--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/13

セリエB第27節レッジーナ×エンポリ 終盤に2点返され薄氷の勝利

レッジーナ3-2エンポリ
得点者:前半8分 カンパニャッチ、後半6分 ヴィオラ兄(PK)、後半17分 チェラヴォロ、後半29分 タヴァーノ、後半38分 ドゥミトゥル

REGGINA (3-5-2): Zandrini; Freddi, Emerson, Angella; Ragusa (72' Colombo), Rizzo, Viola N., Rizzato, Rizzato; Bonazzoli (76' Viola A.), Campagnacci (61' Ceravolo). A disp. Leone, Cosenza, Castiglia, De Rose. All. Gregucci.
EMPOLI (4-3-3): Pelagotti; Vinci (77' Lazzari), Stovini, Ficagna, Regini; Moro, Brugman, Ze Eduardo (46' Dumitru); Buscè, Maccarone (77' Mchedlidze), Tavano. A disp. Dossena, Signorelli, Gorzegno, Gallozzi. All. Carboni.
ARBITRO: Ciampi di Roma.
AMMONITI: Maccarone (E), Ficagna (E), Rizzo (R).
NOTE: corner 2-6; recupero 1'-4'; spettatori paganti 246, totali 4167; incasso biglietti € 3605,00, totale € 27901,66.

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:

Reggina Calcio v Empoli FC

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Zandrini 6, Freddi 6, Emerson 6, Angella 6, Ragusa 7, Rizzo 5.5, N. Viola 6.5, Barillà 6, Rizzato 6, Campagnacci 6, Bonazzoli 6, Ceravolo 6.5, Colombo 5.5, A. Viola s.v.
Datasport
Zandrini 6, Angella 6, Emerson 6.5, Freddi 5, Ragusa 7, Colombo 5.5, Barillà 6.5, Rizzato 7, Rizzo 5, N. Viola 7, Bonazzoli 5.5, A. Viola 6, Campagnacci 6.5, Ceravolo 6. All.: Gregucci 6. Arbitro: Ciampi 5.5

試合後の監督と選手のコメント:
■グレグッチ監督
もう少し上手くやれただろうにと思う。特に終盤は。疲労と痙攣で少々リスクを負ってしまった。我々は気持ちのこもったプレーをしてホームに貴重な勝ち点3をもたらした。トップ集団に食らいついたままでいたかったら、もはやポジティヴな結果を連続で出さなくてはいけない。サンプもヴァレーゼもブレシアも勝ったから、我々は彼らと一緒のラインに踏みとどまらないといけないのだ。
我々は攻撃的なゲームをするが、ボールのマネージメントが少々欠けている。時々ヒステリックになり過ぎて間違ったプレーをしてしまう。我々は走るために学ばないといけない。我々はそうするための足を持っているのだから。もっと質の高いプレーをするための足を持っているのだから。
■ニコラス・ヴィオラ
監督は僕らに時速30kmで動くことを求めてくる。以前僕らは45分そうしてきたけど、今は70分だ。フィジカルの点で失速するのはこれが最後だよ。自分たちが走れる時間を増やせる自信がある。
エンポリはいいチームだ。75分枠内シュートがなかったのに僕らは2点取られてしまった。こういうことで苦しまないように練習しないといけないね。
前半は勝ちたいんだって気持ちを示したかった。もし2~3連勝したら5位に近づける。後半はラグーサが絶好調でPKを獲得して、ファビオ(チェラヴォロ)が3-0にした。
残念なことにボナッツォーリはチームのために犠牲的なサッカーをしている。彼がゴールしたかしないかは、僕らにとって物凄く重要だ。PK?うちにはたくさんのPKキッカーがいて、エミリアーノは足に問題を抱えていたから、僕に蹴りたいかって尋ねてきたんだ。




時速30kmで90分プレーするのはオジサンには辛いですなぁ。グレグッチさんはオシムさんの「考えて走るサッカー」と通じる哲学を持っているのかしら。グレグッチさんの目指すサッカーがだんだん見えてきたような気がします。まあスピードと運動量を活かしたサッカーはここ2年くらい継続されていますけど。

それにしても終盤は生きた心地がしませんでした。いつ追いつかれるか恐怖と戦いながら経過を見守っていましたよ。ぴのさんも「あと5分ありますよ。大丈夫ですかっ」なんてメールで更に恐怖を煽ってくるし

それではハイライト映像とクロナカを元に試合を振り返りましょう。

               

流石に雪は降っていないけど、グラニッロの客席の皆さんモコモコに着込んで超寒そうだわ。
 ↓
前半8分、左サイドのリッツァートのクロス⇒GKペラゴッティが片手で弾いたボールをカンパニャッチが右足で鋭いシュート⇒ペラゴッティ素早い反応で弾き返す⇒カンパニャッチ今度は左足で押し込みレッジーナ早くも先制!

両足使いカンパニャッチ今季7ゴール!

