--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/11/02

三日目⑤:パレデスの笑顔さえあればいいの・・・

居残り練習で最後まで残っていたビアンキ、ビオンディーニ、ミッシローリら若い子ちゃんたちが引き上げ始めたので、クラブハウスの前に場所を移しカメラを握り締めて選手が出てくるのを待つ。今日の出待ちは昨日の7割弱くらい。30人位かな。
「今日は写真?全員と?」と半袖オジサン。昨日は全員と答えて失敗したから同じ轍は踏まないぞ。一番大事な人を先に伝えておかなくちゃ。

「ミステルよ、ミステル!絶対にミステルと一緒に撮るの!!!」 ←思い切り日本語

オジサンは私の迫力にたじろぎながら「選手は?」と聞いてきた。
「アモルーゾ」とだけ答える私。とりあえず今まで2ショットを撮ったことがない選手の中で絶対に外せないのはアモルーゾよね。昨日の様子だとランザーロとビアンキは自分から寄ってきそうだから半袖オジサンに頼まなくても大丈夫だろうし、あとは自力で捕まえるからいいや。
実はこの甘い見通しが原因で、この直後に大量の2ショット撮影機会を逃すこととなる。
どういうことかと言うと、一気に選手たちが出てきたのだ。コッツァを先頭にフランチェスキーニ、ヴィジャーニ、ルカレッリ、パヴァリーニ、カンナルサ、カロッビオの7人が。当然のことながら、門の前で待ち構えていたファンは瞬時に狙いを定められずに騒然となった。

ねえコッツァ、早く帰るためにファンを分散させようと画策したでしょ?

だって、コッツァはフフフーン♪という表情なんだもん。←どんな表情かなんとなく分かるでしょ?
とりえあえずコッツァはスルーするとして(←おい)、ここはやっぱりお気に入りのフラ君をゲットすべきかしら。で、でも、フラ君たら今日も目の下にクマを作ってドヨーンとしているわ。こりゃダメだ。ごめんフラ君、今年はパスするわね。
うーん、ヴィジャーニにしようかルカレッリにしようか。いや、やっぱりここはパヴァリーニよね。パヴァリーニは去年も会えなかったし、昨日も会えなかったんだもの。ということで、パヴァリーニに狙いを定め、パヴァリーニを囲むファンの少し後ろで順番待ちの体勢に入った。そして、いよいよ次は自分だという時になって、門から出てこようとしている新しい人影が目の端に入った。門の前は選手7人にファンが群がって軽いパニック状態。誰もその人に気づいていないし、その人も誰にも気づかれないように体を半身にして、静かに、ひっそりと門柱と鉄柵の隙間から体を滑り出させてきた。

あーーー!!パ、パ、パレデスだーーー!!!

その瞬間にパヴァリーニのことはきれいさっぱり忘れ去る私。←パヴァリーニごめん!
ストーンウォッシュの色あせたジーンズに紺のTシャツを着たパレデスは、ジーンズのポケットに手を突っ込み、シメシメと言わんばかりに人ごみを横目で見ながら気配を漂わせずに歩いてくる。が、しかし、自分を見つめるジャポネーゼに気がつくと、目を下弦の月にしてニコッと微笑んだ。その途端に頭の中でヒューズが飛んだ。おバカさんみたいにパレデスが歩いてくるのを見つめるだけで足が動かない。パレデスはポッケに手を入れたまま、ゆっくりと、ひっそりと私に近づいてくる。そして、私だけに声が聞こえるところまで接近すると、小さな声で「チャーオ」と囁いた。ヒューズだけじゃなくてネジも3本ぐらい吹っ飛んだ。
「チャ、チャーオ・・・」
これまたおバカさんみたいにオウム返しをする私。もうダメ。サインも欲しかったし、2ショットも撮りたかったんだけど、両方ともできなかった。W杯で頑張ってくださいと伝えたかったのに、もちろんそれもできなかった。
脳天が痺れて動けない私に微笑を向けたまま、体は行き過ぎても首を後ろに向けて、下弦の月のような眼差しを私に残したまま、パレデスはゆっくりと歩み去った。そのまま呆然とパレデスのセクシーな後姿を見送る私。
いいの。サインも2ショットもいらないの。パレデスが私だけに囁いてくれたというこのステキな思い出だけで、この先3年間は一人でニマニマしながら生きていけるわ。←それってただの危ない人では?
ということで、いつまでもパレデスの背中を見つめていたせいで、パレデスだけでなく7人全員の2ショットの機会を逃してしまった。今思うと、パヴァリーニとだけは撮っておきたかったなあ。まさか翌シーズン居なくなるとは思わなかったからさ・・・。(涙)
南イタリア遠征記2006 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
サイン
観戦記楽しみにしてますよ。
サイン、もうここ数年まったく欲しくはならないのですが、昔は欲しかったなあ。
新潟ではJ2時代、出場停止になった選手は試合前にサイン会をするきまりになっていて、氏原選手(元新潟、現モンテディオ山形、元U-19日本代表候補)が「あーあ」って顔しながらサインしていたのを覚えています。
この前F越選手にサインもらっておけばよかったなあ。
収集癖
reoさん、いつもコメントありがとうございます。
氏原選手はファンサは好きじゃないのかな?(笑)
俊輔も日本にいた頃は愛想良くなかったらしいけど。

私の場合サインが欲しいというよりも、サインや2ショットをお願いする際の選手とのやり取りが楽しかったり、短いやり取りの間ににじみ出てくる選手の人柄を観察するのが好きだったりします。

あとですね、私って収集癖があって、1年ちょっと前までは俊輔のトレカ収集に凝ってました。今はトレカ収集熱が醒めてしまって、今まで集めたコレクションをレッジョの俊輔ファンに気前良く配ってきちゃってます。レッジョの人たち(主に子ども)すっごい喜んでくれるから、自分が持っているよりいいかなあと思ったり。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。