FC2ブログ
2006/07/08

二日目①:レッジョのビーチは早くも夏支度

5月11日(木)快晴

泥のような眠りから目覚めたのは朝の9時半過ぎ。窓を開けると強烈な日差しが差し込んできた。バルコニーから眺める景色は去年とまったく同じで、なんだかすごくホッとする。

交通量はかなり多い


道路の向こうは海

ダラダラと支度をしていたら10時半を回ってしまった。ヤバイ!朝ごはん、まだ食べられるかしら。慌てて1階のサロンに下りていったが誰もいない。ハム類もジュースもフルーツも全て片付けられた後だった。あーあ、遅かったか。ガックリ肩を落としたその時、背後から聞き覚えのある声が・・・。「ボンジョルノ!」という元気な挨拶に振り返ると、そこにいたのは忘れもしないマッザーリ発音講座の兄ちゃん。おお、今年も会えて嬉しいぞ!(笑)
兄ちゃんの隣には初めて見る化粧の濃い赤毛のムチムチした姉ちゃんがいて、二人して私のためにカフェラテとブリオッシュだけの簡単な朝食を用意してくれた。時間外なのに二人ともちっとも嫌な顔をしない。ありがたいなあ。遅く来ても朝食にはあり付けるみたいだけど、明日はもっと早く起きなくちゃ。

朝食後、フロントにルチアがいたので日本から持ってきたお土産(着物柄の巾着袋&ちりめんのウサギのマスコット)を渡した。
「ワーオ!どうして私にこんなに良くしてくれるの?」と大喜びのルチア。
だって、去年とっても親切にしてくれたから。今年もよろしくね。お願いよ。

サンタガタ練習場に行く前にレッジーナのオフィシャル・ユニホームを買わないといけないので(監督と選手たちにサインしてもらうため)、日焼け止めをたっぷり塗って外に出た。レッジョの海は今年も眩いばかりの青だ。

真っ青な海


遊歩道をお散歩中のカップル

しばらく海岸通りを歩いていたら、ビーチパラソルがたくさん並んでいる箇所に出くわした。去年来たときはこんなのなかったぞ。まだ5月だというのに(気温は既に真夏並だけど)今年は早くも夏支度を始めているのだろうか。ここだけ見たら、まるでどこかの高級リゾートみたい。青いパラソルと青い海がとっても涼しげ。

青い海と青いパラソル


パラソルはたくさんあるけど、水着の姉ちゃんは一人だけ

その先には更衣室らしきものや、ドリンクバーらしきものを建設中。壁面は青で統一されている。真夏に来たら楽しそうだなあ。まあセリエが開幕していないときに来る気はないけどさ。(笑)

壁面も海と同じ深い青

南イタリア遠征記2006 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示