--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/02/14

七日目②:スタジアムの外でサポ同士の小競り合い

スタジアムで食べる昼食用のサンドウィッチを買うためにバールに入った。店のお姉さんの対応がとても感じが良くて、さっきまでの不愉快な気分が一気に晴れていく。お姉さん、明るい笑顔をありがとう。

バールを出た後は、とりあえず中央駅で一休み。
明日は列車でシッラまで遊びに行くので、前もって自動販売機で切符を買っておこうと思ったのだ。All About Italyで切符を自動販売機で買う方法を教えてくれていたので、プリントアウトしておいた記事を見ながら早速試してみることにした。
英語の案内に従って(6ヶ国語の中から好きな言語を選べる。残念ながら日本語はない)順調に画面を選択していき、鼻歌交じりに「楽勝だわ~♪」と進んでいったら、意外なところに落とし穴が。実はシッラのスペルが分からなくて目的地を選べなかったのだ。あらららら、超お間抜けな私たち・・・。ちなみに後で調べたところ、シッラのスペルは“SCILLA”だった。Sの次にCが入るのか。情けないけど推測できなかったわ。(汗)

仕方ないので切符は明日列車に乗る前に買うとして、今度は駅構内にあるというネットポイントを探すことに。しかし日曜日なので閉まっているのか、それらしい場所は発見できなかった。あーあ、本日もスポ新チェックできず・・・。
イタリア語が分からないからテレビのスポーツニュースや新聞見ても意味不明だし、日本にいる方がよっぽど俊輔の情報は豊富だったりするのよね。でもまあ、昨日の練習を見た限りでは先発間違いなさそうだし、何も心配することはないかな。汗も引っ込んだことだし、またスタジアム目指して歩き始めるとしましょうか。

スタジアムに近づくにつれ、気合の入ったサポたちの数が増えていく。私たちを見ると「ナカムーラ!」と笑顔で声を掛けてくれる人がたくさんいて楽しい。前を歩いていた7名から成るおじさんとお爺さんのグループは、「ジャポネーゼ?」「ナカムラを見にいくのか?」と話しかけてきたあと、「スタジアムはこっちだよ。ちゃんと後からつきてきなさい」とあれこれ世話を焼いてくる。レッジョは2回目だから道は分かるんだけど、素直に頷いて親切なおじさん&おじいさん達の後ろをついていく。
なんだか歩きながら皆で熱くナカムラ談義に花を咲かせているけど、いったいどんなことを話しているのかしら。「ナカムーラ」以外は内容がほとんど分からないのが残念。でも、こんなに熱心に議論してくれるなんて、ちょっと嬉しいなあ。それだけ今日の試合で期待されているってことだよね。

そうこうしているうちにスタジアムが見えてきた。去年と同じくスタジアム前の広場は大勢の人で賑わっている。
いや、ちょっと去年とは雰囲気が違うぞ。なんか警備員がずらっと並んでいるんですけど?!
すぐに謎は解けた。レッジーナサポとレッチェサポの小競り合いが現在進行形で行われているのだ。双方野次を飛ばして相手を挑発。飛ばすのは野次だけじゃなくて、そのうち空き缶や石まで飛ばし始めた。一触即発の状態になったときに警備員が間に入り、両サポ入り乱れて揉み合いに。

うひゃあ~、本場セリエの乱闘よ~! ←結構喜んでいる

この光景を普通の善良なサポたちが遠巻きにのん気に見学している。ギャラリーはえらいのどかな雰囲気で、あんまり殺伐とした空気は感じられない。これでいいのか、セリエA?(笑)
しばらく乱闘を眺めた後は、出店でレッジーナグッズを物色。今年はレッジーナのキャップを買った。
さて、次はマッチデー・プログラムを手に入れなくちゃ。今年こそ表紙は俊輔だといいなあ。

南イタリア遠征記2005 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。