--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/04/09

ミラノ編3日目③:パルマ練習場潜入レポその3

さて、選手は全員来たみたいだし、そろそろ練習が始まる頃だよね?だけど、いったいどこで見れるんだろう。この先が練習グランドみたいだけど?

パルマ練習場その2

さっきから次から次へとファンがやってきては外階段を上がってクラブハウスの屋上へ行く。上に何があるの?
一人で下で呆けていると、件の痩せ型神経質そうなスタッフのおじちゃんが「練習始まるよ!」と呼びに来てくれた。「上、上!」とおじちゃんが外階段を指差して笑顔で私を誘導する。初対面から1時間経ったらすっかり仲良し。これぞイタリア。
パルマは2連勝して降格圏から離れたので気をよくして非公開練習が公開練習になったらしい。スタッフの機嫌もいいわけだ。

パルマ練習場その3

建物の屋上は練習見学のためのテラスになっていた。写真はパルマ公式から拝借。
既に30人以上が手摺にもたれかかって下を眺めていた。約3割が女性。ギャルサポではなくチビッ子ファンの母親たちだ。

パルマ練習場その4

ここからの練習グランドの眺めはこんな感じ。右下の通路を選手が行き来するのを上から見下ろせるのが楽しい。ちょうどモデストがこっちに向かって歩いてきたので「モデちゃ~ん!」と手を振ると、モデちゃんは笑顔で手を振り返してくれた。きゃー

ちょっと後ろからガロッパが歩いてきて、下から自信満々の視線を送ってくるが、それを華麗にスルーする。
私の目的は元レッジーナの選手なの。モデちゃんやルカレッリやパヴァリーニであって貴方じゃないのよ。勘違いしないで!

ガロッパの後ろにいたジョヴィンコちゃんと目が合ったので、ニコッと笑いかけたらジョヴィンコちゃんは無邪気な笑顔を返してくれた。そして突然走り出し、ガロッパの背中にピョーンと飛び乗る。むちゃくちゃガロッパさんに懐いている模様。
ガロッパの背中にしがみ付いたままジョヴィンコちゃんは何事かをガロッパの耳元で囁き、その後私を見上げた。次いでガロッパも例の自信満々の笑顔で私を見上げ、その場にいた他2名(誰だか忘れた)も私を見上げて4人で何やら盛り上がっている。なんですか?
恐らく俺様を追って日本からやってきたファンだと仲間に自慢しているのだろう。再度自信満々の流し目攻撃を送ってくるガロッパさん。

だーかーらー、私の目的は貴方じゃないってば!

このすけこましめ!今夜ミラノに到着するakiさんに言いつけてやる!

ランニングとかストレッチとかが終わると、右のグランドへ移動してミニゲームを開始。眺めはいいけど少々遠い。誰が誰だかよう分からんよ。

パルマ練習場その5

そのうち風が強くなってきて、だんだん寒くなってきた。お日様もすっかり雲に隠れて風が冷たさを増してくる。隣にいる半袖一枚の兄ちゃんの腕が気持ち悪いくらいの鳥肌だ。
もうダメ。上着を着ても凌げない寒さだ。特別パルマのファンというわけじゃないので、悪条件の中でも見学を続ける根性はない。そろそろ退散するとしよう。
ということで、4時頃練習場を後にした。
帰り際に「グラッチェ!チャオ!」と手を振ると、件のスタッフのおじちゃんは超笑顔で挙手してくれた。最初はとっつきにくかったけど実際は女性に優しい典型的なイタリア男。パルマもスタッフはいい人だった。

パルマ駅に向かうバスの中でふと考える。そういやミランテに会えなかったなぁ。サンプ練習場で撮った写真にサイン貰いたかったのに。私が来る前に練習場入りしちゃったのかしら。

パルマ駅に到着すると皆がダッシュでホームへ走るので私もつられて走った。皆が飛び乗る列車に私も飛び乗る。列車の行き先はミラノ・チェントラーレだったので問題ないはずだった。しかし、、、

あれ?往路でこんな駅通過したっけか?

