--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/12/12

ダンファームリン戦 ダービーに備えてケンカの練習?

ダンファームリン1-2セルティック
得点者:49分 マクギーディ、68分 ズラウスキー、90分 シモンズ

今日はすっげえ久しぶりの白ユニでした。スイカユニよりもスンタンの可憐さが際立っていいわん♪

絶対にスイカよりもこっちが似合う!


ここのスタジアム、局地的に強風警報が出ていたようで。

コーナーフラッグが倒れそうなくらい大きく揺れてて、スンタンがボールを何度セットしてもCK蹴る前にコロコロ転がってしまう映像にビビリまくりました。こんなの初めて見ましたわ。
警備員でもボールボーイでも誰でもいいから20人くらいで壁作って風をブロックしてくれりゃあいいのに、と思ったのは私だけ?まったく使えねー奴らだ。ブツブツ。
それにしても天気が悪かったからか、スタンドはガラガラでしたねえ。

ダンファームリンはアフタータックルが多くて、これにもビビリまくりました。CLでお疲れモードのところに、あんなタックルで怪我させられたら堪ったもんじゃありません。でもまあ大荒れが予想される次節のダービーに向けての予行練習にはなったでしょうか。とにかく誰も怪我しなくて良かったです。
あ、レノンとオデイは頭に相当デカイたんこぶを作っていそうですが。味方同士でゴッチンコして流血だなんて、そこまで熱心にダービーの予行練習しなくてもいいのに。←違うだろ
オマケにレノンとマクギーディたら取っ組み合いまでやっちゃって、本当にダービーの準備に抜かりがないんだから♪←だから違うだろ
あのケンカを止めに入ったのがスノというのが面白いですねえ。あの子、若いくせに何であんなに落ち着いているんでしょう。あの後マクギーディをなだめていたのがバルデとヤロシク。何故か外国人プレーヤーばかりなんですけど、イギリス人はケンカは放っておく主義なのかしら。つーか、レノンをなだめていたのは相手チームの選手だけというはどうなんでしょう。フォローにくるチームメイトは一人もおらんのかい。なんだかチームの雰囲気がよろしくないようですな。ご老体レノンは疲労がイライラの主原因と思われるので、ビタミンBとカルシウムを摂取するように。その前にご老体を休ませましょう。<ストラカン

ちょっとピンボケ気味?

えー、なんかもうメチャクチャ順不同なんですけど、マクギーディのゴールも、ズラのゴールも上手かったですね。
マクギーディの得点はボルツからのロングボール一発→ミラー→マクギーディという流れ。思い切り中盤省略で取った点なので、ちょいとビミョーな気もしますが。

今日はキレてました。いろんな意味で。

ズラは余裕のない状況ほどゴールを決めるということが前節と今節で証明されました。だからスンタンが丁寧なスルーパスを出してもダメなのね、きっと。ということでスンタン、次からズラには「オラオラ!悠長にトラップなんかしてないで、さっさと蹴りやがれ!」というギリギリのパスを出しましょう。その方が決めてくれるかもしれないよ。マジで。(笑)

この調子でゴール量産だー!

トサカ野郎は久しぶりに使ってもらえたけど、スンタンが抜けた後のピッチはカオス状態でアピールするのは難しかったでしょうね。今日のあの短い起用で判断されちゃうのかしら・・・。今後も出場機会を与えてもらえるといいのですが。
俊輔 | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。