--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/26

レッジーナ、イタリア杯3回戦へ進出!

ちょっと古い話ですみません。例の不正疑惑の判決の件でうろたえていたため、判決直前の8月12日に行われたシーズン前最後の練習試合Rieti戦(読み方はリエティでいいのだろうか)の報告をするのを忘れていました。 この試合のスタメンは以下の通りです。

Pelizzoli (1'st Campagnolo), Lanzaro (1'st Cannarsa), De Rosa (15'st Giosa), Lucarelli (32'pt Aronica), Mesto (22'st Barillà), Biondini, Amerini (7'st Esteves), Tedesco, Modesto, Leon (15'st Missiroli), Bianchi (1'st Amoruso).

出番がなかったのはカロッビオだけで、たくさんの選手を試していますね。
この試合は前半3分にレオンのCKからルカレッリのゴール、後半ロスタイムのアモルーゾのゴールでレッジーナが0-2で勝っています。
単なる練習試合だしスルーしてもよかったんですけどね、この写真見つけちゃったので、どうしても貼りたくて(笑)。またベンチで吸ってますよ、マツ監督。

相変わらずベンチで吸ってます

実はこっちの方がツボにはまったんですけど。。。(爆)
いやあ、いつも和ませてくれる人だわ。この写真見て和んでるのは私だけかもしれないけど。

往年のロックスターみたい?

さて、勝ち点-15を言い渡されたレッジーナにとって唯一の希望であるコッパ・イタリア2回戦の結果ですが、、、やりました!レッジーナはイタリア杯3回戦進出を決めました!!!\(^o^)/
スポナビだけがこの試合を扱ってくれたのですが、タイトルが間違えています。「レッジーナ、クロトーネに1点差勝利=コッパ・イタリア」となっていますけど、今回対戦したのはクレモネーゼで、3回戦で当たるのがクロトーネです。あっ、もしかしてこれはレッジーナが3回戦も勝つという神の予言かしら?(笑)
レッジーナの出場選手は以下の通りです。

Pelizzoli, Aronica, De Rosa (c), Lucarelli, Mesto, Esteves (14'st Bianchi), Amerini (44'st Barilla), Biondini, Modesto, Leon (40'st Missiroli), Amoruso.
Campagnolo, Lanzaro, Giosa, Carobbioはベンチで出番がありませんでした。

この記事にもあるようにレジは前半から押していたにもかかわらず、なかなか点を奪えなかったようですが、マツ監督は「ゴールが遅すぎたけど我々はまだ70%だからいいんだよ」とコメントしています。

この試合の唯一の得点者はモデスト。嬉しい嬉しいセリエA初ゴールです。おめでとう、モデスト!
「僕の初ゴールが、チームが3回戦へ進むための非常に貴重でエキサイティングなゴールとなって幸せだ」と自身の初ゴールについてレッジーナOHPで喜びの会見をしています。また、モデストはクロトーネで生まれたので「クロトーネと対戦できるのが嬉しくてたまらない。とても興奮しているよ。親戚や友達がたくさん観に来るだろうし、僕にとって特別な趣のあるゲームになると思う」と、次戦をとても楽しみにしています。それと「僕らは結果を求め、自分たちのベストを出せるよう監督の指示を実行しようと頑張っているんだ」なんてことも言っていました。昨季最も成長した選手の一人ですし、今季も期待しているぞ、モデスト。

引き続き成長して欲しいモデスト

モデストの得点の起点となったのがレオンのCKでした。今季プレースキックを任されるのは彼なんでしょうか。02-03シーズンはスンタンのFKを横取りして、スンタンにこっぴどく怒られたりしていましたよね。今季はコッツァもいないし、君が頼りだぞ。頑張れレオン!

レオンがプレースキックを担当しているらしい

この試合の写真で一番面白かったのがこれ。相手選手のパンツを脱がそうとしているアモルーゾ。

パンツ脱がせてどうするの?

あまりに色が黒すぎて、いったいどこの国の人かしらと考えちゃいましたよ。パンツの17の文字がなければアモルーゾだと気が付きませんでした。どこでこんなに黒光りするまで焼いてきたのでしょうか。なにはともあれ、充実したヴァカンスを過ごしたようで良かったです。

3回戦は明日です。今季セリエAに昇格し、大規模な補強を行ったトリノを破ったクロトーネが相手です。
マツ監督はとても警戒していますが「日曜の試合はいつもと同じように不屈さを持って戦う」とコメント。
モデストも「コッパ・イタリアはいつも罠がたくさん潜んでいるから対戦相手がどこだろうと注意が必要だよ。彼らはトリノを下してノッているし、モチベーションも高い。とても激しいゲームになるだろう」と予想。
メスト君も「プレシーズンマッチでは下のカテゴリーのチーム相手に苦戦する可能性もある。彼らは僕らとは異なるモチベーションを持って戦っている。それにフィジカルコンディションも上げている最中だしね。トリノがいい例だよ」と言っています。そして「僕らはオートマチズムを向上させているところだ。親善試合のプロヴァスト戦の頃に比べたらレッジーナは良くなっていると信じている。僕らは成長している。いい準備をしているよ」とも。
どうか3回戦も勝利して、このまま勝ち進めますように。(祈)

最後にレッジーナが上訴したことをお知らせしておきます。
「レッジーナが上訴=イタリア・サッカー不正問題」
そろそろ判決が出る頃なんですけど、まだ発表されません。少しでも勝ち点のマイナスが少なくなるといいのですが・・・。
今週のマッツァーリ | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。