FC2ブログ
2006/01/17

六日目⑯:俊輔の香り2005

ボリエッロに腹を立ててプンプンしていたら、しばらくして俊輔が出てきた。練習後にゆっくり会えるなら、なにも練習前の忙しいときに捕まえなくてもよかったなあ。って、今更言っても仕方ないけど。(笑)

5歳くらいの女の子を連れたお父さんが近寄っていって、娘と一緒に写真を撮って欲しいとお願いすると俊輔は笑顔で快諾。ところが、この女の子は「あたちはいいの」という感じでお父さんの背後に隠れてしまう。イタリア人とは思えない控えめな子だ。「そんなこと言わずに撮ってもらいなさい」という感じで必死に娘を俊輔の隣に立たせようとするお父さん。とっても微笑ましい光景だ。俊輔はそんな女の子の背後に立ち、かがみ込んで両肩に手を乗せ、顔を覗き込みながら何やら話しかけている。はにかんだ表情で俊輔を見上げたあと、カメラに向かって飛び切りの笑顔を向ける女の子。いいなあ。心温まるシーンに癒されまくる私たち。
「子どもが相手だと、俊輔って本当に嬉しそうだね」とIちゃん。
そうなのよね。子どもが相手だと心底楽しそうなのよね。来年は姪っ子を連れてこようかなぁ。いや、マジで。(笑)

レッジョの民に解放された俊輔の元へ歩み寄り「俊輔君、写真お願いしていいですか?」と聞くと、またしても「あ、はい」という返事。うーん、ちょっと違う。「あ」は頭をちょっとのけぞらせながら口を開けるだけで、正確には「あ」と発音していないのかもしれない。そのあと、頭を前に軽く振りながら「はい」と短く返事をする。この仕草が妙にかわいい♪
まず俊輔の私が隣に立ってカメラに笑顔を向けるが「あれ~、シャッターが押せない!」と焦りまくるIちゃん。彼女は私のEos Kiss Digitalをイマイチ使いこなせないのよね・・・。Iちゃんがシャッターと格闘している間に、今年も私は俊輔のフレグランスの香りを嗅ごうとクンクンする。あれ?今年も無臭なんですけど。フレグランスをつけるのやめちゃったの?
写真以外のことに気を取られていたせいか、せっかくの2ショットなのに今年は目をつむってしまった私。(泣)

今年はきりっとしてるでしょ?

さて、次はIちゃんの番だ。ファインダーを覗くと、今年の俊輔はきりっとした表情をしている。去年のほわんとした表情とは大違いだ。やっぱり去年は午前の練習の前に捕まえたから眠かったのね。あれはあれでキュートだったけど♪
参考までに去年の俊輔。

去年のスンタン
私はスムーズにシャッターを押して、無事にIちゃんとの2ショット撮影完了。どうでもいいけど、私との2ショットも、Iちゃんとの2ショットも、全く同じポーズ同じ表情で写っているよ俊輔。(笑)

同じポーズ同じ表情で決めてみました

サービスで俊輔の顔の切抜きでーす。写真はクリックすると大きくなりまーす。隣に余計なものが写っていない方が皆さん嬉しいでしょ?(笑)

アップだぞー

ほぼ同じ顔してるけど違う写真なんだよね

「ありがとうございました!」とお礼を言う私たちに、俊輔は「はい、終わり~♪」という感じのスッキリした顔で軽く会釈すると、荷物をガラガラと引きずりながらバスに向かって歩き始めた。その俊輔を追って記者さんたちがワラワラと集まってくる。話は聞こえないけど機嫌良さそうに受け答えしているぞ。
今年の俊輔は余裕がある。別に愛想のいい笑顔を振りまいているわけじゃないけど、明るくて穏やかで、すごくいい感じ。監督とチームメイトとスタッフに恵まれて、充実したシーズンを送れているんだね。それと子どもが生まれて、今は家族と一緒にレッジョで暮らせていることも大きいんだろうなあ。去年私が俊輔から感じた痛々しさは微塵もない。こういう俊輔に会えて嬉しいよ。2年連続レッジョにやってきた甲斐があったよ。明日のレッチェ戦、スタンドから精一杯応援するから頑張ってね!
南イタリア遠征記2005 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示