--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/01/06

ミラノ編5日目②パルマ×パレルモ観戦記 その2

降格の危機にあるパルマを鼓舞しようとゴール裏では試合前から熱い応援が繰り広げられていた。

ゴール裏のパルマティフォージ

この日私はデジカメを持参するのを忘れた。故に望遠の利かない携帯電話で遠目の写真しか撮れなかったことが非常に心残りである。しかし、こんな遠目の写真でも、左から2番目のチビがジョヴィンコちゃんで、左端のお団子ヘアがバルザレッティであることは容易に判別できると思う。

試合前の両チームの選手たち

「そういえばパストーレいないですよね?」とakiさん。
「ウソだ~、パストーレがいないわけないじゃん」と目を凝らすけど見つけられない私。10列ほど後ろにいるmagoさんも巻き込んで3人で必死にピッチ上にいるはずのパストーレを探すこと数分。

やだー!パストーレが短髪になってるーーー!!!

くりんくりんの黒いロン毛が愛らしかったパストーレはバッサリ髪を切っていた。そりゃあ見つからないわけだ…。どうしたのパストーレちゃん、失恋でもしたの?

一年半という長い時間が経過したため試合内容は曖昧であるが、1点目がとんでもない面白ゴールだったことは何となく記憶している。シリグがやらかしたんだっけ?どう面白かったのか詳細は覚えていないのだけど。←え?
いや、もう、試合経過どうこうよりも、ルカレッリ先発とか、ミランテが負傷退場してパヴァリーニと交替とか、モデストがゴールとか、まるで私のための試合としか思えない展開に狂喜乱舞。神様、元レッジーナの選手を全員ピッチに送り出してくれてありがとう!きっと昨日15分しか試合を見られなかった分を埋め合わせてくれたのね?

パレルモは先制された後はやる気ナッシングという通常運転だった。本当に波が激しいチームだよね。今日は波に乗れない日だったらしい。
パレルモで一番印象に残っているのが、前半私たちの目の前を何度も駆け上がっていったバルザレッティ。湯上り姉さんみたいなうなじからフェロモンをプンプン発散させいて、むせ返るような色香にお腹いっぱいでございましたわ。因みにああいうセクシー系長髪男子は結構好みである。←誰も聞いてない

パルマ快勝でエンニオ・タルディーニの雰囲気はすこぶる良かった。出口に向かっているときに一昨日パルマ練習場で世話になったスタッフのおじちゃんを発見。私を覚えていたらしく満面の笑みで手を振ってくれた。

パルマは試合後の出待ちが簡単である。残念ながらアウェイチームの選手とは接触できないが、パルマの選手は至近距離で拝み放題だ。そこら辺で普通にファンと選手がおしゃべりしている。垣根の低さはレッジーナやエンポリと同じレベルかも知れない。
magoさんはサンプドリア時代から顔を覚えられているミランテにウィンク付の挨拶をされていた。そういや私はレッジーナの選手からウィンクされたことないな…。と思ったら、後日レッジョで思いがけない人からウィンクされて卒倒しそうになるのであった。まあ、その話は置いといて、隠し撮りした選手の写真を何枚かご覧くだされ。
まずは笑っちゃうくらい無防備にあちこちふらついていたザッカルドさん。

いつもゆるゆるのザッカルドさん

大人気だったクレスポ。一気に老けたよね…。

淡々とファンサするクレスポ

同じく人気者のスケコマシガロッパ。

南イタリア2011 239s

こちらはモッローネ。

南イタリア2011 240s

試合後は家族と帰る選手がほとんどで嫁&子どもウォッチングを楽しめるのだが、モデちゃんの子沢山振りには驚いてしまった。4人だっけ、5人だっけ?レッジーナ時代は1人しかいなかったのに、その後ずいぶん子作りに励んだんだね。←余計なお世話だ

なぜかジェノアのアントネッリがいてakiさん大喜び。ジェノアの試合は土曜開催だったので今日はパルマに遊びに来たっぽい。
akiさんにアントネッリとの2ショット撮影を頼まれてカメラを構えたのだが、このときザッカルドが私の横に立っていたそうな。思わずakiさんは自分がカメラを構えようかと思ったくらいザッカルドは私に密着していたらしい。全然気付かなかったわ。ザッカルドさん、私に何か御用でしたの?

レストランが開くまで時間がだいぶあったのでmagoさんとakiさんにパルマの街中を案内してもらった。

南イタリア2011 245s

南イタリア2011 246s

南イタリア2011 251s

南イタリア2011 252s

ディナーはパルマで一番美味しいと評判のコッリエーリでいただいた。パルマといえば生ハムとはいえ、メニューに魚介類が皆無なのに軽く驚く。まあパルマに海はないから当然か。
3人で胃袋がはち切れそうなくらい食べてから私とakiさんはミラノ行きの列車に乗り込んだ。悲しいことにICのチケットが買えず、各駅停車でえらい時間がかかったわさ。

明日私はレッジョへ飛ぶため、akiさんとはミラノ中央駅でお別れ。akiさん、お疲れ様でした!

南北イタリア遠征記2011 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。