--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/06/28

イタリアvsオーストラリア雑感

私、ビドゥカの顔を見るたびに気持悪くて仕方ないんですけど。

あなたに似た人は誰なの?

いえ、ビドゥカの顔が気持ち悪いんじゃなくて、誰かに似ているのに思い出せなくて気持悪いんです。有名人で似ている人がいるのか、個人的な知り合いに似ている人がいるのか・・・。思い出せないうちにオーストラリア敗退しちゃいました。このままずっと思い出せないままなのかしら。うーん、気持悪いな~。

イタリアはオーストラリアに終始苦しめられながらも、ロスタイムにトッティ玉子がPKを決めて劇的な勝利。すんごいプレッシャーがかかったでしょうに、よく決めました。かっこいいぞ、トッティ。
なんか、今日の主審の判定は「?」なことが多かった気がしますが、まあイタリアが勝ったからいいや。
トッティ玉子のおしゃぶりパフォーマンスは、セリエA第20節のローマ×レッジーナを思い出して、ちょっと嫌な気持ちになりかけたレジサポの私です。(笑)

プレッシャーに負けずPKを決めた玉子

ところで、ルカトニはどうしちゃったんでしょう。呪いにでもかかっているようにゴールが決まりません。私の同僚が今大会得点王をルカトニに賭けているので青ざめています。早いとこ御祓いにでも行ってきてください。

早くゴールを量産してくれ~

イタリアとの因縁の対決に敗れたヒディングですけど、いつでも、どこでも、本当にいい仕事しますね。次の大会はヒディングに率いられたロシアが大躍進するのでしょうか。4年後が楽しみです。

ヒディングマジックもここまで


昨日はイングランドvsエクアドルを観たけど、糞つまらない試合でした。なんなんですか、イングランドのあの放り込み一辺倒のサッカーは。今時セリエのプロビンチャのチームだって、あんなつまらんサッカーはしませんことよ。イングランド史上最高の才能を擁したチームと言われているのに、あんなサッカーしていていいんですかねえ。
その他サッカー | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。