--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/24

南イタリア遠征記2005インデックス

南イタリア遠征記2005のインデックスを作りました。右側にあるリンク集に入れておきます。
「スンタンとの遭遇エピソードをもう一度読みたいわ~」とか「パレデスの男前な写真をもう一度拝みたーい!」と思っても、ブログって過去の記事を探し出すのが結構面倒ですよね。作者としては読者の皆さんに何度でも読んでいただきたいので、簡単に振り返れるように全てのエントリーのリンクを貼りました。どうぞ読みたいタイトルをクリックして、それぞれのエントリーに飛んでくださいませ。
リンクに間違いを発見した場合はコメント欄にてお知らせください。

プロローグ:マルタ島の夢破れる

一日目①:成田→レッジョ
一日目②:ホテル・ルンゴマーレ

二日目①:リパリ島行きのフェリー乗り場はどこ?
二日目②:マッツァーリではなくマッザーリ
二日目③:チケットが売ってない!
二日目④:準備完了!あとは俊輔に会いに行くだけ
二日目⑤:陽気なタクシードライバー
二日目⑥:突然の練習中止
二日目⑦:タクシー呼んでよ・・・
二日目⑧:イタリア男の優しさに大感激
二日目⑨:著作権に目覚めたレッジーナ?
二日目⑩:日本語が部分的に文字化けするネットカフェ
二日目⑪:「LE PALME」でディナー

三日目①:頭はいいけど不細工な監督?!
三日目②:イタリア人は不倫の恋がお好き
三日目③:空飛ぶフェリー
三日目④:ホテル・カラスコ
三日目⑤:この街は迷路
三日目⑥:ディナーは夜の海に包まれて

四日目①:テラスで朝ごはん&お庭散策
四日目②:丘の上の古代都市
四日目③:雨の午後
四日目④:陽性スケベのトルコ人

五日目①:釣り船貸切クルーズ
五日目②:硫黄の臭いがたちこめる島
五日目③:泥温泉でお肌すべすべ?
五日目④:岩場でスタントマン気分を味わう
五日目⑤:『Filippino』でフィーゴに給仕される
五日目⑥:今宵も陽性スケベのトルコ人

六日目①:再びレッジョへ
六日目②:街中で記者さんたちと遭遇
六日目③:再びサンタガタへ
六日目④:意外と二枚目なコルッチ&突然現れた俊輔
六日目⑤:むちゃくちゃ明るいボナッツォーリ
六日目⑥:報知の白田さんとの会話その1
六日目⑦:報知の白田さんとの会話その2
六日目⑧:日刊の佐藤さんとスポニチの神尾さん
六日目⑨:面白かったセットプレーの練習
六日目⑩:あどけない天使ボウディアンスキー
六日目⑪:居残り練習の風景
六日目⑫:監督の大きな手
六日目⑬:とっても変な子ミッシローリ
六日目⑭:大人っぽくなったメスト&かわゆいフランチェスキーニ
六日目⑮:かっこよかったデローザ&流し目ボリエッロ
六日目⑯:俊輔の香り2005
六日目⑰:やっと会えたパレデス&小柄なエステベス&フレンドリーなバレストリ
六日目⑱:用心棒ソビエロ&陽気なモザルト&正体不明の選手たち
六日目⑲:俊輔フィギュア大好評
六日目⑳:声の主はコルッチ?

七日目①:超不愉快なナンパ男
七日目②:スタジアムの外でサポ同士の小競り合い
七日目③:レッジーナのマッチデー・プログラム
七日目④:試合前の練習の風景
七日目⑤:空いてる席が私の席?オレステグラニッロの観戦ルール
七日目⑥:レッジーナvsレッチェ キックオフ直前
七日目⑦:レッジーナvsレッチェ前半 俊輔を殴ったのは誰だ?
七日目⑧:ハーフタイムは俊輔フィギュア争奪戦
七日目⑨:レッジーナvsレッチェ後半 ひたすらパス回しの45分
七日目⑩:やっと手に入れたレッジーナの集合写真
七日目⑪:約束をすっぽかした仕返し

八日目①:シッラの他に行きたかった場所
八日目②:崖の上のカステッロ
八日目③:ヤナギサーワ、スシ・ヴォーノ!
八日目④:水上レストランで絶品うにパスタを食す
八日目⑤:シッラの路地
八日目⑥:最後の夜

九日目:俊輔と一緒に帰るはずだったのに・・・

番外編その1:Thank you for everything.
番外編その2:私にとって中村俊輔とは
南イタリア遠征記2005 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
お帰りなさい!
楽しそうなお土産話が、きっと一杯聞かせていただけるんでしょうね。
インデックス、ありがとうございます。
どの選手も懐かしい~~~
バデレスは、W杯でしっかりと応援します。
マツ監督は、一段と評価を上げてるでしょうね。
男ぶりも”☆3つ~”でしたか?

はい!いっぱい聞かせますよ!
あいちゃんママさん、こんばんは~。
今年の遠征記は今週末から書き始めますので、もう少々お待ちを。到着して翌日いきなりサンタガタですから、そんなに長いこと待たなくても監督&選手の写真とエピソードを楽しめますよ~。あ、ついでに会長も。(笑)

マツ監督は評価と男ぶりが一気に上がっていて、イタリアマダムに大人気でした。去年はみんな「はあ?監督が好き?なんで?!」という反応だったのにさ。ぶつぶつ。

パレデスも頑張って欲しいですね。ドイツでスンタンとパレデスが再会できるといいなあ。

下のエントリーですけど、NANAさん、珍道中報告お待ちしておりま~す。

管理者のみに表示
Trackback
南イタリア南イタリアはイタリアを南北の二つで分けた場合の南側と、北部、中部、南部の三つで分けた場合の南部の二つの意味で用いられるが、主に後者の場合が多い。日本語では厳密に南イタリアに含まれる州が決まっているわけではないが、大抵はイタリアでの区分を踏襲して
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。