--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/19

セリエB第28節ユヴェ・スタービア×レッジーナ 敗因はハングリーさの欠如

ユヴェ・スタービア2-1レッジーナ
得点者:前半26分 メザヴィッラ、後半7分 サウ、後半21分 フレッディ

JUVE STABIA (4-4-2): Seculin; Baldanzeddu, Molinari, Maury, Dicuonzo; Erpen (72' Raimondi), Scozzarella (89' Danucci), Mezavilla, Zito; Danilevicius, Sau (84' Falcinelli). A disp. Colombi, Cappelletti, Tarantino, Beretta. All. Braglia
REGGINA (5-4-1): Zandrini; Ragusa, Freddi, Emerson, Angella, Rizzato; Melara (46' D'Alessandro), Rizzo (58' De Rose), Viola N., Ceravolo (78' Barillà); Bonazzoli. A disp. Leone, Armellino, Viola A., Cosenza. All. Gregucci.
ARBITRO: Pinzani di Empoli.
RETI: 26' Mezavilla (J), 52’ Sau (J), 65’ Freddi (R).
AMMONITI: Freddi (R), Maury (J), Ragusa (R), Scozzarella (J).
NOTE: corner 7-7; recupero 0'-3'.

この試合の動画:
Juve Stabia-Reggina 2-1 - i gol e l'esultanza finale [18-02-2012] ←ユヴェ・スタービア目線

この試合の写真:
SS Juve Stabia v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Zandrini 6.5, Freddi 6.5, Emerson 5.5, Angella 5, Ragusa 5, Rizzo 5, Viola N. 5.5, Melara 5.5, Rizzato 6, Ceravolo 5.5, Bonazzoli 5.5, D'Alessandro 6, De Rose 6, Barillà s.v.
Datasport
Zandrini 7, Angella 6.5, Emerson 6.5, Freddi 6, Melara 5, Rizzato 5.5, Rizzo 5.5, Viola N. 6.5, Bonazzoli 5.5, Ceravolo 5, Ragusa 5.5, Barillà 6, De Rose 5.5. All. Gregucci 5.5
Tutto Mercato
Zandrini 6.5, Freddi 7, Emerson 5, Angella 5.5, Ragusa 5, Rizzo 4, De Rose 6, N. Viola 7, Melara 6, D'Alessandro 6.5, Rizzato 5.5, Ceravolo 5, Barillà s.v., Bonazzoli 6
※メディアによって守備陣の評価に大きな開きがあって謎だわ~。

試合後の監督と選手のコメント:
■グレグッチ監督
延期された他の全ての試合と同様に、ペスカーラ戦が大一番となるのは間違いない。勝ち点3を持ち帰るためには、もっと強い持ちが必要だ。今日ユヴェ・スタービアは我々以上に情熱を示してきた。私が最も残念に感じるのは、相手の方がずる賢かったということだ。我々は様々な場面でミスを犯してしまった。うちの方が人数を掛けていたのだから、もっとサイドを使うべきだった。組み立ての段階で大きく間違え、ゲームに臨む姿勢も正しくなった。相手は1対1の勝負でより気合が入っていた。1失点目はマークを外してしまい、2失点目はゴールされるがままにしてしまった。しかしゲームの姿勢と比較したら、これらのミスなんて大した事じゃない。もっと違うアプローチが必要だった。ユヴェ・スタービアの方がハングリーだった。
ラグーサは前半良かったがFWにしたら調子が落ちてしまった。メラーラも他の選手と同様だ。私が試合への決意と姿勢を語るときは単にプレーの話をしているのではない。技術面で多くのミスがあり集中しておらず、全員が軟弱すぎた。予想外だったよ。明らかに我々はスローダウンしていた。
■アンジェッラ
パフォーマンスが低調だった。残念だよ。僕たちは前半やるべきことが出来ておらず動けていなかった。相手は中盤で僕らを圧倒し、セカンドボールを全て拾われた。僕らはアクションを開始できなかった。
ペスカーラへは旅行に行くんじゃない。僕らはプレーオフを信じてポジティブな結果を出すために行くんだ。ピッチでは諸々の事情が変化する。情熱の部分、物事を決定する適切な頭脳、相手より勝ったその他の事柄。この敗戦が僕らをもっとハングリーにするだろう。人工芝という言い訳は通用しないと思うんだ。何故なら大事なのはメンタルだから。監督が言うように相手の方がハングリーで僕らと比較してより多くの何かを与えることが出来ていた。これがゲームの解答だ。




