を尋ねると必ずメスト君の名前が挙がるので、本当にマメで性格のいい子なんだろうなと思います。
ラツィオのロッシ監督、来季メスト君に来て欲しくて褒めまくっているのでしょうか。別にいいけどさ。(笑)
ビジャーニとフォッジャの違いは興味深いですね。やはりフォッジャだと攻撃力がアップする分、守備力が少し落ちるのでしょうか。でも攻守共に素晴らしい選手というのはなかなかいませんし、ヴィジャーニが万全の体調に戻った後は対戦相手によってうまく使い分けて欲しいと思います。

金曜日のマツ監督の会見:
日曜日に6人の選手が不在となることは疑いの余地も無いので、フォーメーションにいくつかの変更があるだろう。しかし、変更内容は秘密にしたいし、選手たちにも誰がピッチに発つのかは試合直前に知らせるつもりだ。先発予想は皆さんにお任せしますよ。
---カターニアは最近結果が出ていないが、いいチームであることには違いない
カターニアは美しいカルチョを披露するためのプレーを可能にするしっかりした土台がある。おそらく最近の試合ではピッチで見せてきたものと比較して少ない結果しか得られなかったのだろう。しかし日曜は巻き返しのための試合として彼らが待ち構えていることを理解している。とても難しい相手となるだろうね。
---レッジーナは2度目の対戦はアウェイで結果を出している(負けたのはローマ戦だけだ)
アウェイで我々がより多くのポイントを稼いでいることは結果が物語っているが、もしホームでのパフォーマンスを見たなら、例えばフィオレンティーナ戦では我々はアウェイのトリノ戦よりも勝ち点3に値した。全ては相対的なものだよ。
---試合の準備はできているか
集中力はマックスの状態だし、チームに正しい意気込みを伝えようとしている。折り返し戦においても我々は継続した歩みを保てているから、これを続けないといけない。
---オープンなレッジーナとなるだろう
それが我々の知っているレッジーナだ。たとえ不在の選手たちがいようとも、ここまで見せてきたスピリッツを持たなくてはいけない。チームのアイデンティティーを示す努力をするよ。
この試合に関して正直になるなら、私は良いパフォーマンスと勝ち点3を交換してもいい(内容よりも勝ちにこだわるということでしょうか)。勝ちに値しない勝利というのは滅多になかったし、一度だけ目をつむる用意はできているよ。
---カターニア戦後は中断期間に入る
私が中断期間を好まないことはご存知の通りだが、今回ばかりは怪我人の回復と最近の連戦後の体力の回復のために役立つに違いない。再開後我々は残り10節のミニカンピオナートのために素晴らしい再出発を切れることだろう。

内容よりも結果を重視するなんてマツ監督が言うのは今季初めてかもしれません。まあ主力が6人もいないのですから仕方のないことです。このメンバーで内容はどうあれ勝ち点3を取れたら上等ですよね。幸い攻撃陣だけはほぼベストメンバーなので、後ろの不安定さを大量得点でカバーして欲しいと思います。ビアンキ、アモルーゾ、フォッジャ、頼んだぞ。
今週のマッツァーリ | Comments(11) | Trackback(0)
Comment
つーか今ガゼッタの途中経過を見てビックリしてます。
4-0でレッジーナ勝ってる(^▽^)/
>ビアンキ、アモルーゾ、フォッジャ、頼んだぞ
全員点取ってますよ(笑)
お久しぶりのエステヴェスまで・・・あ、ロッシーニに一点返された。
でもこの爆勝、嬉しいですねぇ~。
メッシーナもアスコリも順当に負けてるし。
願いが届いた!
Fillipoさん、私もビックリですよ!
中断期間前の大量得点というは、クリスマス休暇前のエンポリ戦を思い出します。
確かあの時と同じスコアのような・・・。
いや、しかし、攻撃陣が全員点を取ってくれて嬉しいです。感激です。(涙)
でも最後に失点しちゃうのがレッジーナですよね。(笑)
やった!!!!!!
いやー久しぶりにうれしくてしかも前線の三人が全員決めているという最高のパターンでしたね。しかも、久々にでたエステベスが駄目押し。いいテデスコのいないうちにアピールしましたね。また不安の若い最終ラインをアロニカがまとまてくれたと思います。大勝は、本当にエンポリ戦以来ですね。 ようやく三人がフィットしたのかな。この三人がフィットすると、セリエA屈指の攻撃になりますね。やっぱり失点しますがね。けど、マジでうれしいです。 いやーうれしい!! 何回もいっちゃってしまってすみません(笑)
たぶん僕と同じ気持ちでしょう。
情報ありがとうございます。(プッジョーニ、友達おったんだ。この中だと、テデスコが上なのかな(笑) )
フォッジャのゴールは相手キーパーのミスのおかげだったんですね。 エステベスはでた直後に決めたらしいですね。 早く映像が見たいですね。
もしかしたら映像ないかも・・・
ヤス君、こんにちは!
はいはい、ヤス君とまったく同じ気持ちですよ。
気分いいっすねー。最高っすねー。今日は一日気分よく過ごせそうです。(^・^)
プロヴィンチャとは思えない前線の破壊力、うちの一番の自慢ですな。
早く映像見たいけど、スカパーはカターニアの放映権を持っていましたっけ?
なんか嫌な予感がします。この試合のハイライトを見られなかったら泣いちゃうよ~。

