--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/19

セリエB第20節レッジーナ×サッスオーロ 勝ち方を忘れてしまった?

レッジーナ1-1サッスオーロ
得点者:前半17分 エメルソン、前半34分 サンソーネ(PK)

REGGINA (3-5-2):
Marino P.; Cosenza, Emerson, Marino A.; D'Alessandro, Rizzo, Castiglia (61' De Rose), Missiroli (71' Ceravolo), Rizzato; Campagnacci, Viola A. (62' Ragusa). A disp. Kovacsik, Bini, Barillà, Viola N.. All. Breda
SASSUOLO (3-5-2): Pomini; Consolini, Piccioni, Bianco; Laverone, Bianchi, Cofie (69' Marchi), Magnanelli, Longhi; Sansone (92' Donazzan), Boakye (46' Masucci). A disp. Bassi, Benedetti, Cappelletti, Bruno. All. Pea.
ARBITRO: Massa di Imperia.
RETI: 17' Emerson (R), 34' rig. Sansone (S).
AMMONITI: Cofie (S), Cosenza (R), Magnanelli (S), Boakye (S), Sansone (S), Bianchi (S), D’Alessandro (R).
NOTE: angoli 10-1; recupero 3'-4'.

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:
Reggina Calcio v US Sassuolo

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
P. Marino 6, Cosenza 5.5, Emerson 6, A. Marino 6, D'Alessandro 6, Castiglia 6, Rizzo 5.5, Missiroli 6, Rizzato 6, Campagnacci 5.5, A. Viola 6, De Rose 6, Ragusa 6, Ceravolo s.v.
Datasport
Marino P. 6, Cosenza 5, Emerson 7.5, Marino A. 6, Castiglia 5.5, De Rose 6, D'alessandro 6, Missiroli 6.5, Ceravolo s.v., Rizzato 6, Rizzo 5.5, Campagnacci 6.5, Viola A. 5.5, Ragusa 6, All. Breda 6, Arbitro: Massa 6

試合後の監督と選手のコメント:
■ブレダ監督
会長にはまだ会っていない。私に分かっているのは、これがするべき試合だったということだけだ。会長が満足かそうでないかは本人に尋ねてくれ。
ここではグループはコンパクトだ。あまり穏やかでない者もいるかもしれないが、うちは1人目から28人目まで問題ないグループだ。我々は28人であり、誰かを外したままにしておくことは難しい。たとえばビーニのように出番のない者もいるが、彼が価値のない選手というわけではない。しかし残念なことに私は多少の序列を作らなければならないんだ。それはエミリアーノ(ボナッツォーリ)も同じことだ。私は彼をプレーさせるし、この上なく信頼している。
この仕事をする者は確実性と安全性とは無縁だ。強くあらねばならないし、感情に溺れてはいけない。昨季の私は今季よりも悲惨で、その年最後の試合は4-1で敗れた。(冬メルで)チームの重要な選手を数人手放さねばならなかったが、それでも我々は4位まで復調し、素晴らしいシーズンを終えた。私は自分のチームに満足しているし、まだ上位集団に属している。昨季と比較して2ポイント少ないだけだ。全員が成長することによって、我々が進むべきカンピオナートを歩んでいくことになるだろう。全員がもっと勝ちたいと欲することは理に適っている。勝ち点がもっと高いはずだったのか低いはずだったのかは分からないが、我々のいる場所はここだ。3月までは何事も相対的だ。もし一致団結した状況にあれば我々は更に強くなれるだろう。我々は自分たちの道を進んでいく。
■ダレッサンドロ
追いつかれてしまって口の中に苦さが残っているよ。先制したのにリードを守れなかった。僕たちナイーブだったね。今は好調な時期じゃないけど、でもファンの前でそういう負のものを全て捨て去りたかったんだ。僕らは勝利を収められなかった。だけど新年は少し幸運が訪れることを願っているよ。
■ラヴェローネ
僕たちはレッジーナの攻撃陣を上手く抑えることができた。失点した後もそうだ。相手は好調ではない時期を乗り越えるために強力なスタートを切ってくるだろうことは分かっていた。でも僕らはバラバラにならずに、同点弾を生み出すために必要なバランスを維持したんだ。




ハイライトでエメルソンのゴールシーンを改めて見ると、結構笑っちゃうゴールですね。
リッツァートのCKをサッスオーロの選手がゴール前でクリア⇒ペナルティエリアの外側でクリアボールを押し込もうとしたリッツォが思い切り空振り⇒リッツォの背後からすんげえ勢いで駆け上がってきたエメルソンが、スピードに乗ったまま左足を振り抜いてポミニのニアをぶち抜くスーペルゴール!
パスにしろシュートにしろエメルソンの長距離砲の精度の高さには毎度驚かされます。サッスオーロのGKポミニもまさかあんな位置から打ってくるとは思っていなかったんだろうなぁ。因みにエメルソンのゴールは伊紙から『魚雷』と形容されておりました。

本日のガゼッタ・デル・スッドの見出しは

「レッジーナは支配したが、もはや勝ち方を覚えていない」

まあ正にそんな感じですね。いいですよ。中断期間中にじっくり時間をかけて勝ち方を思い出してくださいませ。

フォーティ会長はこのままブレダさんで行くと明言したようです。若いチームと一緒に若い監督(42歳)も成長していく姿を楽しみにしています。選手も監督も頑張れ!


現在の順位:6位(勝ち点30)
最多得点者:ミッシローリ(7ゴール)
11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。