この時間になっても試合のハイライトがどこにもアップされないのは何故?
SerieBwin公式サイトはトリノ×サンプが終わってから一緒にハイライト上げる気かしら?
上に貼ったYouTubeのハイライトはユヴェ・スタービアのゴールシーンしか映ってないしー。
まあ、グレグッチさんとカワイコちゃんアンジェッラのコメント読めば、どんだけダメダメな試合だったのかよう分かるので、試合レポはこれで終了でいいですかね?
というのは冗談で、ハイライトが上がってきたら追記します。フレッディのゴール確認したいし。

とりあえず本日の伊紙の見出しはこんなんばっかです。
『レッジーナ、プレーオフ遠のく』
『レッジーナ、また無様な敗北』

確かに6位ヴァレーゼとは現時点で6ポイント離されちゃったけど、うちはヴァレーゼよりも消化試合1つ少ないのよね。でも延期になった試合はペスカーラ戦なわけで、好調ペスカーラ相手に勝つのは至難の技なんだけど…

※今更だけど追記

負け試合なのでテキトーに試合を振り返ります。

スタディオ・ロメオ・メンティはバックスタンドの裏にアパートがあり、住人の皆さんはバルコニーから試合を観戦している。グラニッロの場合は南クルヴァ-バックスタンド間のコーナー付近がアパートで、やはり同じような光景が見られる。小さなスタジアムなのに立派なオーロラビジョンがあるのもグラニッロと似ている。因みにグラニッロのオーロラビジョンはビアンキ移籍マネーで設置。
 ↓
試合開始からユヴェ・スタービアのペース。レッジーナはカワイコちゃんGKザンドリーニの独り舞台。特に前半25分にサウの1対1のシュートを足で止めた時は実況が「ミラーコロ!(奇跡)」と叫んでいた。カワイコちゃんブラーボー!
 ↓
前半26分、ユヴェ・スタービアの左CK⇒ニアポストで誰かが頭で後ろにすらし、ペナルティエリアとペナルティアークの境目辺りでサウがボールを地面に叩きつけて大きくバウンド⇒落下地点を予測して飛び込んできたメザヴィッラに頭でぶち込まれ、ユヴェ・スタービア専制。カワイコちゃん、これは君の責任ではない。
 ↓
前半41分、エメルソンのボール奪取からチェラヴォロへ⇒ペナルティエリア内左から打ったチェラヴォロのダイアゴナルシュートは枠の右。
 ↓
前半44分、ヴィオラ兄の25m弾はGKセクリンに弾かれる。
 ↓
1-0で前半終了。果てしなくダメダメなレッジーナ。
 ↓
後半もカワイコちゃんGKザンドリーニの好セーブで幕を開ける。チェントロカンピスタとディフェンソーレの皆さん、もう少しお仕事しましょう。
 ↓
後半7分、エメルソンがボールを失い、ユヴェ・スタービアのカウンター開始。ジートが一気に運び、レッジーナDF陣を引き付けた後に右でフリーだったサウに展開⇒サウが易々とエリア内に進入し、ニアの天井に突き刺さるボールをお見舞いされる。カワイコちゃん、これも君の責任ではない。
 ↓
後半20分、ヴィオラ兄のFKにフレッディが頭で合わせてレッジーナ1点返す。冬にやってきたフレッディはレッジーナで既に2ゴール。ローマ下部組織出身DFは点を取ることに特化していくと言うakiさんの情報はどうやら正しいようだ。
つーか、大きく巻いてフレッディの頭にドンピシャでヒットしたヴィオラ兄のFKも素晴らしい!実況も「ペルフェット!(完璧)」と叫んでいた。
 ↓
その後もカワイコちゃんGKのワンマンショー状態。
 ↓
後半29分、左からリッツァートのナイスクロス⇒カワイコちゃんCBアンジェッラのドンピシャヘッド!同点弾来た?!⇒セクリン片手で神セーブ!⇒アンジェッラたん頭を抱える⇒世界中のアマラント・ティフォージも頭を抱える
 ↓
後半41分、またまたカワイコちゃんGKのミラクルセーブ!
 ↓
後半45分、ライモンディが高速ドリブルでペナルティエリア右端に進入⇒ザンドリーニが釣り出されたところで中央へ折り返し⇒無人のゴールにジートがお洒落ヒール!⇒やられた!と思ったらダレッサンドロがライン上でギリギリセーブ!おお、よく阻止した!って、止めたところで結果に影響なし
 ↓
2-1で試合終了。昇格チームのユヴェ・スタービアにホーム&アウェイ共に敗れるという屈辱。
レッジーナの皆さんは冬メルでやってきた若きGKの能力を際立たせようと一生懸命だった模様。

現在の順位:7位(勝ち点39)
最多得点者:チェラヴォロ(8ゴール)
11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。