--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/06/19

クロアチア戦から一夜明けて

ドイツ紙
GK川口には「何度も止めた英雄」と絶賛(ビルト)
FW柳沢が決定機を逃した場面について「元ドイツ監督のフェラー氏なら、ギプスをしてでも得点できた」(ビルト)
「中村をはじめ、MFはそろって攻撃力不足。ボールは持っていても、実際に生かせない」(キッカー)

クロアチア紙
「中心は中田英だった」(スポルツケ・ノボスチ)
「日本の中盤は素晴らしかった。問題は良いFWがいないこと」(ベチェルニ・リスト)
「青いサムライのカウンター攻撃は速く、危険だったとしたが、シュートの集中力と技術を欠いた」(ビエスニク)

イタリア紙
「かわいそうなジーコ。中村以外は才能のないチームの監督に当たってしまった。しかも最後の希望は母国との対戦にかかっている」(コリエレ・デロ・スポルト)
「攻撃の4人はシュートしようとしない。日本選手はゴール前20メートルで姿を消す」(ガゼッタ・デロ・スポルト)

それぞれの国が持つクロアチア戦での日本代表の印象が少しずつ違っていて面白いです。それにしてもコリエレはスンタン贔屓ですなあ。ビルトのヤナギ評はそこまで言うかと・・・。

帰宅してからブラジルvsオーストラリアを観ようと思ったら、私としたことが録画に失敗していました。(泣)
昼休みに口の悪いサッカー馬鹿の同僚達に聞いた話によると、この試合もロナウドはほとんどの時間が使い物にならない豚の置物状態だったそうで。パレイラ監督、ロナウドを温存なんてしませんよね?日本戦に出しますよね?このまま調子を戻さずに、ずっと豚の置物でいてね~。<ロナウド

スンタンはとりあえず熱が下がったようですね。またぶり返さないといいのですが・・・。どうかブラジル戦は良いコンディションで戦えますように。サッカーを楽しんでいるスンタンを見られますように。(祈)

今度こそ元気になあれ!

私ですね、もう「決勝Tへ進む可能性はゼロじゃない」とか言うの止めました。今の代表に「わずかな可能性に賭けて決勝Tに進め!」って言うのは酷じゃないかなと・・・。ちょっと奇跡でも起こらない限り無理な確率でしょう、決勝Tに進むのは。いえね、別に諦めたわけじゃないんですけど、奇跡なんて起こそうと思って起きるものじゃないし。この4年間の努力を、この4年間の想いを全てぶつけられれば、結果はどうでもいいんじゃないかって考えるようになりました。勝ち点差も得失点差も全て忘れて、無心になってピッチ上で全ての力を出し尽くせば、もうそれだけでいいです。ご褒美に神様が奇跡を起こしてくれたら超ラッキーということで。
「そんな弱気でどうする!」って怒られちゃうかしら・・・。でも私はそういうスタンスでいこうと思います。
俊輔 | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。