--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/05

セリエB第29節レッジーナ×アスコリ プレーオフ遠のく

レッジーナ1-1アスコリ
得点者:後半26分 ソンチン、後半34分 ヴィオラ兄

REGGINA (5-3-2): Zandrini; D'Alessandro (54’ Viola A.), Freddi, Emerson, Angella, Rizzato; Castiglia (74’ De Rose), Viola N., Rizzo; Ceravolo (66’ Colombo), Ragusa. A disp. Belardi, Cosenza, Marino A., Melara. All.Gregucci.
ASCOLI (5-3-2): Guarna; Scalise, Ciofani, Peccarisi, Faisca, Tomi; Parfait (87’ Pasquaslini), Pederzoli, Di Donato; Papa Waigo, Soncin (77’ Gerardi). A disp. Maurantonio, Sbaffo, Falconieri, Pasqualini, Gerardi, Andelkovic, Ilari. All.Silva.
ARBITRO: Gavillucci di Latina.
RETI: 71' Soncin (A), 79' rig. Viola N. (R).
AMMONITI: Angella (R), Emerson (R), Rizzo (R), Tomi (A), Castiglia (R), Ciofani (A).
NOTE: corner 6-6, recupero 0'-4'.

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:

Reggina Calcio v Ascoli Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Zandrini 6.5, Freddli 6, Emerson 5.5, Angella 6, D'Alessandro 5.5, Rizzo 5, N. Viola 5.5, Castiglia 6, Rizzato 6, Ragusa 5.5, Ceravolo 5.5, A. Viola 6, Colombo 5.5, De Rose s.v.
Datasport
Zandrini 5.5, Angella 5.5, Emerson 6.5, Freddi 6.5, Castiglia 5.5, De Rose 6, D'Alessandro 5.5, Viola A. 6, Rizzato 5.5, Rizzo 5.5, Viola N. 6.5, Ceravolo 5, Colombo 6, Ragusa 5, All.: Gregucci 6, Arbitro: Gavilucci 5

試合後の監督と選手のコメント:
■グレグッチ監督
アスコリは我々にスペースを与えてくれなかったが、我々にはスペースをつく早さも正確さも無かった。先制された後は試合が難しくなったものの、我々は同点に追いつくために組織化するよりも豊富な運動量で良いリアクションをした。我々は決して諦めなかった。
私はうちよりも強いチームがアスコリ相手に苦戦しているのを見てきた。アスコリは相手にいいプレーをさせないチームだ。相手にスピードがなければ尚更だよ。
PK?ベンチからはよく見えなかった。それでもやはりグラニッロでは試合を観るのに最も快適な場所はベンチだけなんだがね。
■ヴィオラ兄
訓練された敵と戦うことは分かっていたし、先制された後は僕らはいいリアクションが出来ていた。とはいえ残念ながら勝てなかったけど。僕らのゲームはサイドで作られるから、サイドがあまり上がれないと困ったことになる。強風とアスコリのボールのラインの裏側での全員守備とが相まって問題が深刻になっていった。今日どんなふうにゲームがスタートしたかを考えれば負けていい試合ではなかった。難しい時間帯に一度もこの試合の主導権を取れなかったら負けていたかもしれない。若いチームだから時に僕らはパーソナリティではなく経験の面で間違いを犯す。成長しないといけないんだ。バーリに勝てればペスカーラ戦の後みたいに熱狂を持ち帰れると思う。アスコリ戦の引き分けは少し苛立たしいものだけど、バーリへは冷静にプレーしに行くよ。




見事アスコリにチームの長所を消されちゃいましたな。

監督とヴィオラ兄の話を総合すると、アスコリにレッジーナ得意のサイド攻撃を封じられて持ち味を出せなかったということみたいです。こういうときに限ってボナちゃん不在で、ポストプレーで活路を見出せなかったのも辛いところです。
ただ、ヴィオラ弟を投入してからはチビッ子がすばしっこく動き回り、マルチキャスト・ディレッタ・ゴールで映像が頻繁にレッジョに飛ぶようになりました。PKをゲットしたのも弟ですし、敏捷さを生かして何度も相手のファールを誘ってくれました。カワイイ弟アレッシオが得たPKですから兄ニコラスが外すわけにはいきません。きっちり決めて兄弟でいい仕事してくれました。「兄ちゃん決めたー!」とアレッシオがニコラスの元へ駆け寄る姿が微笑ましくて、まあこの試合はそういうかわゆいシーンが見られたから救いがあったなぁと。

……プレーオフ圏が遠のいた現実から必死に逃避している管理人であった

えー、本来ならハイライト見ながら試合を振り返るところなんですが、今節もSerieBwinが仕事をサボってハイライトあげてくれません。レッジーナ公式もYouTubeも全滅。おまけにレッジーナ公式もTutto Regginaも地元紙の見出しをアップしてくれないので試合レポ書く材料が無いんですよー。まったくもう。
ついに3月になっちゃいました。年度末修羅場月間に突入して平日の更新がますます難しくなるため、この記事はこのまま追記無しかもしれませんがご了承ください。(主にヤス君とわらぴーさんへ)

現在の順位:7位(勝ち点43)
最多得点者:チェラヴォロ(8ゴール)

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。