レッジーナの釣り仲間、年功序列形式だったらテデスコ→トニョッツィ→プッジョーニの順でしょうけど、トニョッツィがなかなか変わった奴みたいなのでテデスコ負けてるかも?(笑)
プッジョーニはぱしりかな?(爆)
おはようございます。
移籍の話なんですが、メストがラツィオへ移籍するのが確実。 ローランジーニョことビアンキは、フォーティ会長が、クラブ、選手の利益につながることを意識している。と言っていますね。 ビアンキはビッグクラブのオファーは素直にうれしい。けど今はチームの残留に貢献したい。とか言ってます。 売り時がうまいレッジーナが売るのは間違いないですね。
ヤス君、早起きですね。
休日なのに感心だわ。
お姉さんは昨夜11時過ぎまで残業していたので今さっき起きました。今日は意地でも出勤しねーぞ。

メスト君はこのまま怪我なくシーズンを終えて欲しいですね。大怪我して移籍が流れてしまうというシチュエーションが一番恐いです。
ビアンキはどこに売り飛ばされるんでしょう。フォーティ会長が電卓片手にウハウハしている画が目に浮かびます・・・。ロシアとか変なところは止めろよー。
スカパーの馬鹿やろう!
早起きはサッカーの試合があったもんで、疲れました。 それはともあれ、やっぱり放映されなかったですね。どーにかしてほしいです。 次はシエナ。コッツァが別のチームにおるのはなんか変な気分だけど、活躍してほしいですね。ただ点だけは入れないでね(笑) また負けたら、地獄へ逆戻りなので死ぬ気でやってほしいっすね。まぁ前線が噛み合えば負けないと思うんでがんばってほしいですね。
ではまた。
やっぱりありませんでしたね(泣)
久しぶりの快勝、しかも4ゴールなのに・・・。(号泣)
スカパーに殴り込みに行ってやろうかしら。←半分本気
しゃーない、ラツィオ戦の動画を探すとしますか。どこかにありますように。(祈)

ヤス君、試合お疲れさまでした。
最近シエナは全然勝てなくなっちゃったので、今のレッジーナなら余裕で勝てそうな気がします。
でも、この中断期間で流れが変わりそうでちょっと恐いですね。シエナ復調するなよー。
コッツァはいいプレーして欲しいけど点だけは取ってくれるな。(^_^;)

ブログ移転のお知らせ
リーメイさん、お久しぶりです。
実はこの度、ブログをリスタートしちゃいました。
ついでに名前もArisaに変えました。
これからはちゃんと更新していくつもりなので、(汗)
よかったらまた遊びに来て下さいね。
お知らせありがとうございます
お久しぶりです、灯花さん。じゃなくてArisaさんですね。了解しました!
さっそく移転先に行ってきましたよ~。
ブログが新しくなっても夜空のイメージで雰囲気はそのままですね。(^^)
無理のない程度に更新頑張ってくださいね。
私も来月からペースあげて頑張ります。
今月は生きているのがやっとなので。(^_^;)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。