--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/12/23

セリエA第16節レッジーナ×サンプドリア 疑惑の判定がサポの暴走を誘発

レッジーナ0-1サンプドリア
得点者:後半23分 クアリアレッラ

REGGINA: Pelizzoli; Lanzaro (Missiroli dal 44' s.t.), Lucarelli, Giosa; Mesto, Amerini (Tognozzi dal 34' s.t.), Tedesco, Aronica; Leon, Amoruso; Bianchi. (Marino, Di Dio, Barilla, Nielsen, Esteves).
All. Mazzarri.
SAMPDORIA: Berti; Maggio, Bastrini, Accardi, Zenoni; Quagliarella, Volpi, Delvecchio, Franceschini; Flachi (Bonanni dal 38' s.t.), Bazzani (Bonazzoli dal 21' s.t.). (Castellazzi, Zivanovic, Pieri, De Mota, Olivera).
All. Novellino.
Ammoniti: Berti, Aronica, Lucarelli, Leon, Bianchi e Maggio per gioco scorretto.
ARBITRO: Rosetti di Torino.

関連記事:判定で混乱も、サンプがレジーナ下し9位浮上
この試合の選手の評価
この試合のハイライト映像:Reggina-Sampdoria 0-1

この試合もメガネをかけているマツ監督。やはりどこから見ても教師です。「これから抜き打ちテストを行います」とか言い出しそう。(笑)

ネクタイはしない主義なのね

しかし、こっちの写真はメガネを外しています。あってもなくてもどっちでもいい伊達メガネなんでしょうか?

男前に写っています♪

雨が降り出して寒くなったようで、ダウンベストを着用したマツ監督。ちょっとガメラちっくです。

風邪ひかないでね

試合序盤、タコ社長アメリーニが敵陣PA内でハンドしたっぽいのですが、イケメン審判ロセッティさんが見逃してくれます。これで釣り合いを持たせようとしたのか、後半レオンのパスを受けてPA内に進入したメスト君がゼノーニに倒されてもPKをくれませんでした。
まあ両チーム一回ずつPKを見逃したんだからお相子だっていうなら、それはそれでいいんですよ。どちらもPKではないと毅然とした態度を取っていれば問題は起きなかったと思います。ところが実際は一度PKを指示したのに、それを取り消すという迷走振り。ロセッティさんの曖昧なジャッジがレッジーナサポの暴走に火を点けたんじゃありませんこと?顔がいいからって何をしても許されると思ったら大間違いですわよ。←論点がズレてないか?

後半23分。サンプドリアのCK→クアリアレッラがランザーロに体を預けながら見事なジャンピングボレー!うひゃ~、すげ~!こんなスーパーなゴールは止められません。諦めましょう。
YouTubeにあったクアリアレッラのゴールシーン。“Quagliarella vs Reggina”というタイトルがムカつく。
この写真はクアリアレッラのゴールの瞬間。敵も味方も呆然。

文句の付けようのないスーパーゴールでした

その後はレッジーナのチャンス。レオン→ビアンキ→アモルーゾ→再びレオンと細かくパスを繋いでサンプのDFを崩すものの、レオンのシュ-トは直前でゼノーニにカットされてしまいました。残念ながら得点には至りませんでしたが美しいパスワークでした。これが決まっていれば・・・。

その後もレッジーナのチャンス。テデスコのクロスがカットされ、跳ね返ってきたボールをレオンが強烈なミドル!しかし、シュートはゴール左へ。レオン決めてくれよ・・・。
上に貼ったハイライト画像では、この瞬間「決まらね~」とベンチの屋根に片肘をついているアンニュイなマツ監督のお姿を拝めます。

この後サンプドリアにアクシデント発生。レッジーナの選手(ビアンキ?ミッシローリ君?)と交錯したGKベルティが負傷退場。交代枠が残っていなかったので、急きょデルベッキオがゴールを守ることに!
こういうシチュエーションで誰がGKをやるかって予め決まっているんでしょうか?それとも、その場のノリというか勢いで決まるものなんでしょうか?

なかなか板についている壁の指示

即席GKからゴールを奪いたいレッジーナ。レオンのパスからメスト君が強烈なシュート!しかしデルベッキオにセーブされちゃいます。やるな、おぬし。
そのこぼれ球をアモルーゾが押し込もうとしますが枠に飛ばず・・・。0-1のまま試合終了。パルマvsキエーヴォが引き分けだったので、レッジーナがこの試合に勝てていれば一気に降格圏から脱出できていたんですけどね。悔しいなあ。レッジーナはビリから2番目のままです。
本日はレッジーナ自慢の2トップが不発。二人とも仲良く評価5.5でした。上に貼ったハイライト映像にビアンキが外したシーンが3つくらいあったでしょうか。外した後ずっと正座しているのがかわいかったけど。
それにしても試合途中から雨だったのに、どうしてアモルーゾはハイレグにならなかったのかしら。もしかして嫁からハイレグ禁止令が出てるとか?「今度ハイレグになったら離婚するわよ!」とか言われてる?

