FC2ブログ
2006/10/04

三日目①:海岸通りでフットサル大会

5月12日(金)快晴

今日は迷惑かけないように早く朝食を取らなくちゃ。ということで、9時半頃にサロンに行った。え?全然早くないって?私、血圧が超低いもので・・・。
サロンには40代と思しきイタリア人の夫婦が一組いて、マッザーリ発音講座の兄ちゃんと談笑していた。やがてその夫婦が食事を終えて行ってしまうと兄ちゃんが「昨日はサンタガタに行ったんでしょ?どの選手に会えた?」と話しかけてきた。
「ほぼ全員」と答えたが英語の苦手な兄ちゃんには理解できなかったらしく、一昨日の夜チェックインの手続きをしてくれたフロントの男性を通訳に連れてきた。そこからレッジーナ談義に花が咲く。
「日本で人気があるのは誰?」と聞かれたので「パレデス!」と即答。すると二人で「パレデス、グランデ、グランデ~」と親指を立てる。お、さすがパレデス、地元民の評価が高いな。嬉しいぞ♪
「今季加入の選手の中では私はアモルーゾが好き」と言うと、二人は更に笑顔になって「アモルーゾ、グランデ、グランデ~」とノリノリ。アモルーゾも評価高いんだね。今のところチーム得点王だから当然か。
「日本の女の子にはフランチェスキーニも人気あるよ。彼、キュートだから」
私がフラ君の名前を出した途端にマッザーリ発音講座の兄ちゃんが顔を輝かせた。そして何故か、裏方のお爺ちゃんスタッフを連れてきた。このお爺ちゃん、フラ君のファンなのだろうか。
「フランチェスキーニは結婚しているんだよ」と私に教えてくれるお爺ちゃんスタッフ。そんなの知っていますけど?
「それに子どもも生まれたんだ。フランチェスキーニはパパなんだよ」と真剣な顔で私に言い聞かせるお爺ちゃんスタッフ。だから知ってるってば。何でそんなこと釘指すの?まさか私がフラ君を誘惑するとでも???
「メストとデローザも人気あるんだよ」というと、3人で「メスト、グランデ、グランデ~。デローザ、グランデ、グランデ~」と親指を立てる。アハハ。レッジーナの選手は全員グランデなのね。(笑)
「でも、一番グランデなのはコッツァだよ」とお爺ちゃん。ふうん、やっぱり一番人気はコッツァなんだね。因みにお爺ちゃんはモデストは将来ビッグになると予言していた。予言が現実のものとなりますように。

食後の腹ごなしに海岸通りに散歩に出かけた。昨日歩いたときに通り上にフットサルコートを3つ作っていたのが気になっていたのだけど、今日はコートが完成していて子どもの大会が開かれていた。

階段にギャラリーが100人以上いました

ここは半円形のすり鉢状に階段があるので、早速階段に座って観戦開始。すごく面白くて、そのまま2時間くらい見てしまった。みんな子どもなのに驚くくらい巧いんだよね~。この中から未来のジョカトーレが生まれたりするのかしら。

プレーしている子供たちも、ギャラリーもとても賑やかでした

出番を待っている子どもたち。ここはレッジョなのにアドリアーノ率が高い。

アドリアーノのユニはこの日5人以上見かけました

レッジーナの選手のユニを探していたら、懐かしい9番サヴォルディを発見!偽トッティとか言われていたよなあ。今は何処でプレーしているんだろう。

サボルディ以外にレッジーナのユニを見かけなかったのは何故だ?

そして、やる気のないベッカム。(笑)

ベッカムユニはこの子だけ

ちょっと散歩するだけのつもりが昼までずっと炎天下でフットサル観戦してしまって、なんだか首の後ろがすごく熱くなってしまった。涼しい海風が吹いていて暑さが気にならなかったから油断してしまったのだけど、日差しはとんでもなく強かったんだよね。私の日射病との闘いはこの日から火蓋を切ることとなる。
南イタリア遠征記2006 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
「奥さんと子供が居ても構わないわ!」
土地柄か偶然か、レッジョのお子さんたちは黒髪の子が多いですね。


>「フランチェスキーニは結婚しているんだよ」

私も初めてかの地を訪れた時に某ヤバい選手で同じことを散々言われました。それも真剣に。
そんなん別にどうでもいいじゃん、て「non importa」言ったら、おっちゃんたち大喜びしてましたねぇ。
そういうつもりで言ったんじゃないんですけどねぇ…。
私も構わない!!!
レッジョは大人も黒髪が多いような気がします。
北に行くと金髪が増えるのかしらん。

わはは。板貫さんも真剣に心配されたんですね。(笑)
これって何なんでしょうね。選手が結婚しているのを知らずに夢中になって問題を起こす一途なイタリア娘が多いんでしょうか。それで「わざわざ日本から来るんだから、この子は相当思いつめているに違いない」と心配されちゃってるのかしら?

>「non importa」

「私には妻も子どももいるんだよ」とマッツァーリ監督に言われたら、このセリフを言おうと思います。
そんなシチュエーション、まず一生ないでしょうけど。(爆)
じゃあなにかい、
好きな選手が未婚だったら結婚していいのか??って、カンジですよね(笑)

しかし、そういう年頃の女が行くとそんな扱いなんでしょうか(汗)

>「私には妻も子どももいるんだよ」

と言われるよりも、「貴方には奥さんも子どももいるでしょ?」と言ってやらなきゃいかんシチュエーションの方がきっと多いことでしょう。

マッツァーリ監督は紳士ですね。さすが元エンポリの選手(笑)
ですよねえ
例えば「ミッシローリ君が好き!」と言ったら取り持ってくれるのだろうか。
今度試してみようかな。←やめなさい

>「貴方には奥さんも子どももいるでしょ?」

はいはい。向こうのオッサンはそんなんばっかりでした。
元エンポリの選手だからかどうかは分かりませんが(笑)マッツァーリ監督は悲しいくらい完璧な紳士です。まあ、だからこそ私も安心して監督大好き光線をMAXにできるんですけど。
あ~早く今年の遭遇エピソードを書いて自慢した~い。(笑)

管理者のみに表示