--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/05

セリエB第18節レッジーナ×サンプドリア チャンスを決めきれずスコアレスドロー

レッジーナ0-0サンプドリア
得点者:いましぇーん

REGGINA (4-2-3-1): Marino P.; D'Alessandro, Cosenza, Emerson, Rizzato; Castiglia (80' Barillà), De Rose; Campagnacci (70' Ceravolo), Missiroli, Ragusa; Bonazzoli. A disp. Kovacsik, Adejo, Viola N., Sarno, Marino A.. All. Breda.
SAMPDORIA (4-3-3): Romero; Rispoli, Gastaldello (72' Laczko), Rossini, Costa; Dessena (80' Padalino), Palombo, Bentivoglio; Foggia, Piovaccari, Bertani (83’ Fornaroli). A disp. Da Costa, Accardi, Obiang, Pozzi. All. Iachini.
ARBITRO:
Tozzi di Ostia.
AMMONITI: Cosenza (R), Emerson (R), Costa (S), D'Alessandro (R), Dessena (S), Rossini (S), Ragusa (R), De Rose (R)
NOTE: angoli 5-6, recupero 1'-4'. abbonati 3.863; terreno di gioco in buone condizioni.

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:
Reggina Calcio v UC Sampdoria

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
P. Marino 7, D'Alessandro 6, Cosenza 6, Emerson 6.5, Rizzato 6+, Castiglia 6, Barillà s.v., De Rose 6+, Campagnacci 6, Ceravolo 6, Missiroli 7-, Ragusa 5.5, Bonazzoli 6-
Tutto Mercato
P. Marino 6.5, D'Alessandro 6, Cosenza 6, Emerson 7, Rizzato 7, Castiglia 6, Barillà s.v., De Rose 6, Ragusa 5.5, Missiroli 6, Campagnacci 6, Ceravolo 6, Bonazzoli 6.5
Datasport
Marino P. 6.5, Cosenza 6, Emerson 6.5, D'alessandro 5.5, De Rose 6, Missiroli 7, Rizzato 6.5, Bonazzoli 6, Ragusa 4.5, Campagnacci 6.5, Castiglia 6, Barillà s.v., Ceravolo 5, All. Breda 6

試合後の監督と選手のコメント:
■ブレダ監督
ゴールはなかったがポジティヴなパフォーマンスだった。序盤は新しいシステムに少々苦しんだが、徐々に上向いていった。この試合は我々に信頼を取り戻してくれた。
再び軌道上に戻ったよ。FW陣が自分を犠牲にすれば我々は更に多くの武器を持つことになる。ここまでの全てが否定されるべきではないが、このことはロッカールームを活気付かせるための形を我々に与えた。とても素晴らしいことだ。全員が自分も関わっていると感じることが必要だから。
カンパニャッチはいつだって重要なプレーヤーだ。今日はとてもよくやってくれた。攻守両面で利いていたよ。スペースを衝き、再びベストな時を迎えている。他の多くの選手たちもよくやってくれた。確実に前に進む一歩となったよ。
システムの変更?カンパニャッチの復帰により攻撃的選手の選択肢が更に増えた。我々は申し分のない守備をしてきた。3-5-2はトップフォームを要求するが、このシステムを用いることによって出場機会の再分配がある。我々はよりアグレッシブになるチャンスを持つということだ。
我々は多くのチャンスを作り上げ、ゴールだけが足りなかった。重要なのは再び得点機を作れるようになったことだ。
ラグーサは今日私をジリジリさせてくれたよ(笑)。彼はクオリティを与えてくれたが、枠を叩くのではなく中に入れることを理解しないといけない。多くの決定機を潰したが、それでも彼はいい仕事をしてくれた。
私は選択肢を持ったので、今度は選ぶことができる。対戦相手とやりたいゲームを基に、4-2-3-1という代替策を持つということだ。
今日は出場機会の少なかった選手たちをプレーさせた。多少の不満分子が出ることもあるだろう。しかし真のプロというものは呼ばれたときに準備できているようにしておくものだ。新しい形を用いたので、全員をシャッフルしたというのもある。
ニコラス(ヴィオラ)に対して含むものは何もない。私は週の練習を見る。ニコラスに対するコメントはしないよ。単なる戦術的選択に過ぎないからね。今日は彼の仕事はカスティーリャがした。彼もその役割をこなすことができる。大切なのは死に物狂いでポジションを欲することだ。
サルノはグループ内でのポジションを取り戻している。彼は独自の特徴があり、スペースを見出すことは可能だ。今日は彼を投入する必要がなかったが、特定のシチュエーションでは他とは違う何かを与えることができる選手だ。
■コスタ
僕たちはいいスタートを切って、最初の20分はとても良かった。やがてレッジーナが対策を講じて、攻撃部門の価値を発揮できるようにしてきた。
名の知れた選手がいるかどうかは重要じゃない。たぶん僕らは冷静さと安定感が少し欠けていて、それがあればポジティヴな結果が訪れると思う。セリエAを狙っているチームだという自覚を持ってプレーし、それを全ての人たちに示さないといけない。
レッジーナは僕にとって素晴らしいチーム。攻撃部門に試合の局面を変えられる選手たちがいる。昨季のことはよく思い出すよ。
物事が上手くいかないと代償を払わされるのは監督だ。サンプドリアでは期待値が途轍もなく大きい。結果が出なければ交代という決断がなされる。人として監督としてのアッツォーリのクオリティは疑いの余地がない。
レッジーナに対しては3バックと4バック両方の対策を準備していた。もちろん攻撃に関してもね。攻撃の特徴は誰もが知っている3トップ+トップ下だ。



