--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/04/03

セリエB第33節レッジーナ×ブレシア 三十路パワーで1ポイントもぎ取った!

レッジーナ1-1ブレシア
得点者:前半28分 ジョナタス、後半45分 ボナッツォーリ

REGGINA (5-3-2): Belardi; Colombo (59' Melara), Cosenza, Emerson, Angella, Rizzato; Armellino, Rizzo (85' Montiel), Barillà; Campagnacci (65' Viola A.), Bonazzoli. A disp. Zandrini, Viola N., Ceravolo, D'Alessandro. All. Gregucci.
BRESCIA (5-3-1-1): Arcari; Zambelli, Zoboli, De Maio, Caldirola, Daprelà; Vass, Salamon, Rossi (73' Piovaccari); El Kaddouri (87’ Cordova); Jonathas. A disp. Leali, Feczesin, Scaglia, Mandorlini, Dallamano, Cordova. All. Calori.
ARBITRO: Giacomelli di Trieste.
RETI: 28' Jonathas (B), 91' Bonazzoli (R).
AMMONITI: Rizzo (R), Daprelà (B), Zambelli (B), Vass (B).
ESPULSO: 32' Emerson (R).

この試合の動画:
Reggina - Brescia 1 - 1

この試合の写真:
Reggina Calcio v Brescia Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Belardi 8, Cosenza 6.5, Emerson 4, Angella 6, Colombo 5.5, Armellino 5, Rizzo 5.5, Barillà 7, Rizzato 6, Campagnacci 5.5, Bonazzoli 7, Melara 5, A. Viola 6, Montiel s.v.
Datasport
Belardi 7, Angella 6, Cosenza 6, Emerson 4, Colombo 6, Melara 5.5, Armellino 5.5, Barillà 6.5, Rizzo 6, Montiel s.v., Rizzato 6.5, Bonazzoli 6.5, Campagnacci 5.5, A. Viola 6. All. Gregucci 6. Arbitro: Piero Giacomelli 6

試合後の監督と選手のコメント:
■グレグッチ監督
選手たちを誇りに思う。
←手抜きにも程がある
■カローリ監督
間違えた者が報いを受けるのだ。
←手抜きにも程がある
■ボナッツォーリ
---(前半32分の)取り消されたゴール
キーパーとの接触を狙っていたわけじゃない。半分触った感じかな。もしキーパーが接触していたら、それはファールだ。
---素晴らしいゴール
ゴール後喜ぶまでに間があった?最初に審判を確認したんだ。
---ロングボール
ブレシアはとことん閉じていて、かつ攻撃的だった。リッツァートとコロンボは巧みにマークされてほとんど上がれなかった。選択肢が俺を使うことだったから、カンパニャッチとアレッシオ・ヴィオラのためにポストに徹したんだ。
---プレーオフ
ヴァレーゼ、パドヴァ、レッジーナ、ブレシア、サンプドリアが最後まで争うことになるだろう。
---引き分け
10人で1時間プレーしたことを考えれば、俺たちは幸運だったに違いない。でも俺たちは引き分けなんて考えてなかったさ。まず最初に勝利を求めていた。気概と情熱を見せられて満足だ。
---次節トリノ戦
勝ち点を得るために行くよ。残り9試合ということは、まだ27ポイント稼げるということだ。そあだけあれば十分だ。今夜よりもヴァレーゼ戦よりも、もっと集中して、もっと攻撃的にならねばいけない。
---総評
ベラルディのビッグセーブのお陰でブレシアは試合を閉じることができなかったから俺たちはラッキーだったよ。




日本列島西から東へ春の嵐が炸裂しておりますが皆様無事帰宅されたでしょうか。管理人は昼に早退勧告が出たので、さっさと職場を後にしました♪

さて、アデジョ、フレッディ、マリーノが負傷中のため招集されたDFがエメルソン、コセンツァ、アンジェッラの3人だけという非常事態で迎えたブレシア戦。キックオフは日本時間3時45分。

当然ですが起きられませんでした。←ダメじゃん

それではゴールシーンとベラルディのミラクルセーブ中心に試合を振り返りましょう。

               

