--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/02/09

パレルモ戦 パレデス鮮やかな同点弾!

パレルモ戦前のプレス・カンファランスでマツ監督は、コンディションの良くないパレデスとアモルーゾが試合に間に合わないかもしれないと心配していました。ところが二人はギリギリで間に合っただけじゃなく、アモルーゾは同点弾をアシスト、パレデスは同点弾を決めるという、とても大きな仕事をやってのけてくれました。
試合レポはワールドサッカープラスを参照ください。

今節はギャラリーにマツ監督の写真がありました~♪
これは試合前のショットでしょうか。穏やかな表情ですね。
ああ、いつも貴方様が握り締めているストップウォッチになりたい・・・。

ストップウォッチになりたい・・・

さて、試合は前半わずか18分にコッツァが右脇腹を痛めて負傷退場。急きょヴィジャーニを投入するという波乱の幕開けとなりました。この写真はピッチを退いた後のものと思われますが、スタッフに脇腹を見せています。コッツァ、もっと思い切りパンツを下げなさい。←こらこら

ちょっと危ないショット?

先制点は前半42分パレルモ。ミケたんの股抜きスルーパスをバローネが豪快に叩き込んでくれました。もうミケたんたら、大人しくしていてって頼んだのに・・・。

しかし前半終了間際にレッジーナが追いつきます。メスト君のCK(コッツァがいないからメスト君が蹴ったんですね)のこぼれ球をデローザ様がこれまた豪快に押し込んでくれました。超人ハルクみたいなポーズを取るデローザ様に真っ先に抱きつくフラ君の笑顔がステキ♪

私もフラ君に抱きつかれたい・・・

後半80分にパレルモの追加点。得点したカラッチョロのゴールパフォは両手をパタパタさせて鳥の真似?あまりにラブリーだったもので、不覚にも萌えてしまいました、私。(汗)

そして1-2のまま試合はロスタイムに。このまま終わってしまうのかと思った92分、土壇場でレッジーナが追いつきます。私はガゼッタ・デロ・スポルトのサイトで速報を追っていたんですけど、真夜中に雄叫びを上げちゃいました。
全国2万人のパレデスファンの皆さん、私たちのパレデスがやってくれましたよ!
途中出場のカロッビオのロングパスをアモルーゾが落として、パレデスが鮮やかなオーバーヘッドゴール!
セリエAハイライトで映像を見ましたけど痺れました。ステキ、ステキ、ステキ!!!
ガゼッタのパレデスの評価は7.5ですよ!すごいぞ!

劇的な同点弾!

ゴール後、Tシャツ姿になって何かを訴えていたパレデス。ライブドア・スポーツによると、ゴールは先日交通事故で片腕をなくしたジュリオ・ゴンザレスに捧げるそうです。この記事読んで泣いちゃいました。パレデスって本当になんて素晴らしい選手なんでしょう。イエローカードは誰にも責められないですよね。マツ監督もきっとパレデスの行為に理解を示してくれたと思います。

「ジュリオ、俺の意思はお前のために」

レッジーナは枠内シュート2本で2得点。なんて効率のいいサッカー。(笑)
今節は土壇場で引き分けて貴重な勝ち点を拾った試合なので、カメラマンも機嫌がよかったらしく楽しい写真が多かったです。このペリッツォーリのサービスショットいいですね~♪毎回こういう写真を載せてくださいませ♪

ムフフフ・・・

次節はアウェイでウディネーゼ戦です。週の中日に開催なので今夜なんですけどね。
負傷退場したコッツァは出られないみたいですが、代わりにキャプテンを任されるであろうパレデスが、この試合も奮起してくれることでしょう。今度こそアウェイ初勝利となりますように。
今週のマッツァーリ | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。