 ↓
前半14分、ラグーサがマッカローネに抜かれ、中央のタヴァーノに折り返されるが、ザンドリーニがニアでタヴァーノのシュートをキャッチ。
つーか、ブシェ、マッカローネ、タヴァーノのトリデンテってBじゃ反則級の面子だよね?
 ↓
前半31分、バリッラのボール奪取からボナちゃんへスルーパス⇒ボナちゃんのミドルは枠の上。
 ↓
1-0で前半終了。途中で降り始めた冷たい雨が後半になっても降り続く。
 ↓
後半1分、ヴィオラ兄からゴール前のボナちゃんへクロス⇒予測していたペラゴッティが飛び出してパンチング⇒こぼれ球をリッツォが景気良く宇宙開発。枠に飛ばそうリッツォ。
 ↓
後半6分、右サイドをドリブルで駆け上がったカンパニャッチが中央のラグーサへ折り返し⇒ペナルティエリア内でラグーサがフィカーニャに引っ掛けられてPKゲット!フィカーニャは警告ゲット!⇒蹴るのはボナちゃんかと思いきやヴィオラ兄⇒ペラゴッティの動きを見極め、タイミングを外して左隅に蹴り込みレッジーナ追加点!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
 ↓
後半13分、左サイドから鋭く中央に切れ込んだラグーサ、ペナルティエリア内でレジーニをかわして左足シュート⇒惜しくもペラゴッティに阻まれる。
 ↓
後半14分、畳み掛けるレッジーナ。バリッラの強烈な左足シュートもペラゴッティの好セーブに阻まれる⇒こぼれ球を押し込もうとしたカンパニャッチ、腿の裏側を押さえて倒れこみ、そのまま担架で運び出される。先制点をあげたカンパニャッチは大きな拍手で送られた。
やっと怪我から復帰してトップコンディションに戻ったのに、またやっちゃった?
 ↓
後半16分、カンパニャッチOUT、チェラヴォロIN
 ↓
後半17分、ヴィオラ兄の山形のロングパスに抜け出したチェラヴォロ、フィカーニャの前に体を入れてムネトラップから左足のインサイドで技ありループ⇒ペラゴッティを超えてネットを揺らしレッジーナ3点目!

チェラヴォロ投入後1分でゴール!すげえ早業!しかも巧い!

 ↓
後半27分、ラグーサOUT、コロンボIN
ラグーサには大きな拍手。右サイドの定位置をラグーサに奪われつつあるコロンボさん頑張れ!
 ↓
後半29分、今日は楽勝と思われたのにチッチョ・タヴァーノにミドルを打ち込まれて1点返される。
 ↓
後半31分、ボナッツォーリOUT、ヴィオラ弟IN
 ↓
後半38分、タヴァーノ⇒ムチェドリーゼ⇒ドゥミトゥルときれいに崩されスコア3-2
 ↓
後半41分、エメルソンにトラブル。次いでアンジェッラも倒れるけど交代カードは残っていない。選手たちが時速30kmで90分走りきることが出来ずレッジーナ大ピンチ!
 ↓
後半45分、ドゥミトゥル目掛けたロングパス⇒ダイレクトで合わせられるがザンドリーニがしっかりキャッチ!よく止めてくれた!
 ↓
4分間のロスタイムは危ないシーンの連発でアマラント・ティフォージ震えっぱなし!いつ追いつかれるか怖くて怖くて画面をまともに見られなかったけど、何とか凌いで薄氷の勝利!

               

いやあドゥミトゥルがグラニッロを恐怖に陥れてくれました。マジ怖かったです。
レッジーナは集中力が切れたというよりは燃料切れなんでしょうか。この終盤の失速を何とかしてくださいねグレグッチさん。次もこんな試合されたら心臓が持ちません!

グレグッチさんに右サイドにコンバートされたラグーサが素晴らしいパフォーマンスを見せています。さすがブレダさんが惚れこんでサレルニターナから連れてきただけのことはありますね。ベンチに追いやられたコロンボさん、ベンチ外に追いやられたダレッサンドロも負けずに激しいポジション争いをして切磋琢磨してくださいませ。

せっかく勝ったのにライバルチームも揃って勝利したので順位もポイント差も変わりません。つーか、雪のせいで消化していない試合がたくさんあって、もう訳わかんないですねー。

現在の順位:7位(勝ち点39)
最多得点者:チェラヴォロ(8ゴール)

11-12レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
3-0で終われない辺りが今のレッジーナなんでしょうか。
それにしてもラグーサは右サイドになったんですね。
そうなると、どうしてもヴィジャーニの背後霊を感じずにはいられませんw
コロンボと違ってクロッサーというよりは斬り込み系のWBなんですね。
チェラヴォロのゴールはちょっとイブラっぽかった。

エンポリは今年も相当マズい位置まで落ちてしまってるようですが、メンツはそれなりにいますよねぇ。
何が悪いんだろ。
エンポリといえばLで始まる人を思い出しますが、どうしてるんでしょうねぇ。
Fillipoさん、こんばんは~
まあ2点返されても辛うじて勝ったところに復調の兆しが見て取れます。
またアタッカンテがバカスカ点取るようになって欲しいっす。

右サイドのラグーサにヴィジャーニの背後霊…
確かに足が速くて斬り込み系という共通点がありますね。
ラグーサの場合ちょいと守備が心配ですがi-229

> チェラヴォロのゴールはちょっとイブラっぽかった。
おお、最高の褒め言葉ですねヽ(*´∀`)ノ
自己中な突貫小僧だったのに、いまや頼りになる中堅選手になりつつあります。

> エンポリは今年も相当マズい位置まで落ちてしまってるようですが、メンツはそれなりにいますよねぇ。
ねえ。すげえ豪華なトリデンテですよねぇ。
5月にサンプ練習場でマッカローネ先生と再会するのを楽しみにしていたのに、いつの間にやらエンポリにいるなんて!
もうすぐベテランの攻撃陣と期待の若手たちが上手いこと融合して這い上がってくるんじゃないかと思います。

> エンポリといえばLで始まる人を思い出しますが、どうしてるんでしょうねぇ。
Lで始まる選手って誰だっけかと3分くらい考え込んじゃいましたよwww
呟いているのはお見かけしますが、もうブログの世界には戻ってこないのかしら。
寂しいですよね。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。