--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/11

ミラノ編3日目②:パルマ練習場潜入レポその2

ゴッビ

ゴッビも感じよかったけど、特に面白いエピソードはなし。

私の中では美形と認識されていたジェマイリ。しかし、お肌の劣化が激しくオッサン化が進行している目の前の選手と、私の脳内で描いていた美しいジェマイリのイメージがかけ離れていて、本人を前にしても誰だか全く分からなかった。これはジェマイリに声を掛けたところで元レッジーナのモデストが来てしまって、私の意識がすっかりそっちへ飛んでしまったことにもよる。
「あーーー、待ってーーーー!」
慌てて引き止めるとモデストは「待ってーーーー」という私の口調をそっくり真似して、ジェマイリの隣に立って一緒に写真に納まろうとする。ダメよ、モデちゃんは私にとって特別だから絶対に単体で撮るの!
「ノ!ソロ!」とカメラをジェマイリにだけ向けると「ああん?なんだコイツ?」てな怪訝な顔で私がジェマイリを撮り終えるのを待っていてくれた。

ジェマイリ

ジェマイリ昔はもっと美しかったのに…

モデスト

次いでモデちゃんの単体ショットを撮影。撮り終わると「チャオ~」とさっさと行こうとする。どうやら私のことは覚えていないようだ。いくら3年振りとはいえ、2006年5月、2007年5月、2008年1月、2008年5月に会っているのに覚えてくれていないなんて…。仕方ないか、モデちゃんあまり賢そうじゃないし。←おい
「あーーー、待ってーーーー!」
再び引き止めると、眉間にしわを寄せて面倒くさそうに立ち止まるモデちゃん。が、昔の写真にサインを貰おうと焦った私がミニアルバムとペンを落とすと、ひょいとしゃがんで拾ってくれた。グラッチェ~。
2008年5月にサンタガタで撮った写真を差し出すと、モデちゃんはサインしようとした手を止めて写真に見入った。そして3秒位してから「あーーー!」と写真を指差し、次いで「あー、あー、あー!」と人差し指を振りながら私を差した。記憶が蘇ったらしい。そして、「あんときのジャポネーゼかー」みたいなことを呟きながら笑顔でサインしてくれた。
思い出してくれて嬉しいよモデちゃん。そこまで頭悪くなかったんだね。←おいおい
いつも明後日なクロスをあげてアモルーゾに怒られていたヤンチャなモデちゃんももう29歳。月日の経つのは本当に早いなー。

サヴィ?

えーと、あなたは誰ですか?MFのサヴィでよろしいでしょうか?

モッローネ

初対面なのにえらいフレンドリーだったモッローネ。さすがパルマのカピターノだ。
モッローネも「一緒に撮ろうぜ!」と2ショットをオファーしてくれた。そしてスタッフのおじちゃんに「撮ってくれ」と依頼するが、おじちゃんは心なしか動揺しているように見えた。で、この2ショットも失敗していた。
☆これからパルマ練習場へ行かれる皆さんへ☆
スタッフのおじちゃんに2ショット撮影を頼むのは非常に危険です。可能だったら誰か他の人に頼みましょう。

この辺りから小さな男の子を連れた夫婦と少年二人が入待ちに加わった。そして選手と思われる車がやってくると、降りてきた爽やかイケメンに皆が群がる。パーチだ!
囲まれたパーチは皆と写真を撮ったりサインをしたり楽しそうにファンサしていた。私も写真を撮らせてもらおうとスタンバイしていたら、そこにレッジーナ奇跡のシーズンのカピターノであるルカレッリ弟が登場。パーチを取るかルカレッリを取るか。答えは明白である。迷わずルカレッリを選択した。

ルカレッリ弟

レッジョの元カピターノ様、えらい緩い格好ですね…。カジュアルすぎてセリエAのジョカトーレには見えませんことよ?
もちろんルカレッリにも昔の写真にサインをお願いした。ルカレッリには覚えてもらえるほど過去に接触していないので個人としては認識して貰っていないが、サンタガタで撮られた自分の写真を見ると一気に相好を崩した。
「うぃぃいいぃぃぃ」と謎な声を発しながら両手で写真を手にとって懐かしそうに目を細めるルカレッリ。うんうん、忘れられないスペシャルなシーズンだったよね。私たちアマラントティフォージも当時のカピターノを一生忘れないよ。
にっこり笑って何か話しかけてくれたけど、ごめんなさい、よくわかりませんでした。ああ、イタリア語もっと勉強しなきゃ。←いつも口だけ

マルケス?

えーと、あなたは誰ですか?パート2
FWフェルナンド・マルケスかしらん?

アンジェロ?

えーと、あなたは誰ですか?パート3。
アンジェロですか?誰だか知らんが愛想はひじょうに良かった。

ザッカルド

やっと知っている選手が来た!ファッションも雰囲気も超ゆるゆるのザッカルド。下はジャージですよ奥さん!
もっと細くて乙女チックな男子をイメージしていたのだけど(どんなイメージだ?)、それなりにフレームのしかっりしたアスリートな体つきだった。

エドゥアルド?

えーと、あなたは誰ですか?パート4
ブラジル人MFゼ・エドゥアルド?それともナイジェリア人MFヌワンコ・オビオラ?

トニ・カルボ?

えーと、あなたは誰ですか?パート5
MFトニ・カルボかしら。誰だか知らんが面白いTシャツを着ていて笑ってしまった。

もうこれ以上選手は来ないとスタッフのおじちゃんが言う。あれ、アマウリは?クレスポは?パッラディーノが怪我でいないのは知っていたけど、この二人に会えないのは残念だわ。
あと、スタッフたちに片っ端から挨拶していた髪が乱れ放題のおじさんをスルーしたけど、今考えるとあれはコロンバ監督だったのね。私としたことが元レッジーナを一人逃してしまった。

南北イタリア遠征記2011 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。