もしかして乗り間違えた?不安になって板貫さんにメールで助けを求める。板貫さんに周りの人に尋ねるように言われたので「次どこですか?」と隣席の兄ちゃんに尋ねたらボローニャだという。

ボローニャ?/(^o^)\ナンテコッタイ

当然だけどボローニャで下車。逆方向のチケットを求めて窓口に行くが長蛇の列。自動券売機も長蛇の列。大きい駅ってやあねえ。
すぐ目の前にミラノ・チェントラーレ行きの列車が停まっているのにチケットが買えない。前に並んでいた婆さん二人が自動券売機の使い方を分かっておらず、20分以上悩んでいるうちに列車は行ってしまった。やっと順番が来たが、次の列車は一等車しか残っていない。その次の列車は全カテゴリー満席だ。
あーあ、こうなったらスパゲティ・ボロネーゼでも食っていこうか?
なんてことも考えたけど、結局一等車のチケットを買ってミラノに戻った。一等車は金持ちそうなビジネスマンばかりで場違いな感じだったわん

その夜は震災後の風評被害に苦しむ日本食レストランを助けようと『Kanji』という店でチラシ寿司を食した。
入り口で出迎えてくれたねじり鉢巻の角刈り兄ちゃんに「こんばんは!」と挨拶したら、困った顔で“Do you speak English? ”と聞かれてしまった。なんだ、日本食レストランなのに日本人がやってる訳じゃないのね。中国人?それとも韓国人?
客は私一人。あとは途中でイタリア人夫婦が一組やってきただけ。夫妻は「我々は偉大な日本人を助けたい」みたいなことを角刈り兄ちゃんに言っていたけど、その人日本人じゃないから


南北イタリア遠征記2011 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
久しぶりに読みました。
ごぶさたしています。
大宮さんはいかがお過ごしでしょうか。
今朝、携帯でニュースを見たら、「ジュンジュン解任を否定」と出ていましたが?
新潟は、まあ、毎年のことです。少しずつ選手の連携がとれてくればいいのですが、今季は予想通り厳しいかもしれません。
ま、困った時の方法はあるので、あまり気にしていませんが。
え?ガチガチカウンター作戦ですよ・・・

パルマ、すてきなおじいさん管理人でしたね。パルマのユニって、パレルモユニの次くらいにかっこいいユニフォームでしたね。ああ、パレルモユニ、実はなくしてしまったなんてナイショですよ。

帰りの列車はお気の毒でした。ボローニャって聞いたことあります。サッカークラブもありましたよね。
1等席ってかっこいいんだろうなあ。イタリアでは新幹線みたいなのと、普通列車に乗った気がします。blogあとで見返してみよう。
また、楽しみにしていますよ。
reoさん、ご無沙汰です!
> 大宮さんはいかがお過ごしでしょうか。
聞かないでください。どうかそっとしておいてください…
鈴木さんは当面は解任されないのではないかと思われます。フロントも否定しているので。

> え?ガチガチカウンター作戦ですよ・・・
や、もう、勝ち点取れるならどんなサッカーでもいいっすよ。
カウンターもはまったときは美しいですよねー。

> パルマのユニって、パレルモユニの次くらいにかっこいいユニフォーム
アウェイとかサードとか時々とんでもないのがあるような気がしますが、とりあえずホームユニはかっこいいですかね?

> ああ、パレルモユニ、実はなくしてしまったなんてナイショですよ。
ええ?そうなんですか?それは残念でした。

ボローニャは現在セリエAで戦ってます。地味だけどなかなか落ちない、しぶといチームです。一時期中田ヒデも在籍してました。

> 1等席ってかっこいいんだろうなあ。
各席に電源があってパソコンで仕事ができる近代的な車両でした。さすが一等車!

> また、楽しみにしていますよ。
ありがとうございます。さくさく続きを書けるよう頑張ります。
reoさんも相変わらずお忙しそうですが御自愛くださいませ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。