--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/06/11

イングランドvsパラグアイ

いったいパレデスの目はどうしちゃったのかしら~とかなり心配しましたが、スタメンにパレデスの名前があって一安心。
晴れ渡った会場は相当気温が上がったようで、暑さに慣れているパラグアイには好条件。中でもレッジョで暮らしているパレデスには、この程度の暑さは屁の河童だったはず。
どうでもいいけど、メキシコ人の主審は整髪剤をこれでもかというくらい使ったテカテカのオールバックで、暑苦しいことこの上なし。

試合はイングランドが開始早々にベッカムのFKからオウンゴールで先制。急に落ちてきたボールが思いがけずガマラの頭に当たっちまったという感じでした。不運じゃ・・・。(泣)
その直後にパラグアイGKビジャルが相手選手との接触で負傷退場。ビジャル、泣いてました・・・。突如投入された控えGKボバディージャは、いきなり間接FKを取られたり、ほんとパラグアイついていません。(泣)
だけど、このまま崩れることはなく持ち直しました。枠には飛ばなかったけど、前半18分のパレデスのシュートがチームメイトに落ち着きをもたらしましたね。前半はイングランドの猛攻をなんとか凌ぎきり、必死に守っているうちに徐々に自分たちのペースを掴んでいきました。

後半パラグアイは暑さで動けなくなったイングランドのゴール前で何度も攻撃を仕掛けるものの、サイドが空いているのに中央突破ばかりで芸がなく、もう少しアイディアがあったらな~とため息の連続。この試合のサンタクルスはダメダメだったけど、ドイツでプレーしているサンタクルスにはこの暑さが堪えたのかしら?もう一人のFWバルデスは90分勢いが落ちずに走り回っておりました。あのスタミナは驚異です。攻撃面ではこの子とパレデスしか目立っていませんでしたね。エンジンのかからないイングランド相手に引き分け以上に持ち込めたかもしれないゲームだっただけに、選手たちはとても悔しい思いをしていることでしょう。
結局イングランドがオウンゴールで得た虎の子の1点を守りきったという、イングランドサポにとってはストレスの溜まる詰らんゲームとなりました。一方、パラグアイサポにとっては、チャンスを物に出来なくてもどかしいゲームでした。つーか、少ないチャンスで得た1点を守りきるというゲームプランはパラグアイの十八番であって、こういう逆の展開はパラグアイは苦手なんですけど。(笑)

しかし、パレデスウォッチャーの私にとっては久々に元気なパレデスを90分見られて至福の時でございました。いや~、良かったですね~、パレデス。遺憾なくやんちゃ振りを発揮して、攻守に渡って体を張って頑張っておりました。
個人的に一番ツボだったのは、前半終了間際のパラグアイのチャンスシーン。
サンタクルスのクロスをバルデスが落とし、そこに果敢に飛び込んだパレデス。しかし、パレデスはボールと一緒に相手DFを蹴っちまったようで、倒れて右手を上げて「痛いよー!」とアピールするも、こぼれ球が味方に渡ったと見ると何事もなかったかの様に平然と立ち上がります。おい(笑)。しかし、バルデスのシュートが外れると再び倒れこんで「やっぱり、痛いよー!」と足を押さえて七転八倒。会場のイングランドサポからブーイングを浴びていました。(爆)
今季のレッジーナの中で一番高値で売れそうな選手なので、フォーティ会長も息を飲んで見守っていたことでしょう(笑)。レッジーナOHPでは、パレデスが良かったにも関わらず開始3分のガマラの不運なオウンゴールで試合が決まっちまったよ~と伝えております。残り2戦ではフォーティ会長が電卓片手に狂喜乱舞するような活躍を見せて、パラグアイをグループリーグ突破させて欲しいです。頑張れパレデス!!

日本のスポ新はベッカムを持ち上げる記事ばかりでパラグアイの立場から書いた記事がほとんどないのですが、その数少ない記事の一つ(中日新聞)を貼っておきます。

では、全国2万人のパレデスファンの皆様(←そんなにいないだろ)、最後にパレデス写真館をお楽しみください。写真は主にライブドアスポーツから頂いてまいりました。

ちょっと笑えます・・・


どりゃ~~~!!!


どりゃ~~~!!!その2


どりゃ~~~!!!その3


どりゃ~~~!!!その4

その他サッカー | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。