FC2ブログ
2006/01/11

監督不在でもフィオレンティーナにドロー

前節退席処分を喰らったマツ監督。今節は自分がベンチに入れないこともあって試合前に非常に弱気なコメントを出していたそうです。ところが、蓋を開けてみれば4位のフィオレンティーナにドローですよ!勝っていてもおかしくない試合でした。
試合経過はワールドサッカープラス(SerieA.jpは吸収されちゃったようです)とスポナビを参照ください。試合後のプランデッリ監督のコメントはこちら
ワールドサッカープラスにあるフォーティ会長のコメントがいいですね。
「クリスマス明けからチームをここまで整えたマッツァーリ監督を褒めたい」
はーい、いっぱい褒めてあげてください。(笑)

午後5時の気温が11℃という暖かいレッジョ。暖かい気温とサポの温かい声援に後押しされて、レッジーナが前半12分に先制します。
コッツァの右CKをヴィジャーニがヘッドで後ろに流し、そのボールをルカレッリがゴール左端に豪快に蹴り込みました。兄ちゃんみたいなゴールでかっこよかったぞ、ルカレッリ!

3人ともGood job!

この写真いいですね。得点したルカレッリとタッチしているフラ君、そして隣で笑っているデローザ様。3バックのDF陣が頑張りました。スカパーの実況&解説によると、今セリエでは3バックは人気ないそうです。結果を出せていないチームはみんな3バックだとか。まあレジは相手によってDFの枚数を変えるんですけど。

早い時間に得点して喜びに沸くオレステグラニッロ。それを見ていた私と母の会話。
私:「でもさあ、先制してもすぐに追いつかれるのがレッジーナなんだよねー」
母:「喜びすぎて気抜くんじゃないぞー!」
そしたらわずか1分後に本当に追いつかれちまいました。これって言霊?(大汗)

この日トーニにマンマークでついていたフランチェスキーニ君ですが、一瞬マークを外してしまってトーニに仕事をさせてしまいます。ロングボールに抜け出したトーニがヘディングでゴール前のヨルゲンセンにパス、それをヨルゲンセンがヘッドで押し込み同点ゴール。フラ君、これ以外はきっちりトーニにへばり付いていて、トーニの動きを封じていたんですけどねえ。残念でした。でも相手チームのキーマンをマンマークするときは、必ずその役を指名されるフラ君。マツ監督の信頼の高さがうかがえます。

前半40分からはレッジーナが怒涛の攻撃を見せたのですが、惜しくも追加点を奪うことが出来ず1-1で前半終了。そして後半は双方チャンスがあったものの決められず、そのまま1-1のドローで試合終了。
実況&解説のお二人は、フィオレンティーナがレッジーナの罠にはまったと言っておりました。試合前にプランデッリ監督も「レッジーナの罠にかからないようにしないと」とコメントしていたそうで。罠ねえ・・・。(笑)
マツ監督の立てた強豪チーム対策を選手たちが愚直なまでに忠実に遂行し、相手チームがイライラして「もう、いや~ん」状態になって調子を崩していく。これがプランデッリ監督の言うレッジーナの罠かしらん。どっぷりレジの罠にはまってしまって試合後も怒りが収まらないようですけど、「聖人でも怒るぞ」とか言われても負け犬の遠吠えにしか聞こえませんよ~だ。プランデッリ監督はこっちの記事でも怒っているけど、レジのファールってそんなに悪質だったかしら?
確かに「ピッチはリングだー!」の武道家パレデスは、今日もハイボールを競ったついでに相手のアバラに蹴りを入れたりしておりましたが。でも、わざとじゃありませんよ。不可抗力だったんです。たぶん。(笑)

可笑しかったのがベンチにいないのに絶大な存在感を示していたマツ監督。スタンドから携帯電話で監督代行のビゴン氏に指示を出していたようです。携帯電話を持つビゴン氏や、ベンチで携帯電話で話しこんでいるレジのスタッフ(相手はマツ監督と思われる)が映し出されたり・・・。面白かったけど、こんな映像を流されちゃて大丈夫なんでしょうか?(汗)
試合序盤に届いた「(マツ監督が)今のところこれでオーケーだとビゴン氏に伝えた」という情報には、実況の田中氏も「これはどういう筋から情報が取れているのか?!」と驚いておりました。本当にどこからこんな情報が入ってくるのでしょう。マツ監督の近くで観戦していた誰かがスパイしていたとか?つーか、試合中マツ監督が携帯で出す指示を間近で聞きながら観戦していた人たち、すっげえ楽しかっただろうなあ。(笑)
それにしても監督代行のビゴン氏は、相変わらず心細そうな顔をしていて頼りなくて・・・。貴方様の顔が映るたびに見ている方は不安になってきます。きっと選手たちも今にも泣きだしそうな貴方様の顔を見るたびに不安になっているに違いありません。今度マツ監督が退席処分を受けたときには、マツ監督のお面を被って仕事されたらいかがでしょう。どうせ指示出しているのもマツ監督なんだし。(笑)

相変わらずといえば、解説の富樫さんのオヤジギャグ。「トーニ谷」とか、笑えませんよねえ・・・。あまりの寒さに実況の方もついていけなくて困っておりました。

そして今週の説教部屋行きは、レジのカメラマン、あなたです。なんですか、スタンド観戦するマツ監督の写真も、試合後ユニ交換に応じて上半身裸になったパレデスの写真もないじゃないですか。ヨダレものの美しい裸体だったのに。来週はファンのニーズに応えた写真をお願いしますよー。って、そんな写真を望んでいるのは私だけか・・・。

さてさて、フィオ相手にドローで勝ち点1をゲットしたレッジーナ。現在の順位は13位。次節は首位をひた走るユベントスと対戦です。来週もスカパー放映があるぞー!今度こそマツ監督を見られるぞー!バンザーイ!\(^o^)/
圧倒的な強さを見せるユーベにどこまで対抗できるか。マツ監督&選手たち、頑張ってね!
今週のマッツァーリ | Trackback(0)