--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/20

ミラノ編4日目①:ベルガモの気まぐれな天気に泣く その1

4月30日(土)晴れ一時豪雨

身支度を済ませて朝食スペースへ行くと満席だった。待っている人までいる。こりゃテーブルに着くまで時間がかかりそうだ。ということで、さっさと諦めてミラノ中央駅へ。駅構内にあるバールというかファストフードみたいな店でブリオッシュとオレンジジュースの朝食セットを取った。店内は比較的空いていて、ゆったり食べることができた。余計な金を使ってしまったけど、まあいいか。
因みにこの時点のミラノの天気は晴れだった。

ミラノ中央駅巨大電光掲示板

11時半にミラノ中央駅の巨大電光掲示板前で昨夜ミラノに到着したakiさんと待ち合わせ。若いので長旅の疲れも無いらしく元気だった。20代っていいなぁ。一方、若くない私は昨夜のいんちき日本食レストランで食べたチラシ寿司がいけなかったのか腹の調子がすこぶる悪かった。
とりあえず自動券売機でベルガモ行きのレジョナーレ(各駅停車)の切符を購入してから昼食用のパニーノと水を調達。列車に乗り込む前に駅の有料トイレ(1ユーロ)で用を足した。

列車は定刻に発車。まもなく聖書の教えを説きながら小銭をせびる物乞いがやってくるが完全無視。こんなんで金を恵んでくれる人がいるんだろうか?
私たちの近くに若い兄ちゃんが二人座っていて、英語でおしゃべりしているのが聞こえてきた。コックニー訛の英語。イギリス人か。この二人もベルガモで降りた。

ミラノ中央駅で用を足してきたものの、腹の調子が悪い私はベルガモ到着と同時にまたトイレに行きたくなる。駅前に小規模なショッピングセンターがあったので入ってみると、2階にそこそこのレベルの有料トイレ(30セント)を発見。ここは使える。

駅前でタクシーを拾い、akiさんがドライバーにスタジアム名を告げるが分かってくれない。『スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア』と何度繰り返しても首をひねるばかり。私が「カルチョ!」と言うと「ああ!カルチョを観にいくのか!」と分かってくれた。このドライバーはイタリア人なのにサッカーに全く興味がないそうだ。興味なくてもタクシードライバーとしてスタジアムの名前くらい覚えておけっつーの。プロ失格だぞ。
因みにこの時点のベルガモの天気は雲が多いものの晴れていた。

スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア外観

このスタジアムを訪れるのが二度目のakiさんは迷うことなくチケットブースへ直行。ちょうど5~6人の赤ら顔のオジサンたち(ドイツ人かしら?)が英語でチケットを購入してるところだった。アルビノレッフェ対レッジーナなどという超マイナーな試合を観戦する外国人が私たち以外にいることに軽く驚く。
チケットブースのお兄さんは英語がペラペラだった。奮発してメインスタンドの一番高い席をゲット。80ユーロの席が女性割引で50ユーロだった。この50ユーロのチケットが思いのほか高い買い物となることを、このときの私たちはまだ知らない。

「レッジーナの選手はもうスタジアム入りしちゃったんでしょうかねえ」
二人してレッジーナのチームバスの進入ルートを探すが、どこからアウェイのチームバスがやってくるのかイマイチわからんスタジアム構造だった。とりあえず腹が減ったのでフェンスに寄りかかって立ったままパニーノを頬張る。食べ終わってもレッジーナのバスが来なかったので諦めてゲートに向かった。外国人の観客を親切に誘導してくれるアルビノレッフェのスタッフが好印象。弱小クラブだけど、こういうところはちゃんとしているのね。

私たちの席はVIP席のすぐ隣の見晴らしのいい2階席だった。ふと見上げると天井の柄が凝っている。

スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア天井

右側のブロックは水色のアルビノレッフェ・ティフォージの中にアマラント色のジャージを着たチビッ子たちが紛れていた。左のブロックはVIP席で、レッジーナの重鎮たちが座っている。フォーティ会長はもちろんのこと、副会長のレモさん、スポーツディレクターのジャッケッタ、今季テクニカルスタッフとしてフロント入りしたコッツァという錚々たるメンバー。その周囲もレッジーナのティフォージで埋め尽くされていた。アルビノレッフェの本拠地なのに、周囲がアマラント関係者ばかりという不思議席。なんだこりゃ。
人気者のコッツァはあちこちから「チッチョ!」と声が掛かり、その度に声の主の下へ走っていって談笑していた。見かけによらず社交的な人なのね。

社交的なチッチョ・コッツァ

因みにこの時点での天気は曇り。レッジーナの選手たち、爽やかな風を受けながら気持ち良さそうに試合前の練習に精を出していたのよ。

試合前の練習風景

まさかこの後あんな天気になるとはねえ…。

南北イタリア遠征記2011 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ああ、この後天気が・・・
ごぶさたしています。
外はとてもよい天気ですが、月曜日が近づくにつれて、隊長が悪くなるような(涙)おたがい、がんばりましょう。

イタリア旅行はいつごろになりそうですか?ユーロ安ですが、治安が心配です。

大宮、まさかのジュンジュン解任。いやあ、さすが大宮。
新潟は残り19試合となりました。9勝できれば残留ですが、まあ。
なるべく観戦したいと思っています。大宮戦はいつでしたっけ?
10月20日ですか。行きたいなあ。
では、がんばりましょう。
reoさん、ご無沙汰です!
ほんと月曜が近づくにつれ憂鬱になりますよね。
ああ、楽しい週末がもうすぐ終わり…(´・ω・`)ショボーン

イタリア遠征は今年は行けるのかどうか怪しいです。
いまイタリアは景気が悪すぎて治安はちょっと心配ですね。
でもレッジョで危ない目に遭ったことは一度もありませんけど。
たぶん私は面識のある人たち以外には金持ち日本人だと思われていないのではないかと。
そもそも俊輔が去ってから、あの町に日本人観光客なんてまずいないですから。

> 大宮、まさかのジュンジュン解任。いやあ、さすが大宮。
今季は3年目の集大成の年となるはずでしたが、ちょっと上手く行きませんでしたね…

> 新潟は残り19試合となりました。9勝できれば残留ですが、まあ。
今年も仲良く一緒に残留争いとなりそうですね。よろしくお願いします。

> なるべく観戦したいと思っています。大宮戦はいつでしたっけ?
> 10月20日ですか。行きたいなあ。
大宮にいらっしゃるようなら、またお会いしましょう。
その前に水曜日はナビスコで対戦ですね。平日の試合はきっと残業で見られないなぁ(涙)


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。