FC2ブログ
2006/11/05

ハーツ戦 劇的な逆転勝利!

セルティック2-1ハーツ
得点者:後半27分 ヴェリツカ、後半41分 ヤロシク、後半50分 O.G.

美しい太ももですこと・・・

前半グダグダだったので眠気に勝てず寝ちゃいました。みんな連戦で動きが重いし(スンタンとミラーはよく動いていた)、点が入る気配がなかったし、ズラはまたスンタンの絶妙なパスを外しやがったし・・・。
今日になって続きを見たけど、後半になっても依然としてグダグダ。もう観るのを止めようかと思ったら、待ちに待ったヤン様の投入(ズラout)。

ヤン様、お帰りなさいませ~ m(_ _)m←三つ指ついてお出迎え

ヤン様は怪奇映画で主役張れる面構えですよね。フランケンシュタインでも狼男でもドラキュラでもいけると思うわ。うん。
強面ヤン様の投入でスタジアムは沸いたけど、その後もグダグダであることに変わりはなく、後半27分にはテルファー→レノンのボールをカットされてヴェリツカがセルティックDFを難なくかわしてゴール。レノンはハーツ戦で必ずやらかすと実況解説陣にも笑われておりました。笑い話で済む問題じゃない気もしますが。

失点後にヤロシクin、スノoutで俄然気分が盛り上がってくる私。ヤン様とヤロシクが同じピッチにいたら、また何かが起こりそうよ~♪
更にマロニーちゃんin、マクギーディoutで流れがようやくセルティックに。

こっちの太もももなかなか・・・

後半41分、スンタンの左CK。ヤロシクには密着マークがついていたけれど、マークを引きずり倒れこみながら頭でしっかり合わせて同点弾!
ヤロシク偉い!いいボールを蹴ったスンタンも偉い!!!

その1分後。ゴール正面からのFK。スンタンの蹴ったボールはニアのギリギリのところに飛んでいくも、ハーツGKゴードンが右手指先で弾くファインセーブ!
惜しくも決まらなかったけど、ベンフィカ戦からスンタンのプレースキックの精度は抜群です。次のCLマンU戦までこの調子をキープしてくださいませ。

試合終了間際のロスタイム4分、またしてもスンタンの左CK。ヤロシクが競ったこぼれ球をコールドウェルが体勢を崩しながらも粘って粘ってマクマナスにパス。マクマナスのシュートをGKゴードンが足で弾くものの、ボールはゴール方向に高く舞い上がり、慌ててキャッチしようとしたゴードンがなんとファンブル。無残にもボールはゴールに吸い込まれていきましたとさ。ここまで素晴らしいパフォーマンスを披露していたゴードンの痛恨のオウンゴールでセルティックがラッキーな逆転。ゴール前で正座して、がっくり肩を落とすゴードン。ご愁傷様でございます。ちょっと可哀想過ぎて笑う気にはなれません。
ここで代わりにスタンド観戦しているハーツのノマノフ・オーナーの青ざめた顔をアップで抜いてくれたら完璧だったのに(このオッサンを笑うこといついては、これっぽっちも心が痛みまへん)。まったく気の利かないカメラですこと。

ヤン様、こわ~い

しっかしハーツがスンタンのCKでドラマチックに逆転されたのは、これで2回目ですよ。トラウマになっちゃってるかもしれませんね。二度あることは三度あるということで、次もスンタンやっちゃっていいわよ♪
正直ハーツの決定力の無さと運に助けられた試合で、面白かったのは最後の15分だけだけど、これでベンフィカ戦の敗戦ショックから立ち直れるならまあいいでしょう。コールドウェルは逆転弾に繋がるお仕事したんだから、もう気にするなよー。
週中日にカップ戦がありますけど、もちろんスンタン始め主力は休ませてくださいますわよね。<ストラカン監督
特に老体レノンは電池切れ寸前ですんで、1試合といわず3試合くらい休ませてください。あんなパフォーマンスでピッチに立たれたら迷惑です。グラベセンが回復したようですし、試合感を取り戻すためにガンガン使ってやってくださいまし。
俊輔 | Trackback(0)