--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/01/10

三日目⑭:笑ってても恐いフォーティ会長と爽やかミッシローリ

しばらくすると再び車が出てきて私の横で止まった。しかも邪魔にならないところに立っているのに2回クラクションを鳴らしやがった。うるせーな。なんだコノヤローと心の中で呟きながら振り返ると、運転席にいたのは恐いくらいの笑顔を浮べたフォーティ会長だった。まるで懐かしい友人にバッタリ出くわしたみたいな会長の大げさな喜び方にビビリまくる私。ひょえぇぇぇ!恐いよぉぉぉ!
会長の車は右ハンドルだったので、私に反対側に回るように一生懸命手招きする。い、いや、行きたくないんですけど・・・。足がすくんで動けないでいると、会長は車のドアを開けて降りてこようとした。

キャーーー!降りてこなくていいってばー!!!

つーか、降りるな!!!

降りてこられたら困るので慌てて運転席側に回ろうとした時に、後ろから高級車がやってきて早く行けと言わんばかりにクラクションを鳴らした。フォーティ会長に早く行くように催促できるって度胸あるなあ。あんた何者?
クラクションを鳴らされたお陰で会長は降りるのを踏みとどまってくれたが、窓から顔を出して「今行くから、ちょっとだけ待って」みたいなことを後ろに伝えると、私に向かって満面の笑みで何やら語りかけてきた。もちろんイタリア語で。
あ、あの~会長、さっぱり分からないんですけど・・・。(汗)
まあ雰囲気から察するに「ナカがいなくなったのに、よく来てくれたねえ。ワシはとっても嬉しいよ」みたいな内容ではないかと。とにかくニコニコしながら話しかけてくれるので、お付き合いでニコニコしながら相槌を打つ。日本人の悪い癖だよなあ。分からなくても相槌を打ってしまうのって。(大汗)
会長がジャポネーゼに対して妙にフレンドリーなのを見てお迎え待ちの子供たちが騒然となった。

わ、私、愛人じゃないからねっ!

え?誰もそんなこと考えてないって?
会長は最後まで上機嫌で、にこやかに手を振って去っていった。どんなに笑顔を浮べていても、やっぱりあのマフィア顔は恐いよ~。おしっこチビりそうだったよ~。
フォーティ会長の後ろに続いていた高級車の主は誰だか分からなかった。多分レッジーナの重役の一人だろうな。高そうなスーツ着てたから。
しかし、会長があんなに喜んでくれるなんて、俊輔のセルティック移籍後にサンタガタを訪れた日本人は私一人だったのかしら。まあ普通に考えたら俊輔いないのに日本人が来るわけないか。それにしても、まるで私個人を認識していたかのような反応だったよなあ。どう考えても去年の私とのやりとりを覚えていたとは思えないし・・・。
ま、まさか、マッツァーリ監督、私との2ショット写真を会長に見せびらかしていませんよね?「このジャポネーゼ、私の熱烈なファンでね。ファンレターをくれるんだよ♪」とか自慢していませんよね?ね?ね?
・・・・・・あり得そうで恐いなあ。(滝汗)

アントネッロの車が20分遅れでやってきた。お迎えラッシュで入口近くまで来られないので、少し離れたところに停車して大声で私を呼ぶ。寄りかかっていたブロック塀から背中を離し、そちらに向かって歩いて行こうとしたその瞬間、センサー音と共にまた門が開いた。出てきた車に乗っていたのは、、、

カワイコちゃん、来たーーーー!!!

サラサラの長い髪をなびかせたミッシローリ君がキラキラの笑顔で「チャオ!」と元気に挨拶してくれた。この子の笑顔の周りには少女漫画みたいに無数のお星様がスパークしているの。本当だよ。
去年はパパと一緒だったのに、今年は自分で運転して練習場に来てるんだ。この1年で本当に大人になったね、ミッシローリ君。体ももう少し大人になりましょう。それ以上縦に成長しなくていいから、少し横に成長しようね。

フォーティ会長のマフィア顔に怯えた後にミッシローリ君の爽やかな笑顔でお口直しが出来たので、ルンルン気分でアントネッロの車に乗り込む私。その途端「見たぞ、見たぞ!ミッシローリとイチャイチャしていただろ!」とアントネッロ。なに言ってんの。挨拶しただけだって。
「で、どうだ?マッザーリとキスしたか?」
「してない」
「どうして!あれだけ言ったのに、どうしてしないんだよ!」
ホテルに着くまでアントネッロのお小言は続いた。
南イタリア遠征記2006 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
怪鳥。
フォーティ会長、フレンドリーじゃないですか(笑)
そして、右ハンドルの車というのが気になります。英国車でしょうか。

