FC2ブログ
2006/11/03

CLグループリーグ第4節ベンフィカvsセルティック

ベンフィカ3-0セルティック
得点者:前半10分O.G.、前半22分 ヌノ・ゴメス、後半31分 アンドレイ・カリャカ

Benfica: Quim, Nelson, Luisao, Ricardo Rocha, Leo, Petit (Beto 84), Karagounis, Nuno Assis, Simao, Nuno Gomes (Mantorras 88), Miccoli (Karyaka 67).
Subs Not Used: Moretto, Anderson, Miguelito, Paulo Jorge.
Celtic: Boruc, Telfer, Caldwell, McManus, Naylor, Nakamura, Sno (Zurawski 71), Lennon, Pearson, Maloney (McGeady 64), Miller.
Subs Not Used: Marshall, Balde, Riordan, Jarosik, O'Dea.
Booked: Sno, Maloney, Pearson.
Ref: Kyros Vassaras (Greece).

酒断ちが3日間では少なすぎたようで・・・。
つーか、やっぱヤン様がいないとどうにもならないようで・・・。

ヤン様、カンバーック!!!

どうしようもない試合内容でした・・・

試合前に鷹が舞うエスタディオ・ダ・ルス。ベンフィカ・サポの応援のスタイルはセリエみたいでした。
イケメン好きの私とてはヌーノゴメスの美しさを堪能できてご満悦。ゴールもしちゃいましたしね。

ピッチに美形がいるだけで幸せな私

この試合で一番いいプレーをしていたのはネルソンでした。ベンフィカはもう少し不調でいて欲しかったなあ・・・。

彼はこの試合効いていましたね~

セルティックはどうしてピアソンが先発だったんでしょう。ピアソンがフラフラしていて左サイドを使われまくりで、シワ寄せがコールドウェルに行っちゃったと思うんですけど。2失点に絡んでしまったコールドウェルのメンタルが心配です・・・。

早く気持ちを切り替えてね

しかしセルティックはアウェイに弱いとは聞いていましたけど、ほんま筋金入りの内弁慶ですな。
これだけ中盤を作れないとパスを回せないから放り込みになるわけですけど、高さがないから競り勝てないし、こぼれ球を拾われまくって悪循環。今日はピアソンじゃなくてヤロシクの方が良かったんじゃないでしょうか。巧さではヤン様に遥か及びませんが、とりあえず前線でターゲットになる、潰されてFK、PKをスンタンにプレゼント。こっちの方が可能性があったような。今日のスンタン、プレースキックの精度は良かったですものね。
それにしても腹立つくらい左サイドに攻撃が偏っていて俊ファンとしてはイライラするゲーム展開でした。もっとスンタンにボール預けろよ、おめーら。アウェイでも冷静にプレーできていたのは中盤ではスンタンだけだったんだからさ。ブツブツ。
後半は劣勢を巻き返すためにガンガン行かなくちゃいけなかったのに、セルティックの選手たちは明らかに運動量が落ちていました。リーグ戦で主力を温存しなかったツケが回ってきたのでは?<ストラカン監督

驚くことにマンUがアウェイでコペンハーゲンに負けたので、グループFは混戦状態。まあ考えようによっては最終戦まで息詰まる熱戦を楽しめるということで悪いことじゃありませんよね。スンタンも本気の勝負を1戦でも長く続けることを望んでいるでしょうし。
まだセルティックのGL突破の可能性は消えたわけじゃないので、次のホームのマンU戦は監督も選手も死ぬ気で戦って欲しいと思います。
俊輔 | Trackback(0)