2時キックオフって辛いですね。ぴのさんと「眠い」というメールを交換しつつ90分が終わりました。仲間がいなかったら途中で意識失っていたわん
だからと言って別に潰し合いに終始する詰まらん内容だったわけではなく、やる気ナッシングな緩いゲームだったわけでもありませぬ。両チームめちゃくちゃ気合入ってました。気合入りすぎて険悪になりそうなシーンも何度か
非常に緊張感のあるゲームだったのに、それでも眠かったのは一度もゴールで歓喜できなかったからかな。
ラグーサはブレダ監督だけじゃなく私もジリジリさせてくれました。や、全国のアマラント・ティフォージが忍耐力を試される苦行を強いられていたと思われ

では、ハイライトとクロナカと私の曖昧な記憶を基にこの試合を振り返りましょう。

               

午後6時のグラニッロ。選手はほぼ全員が半袖。レッジョは日が暮れても暖かかった模様。
寝坊したので試合前の光景を見られていない。コスタとフォッジャはティフォージから拍手で迎えられたのだろうか。
 ↓
前半4分、カンパニャッチとラグーサが左サイドを征服⇒上がってきたリッツァートにボールが渡る⇒リッツァートのクロスにミッシが上手く合わせるけどヘディングシュートは枠の上。
 ↓
前半6分、左からコスタのクロス⇒ピオヴァッカーリのヘッドはマリーノが弾いてCKに逃れる。
CBではなく本職の(と本人は主張)SBとしてプレーしているコスタ。相変わらずいいクロスを入れてくる。
 ↓
前半7分、サンプドリアのカウンター。一気に持ち上がったピオヴァッカーリが右のフォッジャに展開⇒フォッジャの左足シュートはマリーノがセーブ
 ↓
前半8分、9分、立て続けにベルタニにミドルを打たれるがマリーノが難なくセーブ
 ↓
前半13分、レッジーナ最初のCK。寝坊した私はここからストリーミング観戦スタート。ミッシをマークするコスタの姿に胸が熱くなる。わかりきったことなんだけど敵なんだよね
このときコセンツァが黄紙ゲット。久々先発のコセンツァ@警告王がちと怖い…
 ↓
前半21分、リッツァートのクロス⇒ターンしながら左足で放ったボナちゃんのシュートはわずかに枠の左へ。惜しい!ティフォージからは大きな拍手
 ↓
この辺りからガスタルデッロvsボナッツォーリその他諸々のバトルが激化。開始から緊張感のあったピッチの雰囲気がどんどん熱くなる
 ↓
前半29分、えらい距離のあるエメルソンのFKがラグーサの頭にピンポイントで飛んできた⇒ラグーサのヘッドは枠の遥か上。本日の宇宙開発1発目
 ↓
前半32分、エメルソンの長距離砲⇒ロメロがキャッチできずに弾いたボールをボナちゃんが押し込もうとしたけど、その前にゴール前に詰めていたラグーサがオフサイドを取られた模様。
 ↓
前半38分、最終ラインからロングフィードをカンパニャッチが絶妙なトラップ&フェイントでリスポリをかわしてループ気味の右足シュート!⇒惜しくもファーポストを掠めて外れる。
決まらなかったけど巧い!怪我明けとは思えない切れ!ティフォージ大歓声!
 ↓