爽やかなミッシローリくん、羨ましいです。
私が見た「夜のミッシローリくん」とはきっと別人なんだろうな(^-^;

ミッシローリくんて、面長で目も切れ長で鼻筋ものすごく通ってて、なんか着流しとか颯爽と着こなしちゃいそうなイメージです(^^;時代劇のヅラとかも(爆)<これでも褒めてるつもり
板貫さんは、エンポリ×レッジーナの後ってことは(ナイトゲームだったから)ほんとに「夜の」時間帯だったんですよね。どう別人だったのか興味ありますね♪>リーメイさん

ところで、前のエントリで「バーリに移動」って見て、一瞬素で「なんでバーリ?」と思ってしまいました。<ボケ
昨シーズンの最終節に行かれたのですね!(って今頃間抜けなことをスミマセン…大作なので、まだ全然読破できてなくて)
かなり前なのにこんなに昨日のことみたいにきちんとした旅行記書けるリーメイさん、すごいです~(尊敬)。

マッツァーリくんとキス、次回はしてきてください(笑)
日本車?
会長の笑顔の迫力に押されて車種を気にする余裕がありませんでした。
右ハンドルだったということしか覚えてないや。
もしかして日本車ということはないかしら?
・・・あるわけないか。(^_^;)

2005年に私が見たミッシローリ君も全然爽やかじゃなかったですし。
あん時はハッキリ言ってただの「変なガキ」。(爆)
あの子はたった一年で信じられないくらい愛想の良いアイドル系になっちゃいました。
ぜひ今度レッジョでキラキラな笑顔の「昼のミッシローリくん」と再会してください。(笑)
犬だったり、宝塚だったり、時代劇だったり
ミッシローリ君のイメージって多様で面白いです。
あ、因みに犬は私です。私はあの子を見るとロシアの大型犬ボルゾイを思い出します。
宝塚の男役と言ったのは板貫さん。
彼はすっぴんで宝塚の舞台に立てそうだ。(爆)

そうなんです。最終節を見にいく予定だったんです。
それが出発直前にバーリ開催になっちゃって・・・。(泣)
次の遠征では無事にホーム戦を観戦できますように。
ついでに次こそ監督とイタリア式挨拶が出来ますように。

レッジョを離れると記憶が一気に飛びます。
タオルミーナに行ってからは写真メインの絵日記になる予定です。
やっぱりフォーティ会長かなり怖い感じの方なんですね^^;
南部で何年もAに残ってるチームの会長って、かなり打たれ強そうですよね・・・。
ツラの皮が厚すぎて防弾使用になってそう。
マッヅァーリさんにキスとかしたら、松坂ヤンキース入り以上の日本人快挙でございます。

>俊輔のセルティック移籍後にサンタガタを訪れた日本人は私一人だったのかしら。
↑これは私もボローニャのスタジアムから帰る時に言われました(中田いないのに・・と)。
その時は英語が出来る運転手さんだったので道中かなりカルチョな会話を楽しめました。
はい、かなり怖いです。^^;
2004年に初めて生フォーティ会長を見たときは、苦虫を噛み潰したみたいな顔をしていて
めちゃくちゃ怖かったんですよ。
目が合ったら殺さるかもしれないとマジで考えました。
あの時は思わず後ずさりしちゃいましたもん。^^;
ここ2年は好々爺然としています。チームが好調だからでしょうか。
面の皮は、はい、相当厚そうです。バズーカ砲も弾き返すかも。(笑)

監督とのキスは酔っていれば出来そうなので、ワイン1本空けてから練習場に行こうかなと。

ボローニャも観光都市じゃないし、ヒデが去った後は訪れる日本人が激減してしまったでしょうね。
Fillipoさんの旅行記が連載されていた頃は、毎日更新を待ちわびていました。
コメント入れようかどうしようか、かなり迷った末に結局何も書かなかったんですけど
とても楽しく読ませていただきました。(^^)
そろそろ次の観戦旅行に出かけて、また面白い旅行記を書いてください。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。