平日のナイトゲームということでグラニッロのバックスタンドはがっらがら。レッジョの皆さん、もっとスタジアムへ行ってあげてください。
 ↓
本日のGKはベラルディ初先発。右サイドはダレッサンドロが出場停止なので強面コロンボさん。2トップはボナちゃん&カンパニャッチ。いつもより平均年齢が高めのレッジーナであった。
 ↓
バリッラのFK⇒ボナちゃんヘッドはミートせず。カンパニャッチのクロス⇒バリッラのヘッドもミートせず。レッジーナ今日はヘディングデーらしい。
 ↓
前半28分、ザンベッリのダイアゴナルパスを深い位置にいたダプレラに通され、中央への折り返しをジョナタスに流し込まれてブレシア先制。ダプレラがオフサイドだと信じて疑わないレッジーナの守備陣は全くボールを追わなかったが主審の判定はオフサイドではなかった。確かにビミョーな判定だけどさ、とりあえず全力で追っとこうぜ。
 ↓
前半32分、CKからアンジェッラが決めたのは幻のゴールとなった模様。ハイライトに映像がないからようわからん。
 ↓
前半36分、エメルソンが足の裏を見せてロッシを削って一発レッド。ベテランの貴方がそんなプレーしてどうすんの。レッジーナ10人に。
 ↓
前半39分、ブレシアのFKから失点時と似たようなシチュエーションで大ピンチ!しかし今度はベラルディが足でしっかり止めてくれた。ベラルディおっさんなのにいい反応だ。さすが元ユヴェントス!
 ↓
0-1で前半終了。
 ↓
後半は互いにチャンスを決められないまま時間が過ぎる。35分にはピオヴァッカーリのあわやオウンゴールがあったらしい。って、サンプからブレシアに流れてきたのね<ピオヴァッカーリ
 ↓
後半36分、ブレシアのカウンターからエル・カドゥリがベラルディと1対1に。またしてもベラルディが足で止めてピンチを逃れる。さすが元ユヴェントス!
俺様を超えてゴールしてみやがれ!という貫禄に相手はビビるのだろうか。
 ↓
後半39分、ピオヴァッカーリが前に出てきたベラルディを飛び越してシュートを試みるが枠に飛ばず。飛び越し様にベラルディの頭を蹴りやがった。
 ↓
後半45分、リッツァートのクロス⇒ボナちゃんがアルカーリに競り勝ってヘディングゴール!本人を初め決まった手応えがなかったのか、皆で審判を振り返っているのが笑える。

ボナちゃん貴重な同点ゴールキタワァ.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆
 ↓
試合終了の笛と共にピッチに両膝をつくボナちゃんは何を思う?土壇場で追いつけた安堵感?

               

試合後グラニッロは拍手に包まれたそうです。クルヴァでグレグッチさんの名前もコールされたそうですよ。
そして試合後ユヴェントスのキエッリーニからTwitter経由でベラルディにお祝いのメッセージが送られました。カワイコちゃんザンドリーニの成長を見守るのも楽しいけど、ベラルディみたいなベテランがどっしり構えていてくれると安心だなぁ。レッジョに帰ってきてくれて本当にありがとう。

10人で勝ち点1を積み上げ、なんとかプレーオフ争いに踏みとどまりました。ボナちゃん復活。移籍後コンディションの上がらなかったベラルディも復活。カンパニャッチも怪我から復帰。怪我のDFトリオも復帰が近いそうです。終盤に向けて明るい材料しかないレッジーナ、きっとやってくれるはず!次のトリノ戦も頑張れ!エンポリが勝てたんだから(←失礼)うちだって勝てるぞ!

現在の順位:9位(勝ち点47)
最多得点者:チェラヴォロ(8ゴール)

☆4/4追記☆
エメルソンに3試合出場停止、グレグッチ監督に2試合ベンチ入り禁止の裁定が出ました。エメルソンはまあ分かるけど、グレグッチさんは何やらかしたんですか?
因みにフォーティ会長はエメルソンの3試合出場停止処分に異議申し立てを行うとコメントしております。
で、グレグッチさんの代わりに誰が指揮を執るの?ジャッケッタとか?

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。