雨の日はハイレグでしょ!

試合終了後、怒ったレッジーナサポが投げ込んだコインがバッツァーニの頭に当たって流血。1針縫ったそうです。

血が出てる~!

あまりの殺伐とした空気に恐れをなし、審判たちは逃げるようにしてピッチを去ったそうな。あんたたちが荒らしたんですけど。(怒)
この騒ぎでレッジーナは何か処分を受けるのでしょうか。ホーム試合没収になったらショックだなぁ。上に貼った関連記事内でサンプのマロッタGMがレッジーナをフォローするコメントをしてくれているのがありがたいです。どうか罰金程度で済みますように。(祈)

テデスコにとってレッジーナ100試合目というメモリアルゲームだったのに、残念ながら勝利で飾ることはできませんでした。きっと晴れの舞台に備えて美容院で髪を整え、髭もキレイに剃って試合に臨んだでしょうに。←ほんまかいな
勝てなかったけど100試合出場おめでとう!これからも頑張れ!

スポットライトを浴びれなかったね

恐ろしいことに累積リーチがかかっていたアロニカ、レオン、ビアンキが、この試合で揃ってカードを貰っちゃいました。次節3人いっぺんに欠けちゃうなんて、マツ監督はどうすればいいんだよー。(大汗)

副キャプテンのメスト君の会見:
今節はカターニア戦のときみたいな後味の悪い敗戦だよ。僕らはいいプレーをしたけど、僕らが押していたいい時間にゴールされてしまった。僕はサンプドリアがあの決勝点以外にもう1点取れたとは思えない。でも、これがサッカーというものだし、すぐにヴェローナでのアウェイ戦に頭を切り替えなくちゃ。カターニアに負けた後、僕らは失ったポイントをシエナから取り返すことに成功した。このスピリットを持って仕切りなおしにキエーヴォに向かっていかないといけないね。
---重要な3選手(アロニカ、レオン、ビアンキ)が不在となるが
それは事実だけど、でも、とても難しかったアウェイ戦を思い出すよ。ほら、インテル戦とかラツィオ戦とか。僕らいつもと違うメンバーでとてもいい試合をしてみせたよね。
---幻のPKのシーンで接触はあったのか?
ゼノーニとの接触はあったし、それで僕はバランスを失ったんだ。あれを取ってもらえなかったのは、とてつもなく大きな損害だったよ。終盤僕らは同点にしていい形で試合を終えるために必死に反撃したけど追いつけなった。
---すぐにヴェローナでのチャレンジが待っている
回復するための時間がほとんど無いけど、クリスマス休暇の前に最高な状態でリーグ戦を締めくくりたいと強く願っているよ。

メスト君は今季副キャプテンだったんですね。知りませんでした。この試合メスト君の評価はレオンと並んでチームトップの7点。とても頑張っていたみたいです。
次節はメスト君の言うとおり、主力3人が抜けてもインテル戦みたいなレベルの高いパフォーマンスを披露できるといいのですが・・・。

マツ監督の会見:
今日からシーズン最後まで、私はいかなる審判の判定に対しても立ち入らないことにした。たとえ彼らが我々に与えるべき3つのPKを与えなかったとしてね。
(この次のパラグラフが意味不明。「審判は公平であるべきで、どの試合も同じレベルの審判に笛を吹いてもらいたい」とか、「シーズン終了後に誰かが審判の評価をするだろう」とか、そんな感じのことを言っているような?)
---明日の試合について
レッジーナは緊急事態だ。出場停止の選手が3人いるだけじゃなく、リオスもあまりコンディションが良くない。しかし、私にはフォーメーションについてはっきりしたアイディアがあるし、チームの態度は変わらない。たとえ不在の選手の所に違う特性を持った選手が入ろうとも、いつもと同じようにプレーすることを試みるだけだ。そしてシュートがゴールになれば同じように勝利が訪れる。まあ、そんなに簡単にはいかないけどね。
---キエーヴォは上り調子だが
彼らは(うちと違って)ベストなフォーメーションを並べることができる。デルネーリの下でキエーヴォはバランスとコンパクトさを取り戻した。またキエーヴォは代表クラスのハイレベルな選手を所有している。セミオーリとかね。昨季彼らは素晴らしいしいシーズンを送り、今季彼らは復調している途上だ。次節はとても難しい戦いになることはよく分かっているよ。

ガゼッタの試合直後のコメントでは「記者の皆さんへのリスペクトから会見に応じただけ」というようなことを言っていました。なんかもう審判に文句言う元気もなくなってしまったみたいですね。そろそろ私の出番です。監督を元気付けるファンレター書いてあげなくちゃ。正月休みに書きますから待っていてくださいね、マツ監督♥

え~、カリアリのジャンパオロ監督が解任されました。後任は03-04シーズン前半にレッジーナの指揮を執っていたコロンバさんです。コロンバさん、絶対にビオンディーニを使ってね!お願いよ!


今週のマッツァーリ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。