前半41分、エメルソンのCK⇒ニアポストでミッシがお洒落ヒール!⇒サンプのDF陣の足に当たりゴールならず。惜しい!
 ↓
0-0で前半終了。序盤は攻め込まれていたけれど、それ以降はレッジーナのペース。
フォッジャとミッシがユニ交換していてジーンときた。つーか、二人の身長差すげえな。
 ↓
後半1分、エメルソンのFKがファーのボナちゃんの元に届く⇒ボナちゃんロメロのニアをぶち抜こうとしたけど止められる。しかしまあエメルソンのキックから始まるチャンスの多いこと!
 ↓
後半2分、デローゼのゴール前への気の利いた浮き球パスをラグーサ枠に飛ばせず。グラニッロ何度か目の大きなため息
 ↓
後半9分、ピオヴァッカーリへのロングボール1発⇒スピードでコセンツァをちぎったピオヴァッカーリだったがマリーノが立ちはだかったためシュートに持ち込めず
 ↓
後半12分、カスティーリャから始まったレッジーナのカウンター⇒カンパニャッチから左のリッツァートに渡ってクロス⇒ロメロが触ったボールがファーに落ち、ラグーサが押し込むだけだったのに本日2発目の宇宙開発⇒グラニッロ失望の悲鳴に包まれる
 ↓
後半14分、デッセーナがミッシをかわしてクロス⇒ピオヴァッカーリのヘッドは大きく枠の上。互いにFWが決定機を外しまくりスコアレスドロー臭が漂い始める
 ↓
後半25分、カンパニャッチOUT、チェラヴォロIN
怪我上がりで90分持たないカンパニャッチに大きな拍手が送られる。いいプレーだったよ!
 ↓
後半26分、パロンボの直接FKは落ちきらずに枠の上。際どかった。
 ↓
後半29分、エメルソンの強烈なFK⇒ロメロ弾くのが精一杯⇒跳ね返りをデローゼ押し込めず
 ↓
後半35分、カスティーリャOUT、バリッラIN
 ↓
後半37分、左からのチェラヴォロのグラウンダーのクロス⇒ファーで受けたラグーサ、またしても宇宙開発@本日3発目
グラニッロを覆うのは最早ため息ではなく怒声に近い
 ↓
後半42分、ミッシお得意のドリブルでサンプ陣内をスルスルと斜めに突破⇒エリアちょい手前で放ったシュートはロメロが片手で弾く⇒こぼれ球を押し込めるところに誰もおらず…
 ↓
ロスタイム4分、ピオヴァッカーリのヘディングシュートをマリーノ神セーブ!ひゃー危なかったぜ!マリーノ(*^ー゚)b グッジョブ!!
 ↓
0-0で試合終了。ラグーサが1本でも決めてくれれば勝てた試合だったよなー。
試合後の風景がたいして映らなかったんだけど、コスタは誰かとユニ交換したのかしら?

               

あれだけチャンスがあったのに~!とストレス溜めて再び寝床に就きましたが、チームパフォーマンスが上向いているのは明らかなわけで、次節に大いに期待したいと思います。前節後半に取り入れた4-2-3-1は最初懐疑的だった私ですが、かなりいけそうな感じがしてきました。
ラグーサは4.5とか凄い点つけられちゃったりしているけど、ぜひとも次の試合で鬱憤を晴らしちゃってくださいませ。3点ぐらいぶち込んじゃっていいぞ!
マリーノは安定感が出てきましたね。危なっかしくてしょうがなかった2シーズン前と比べると本当に成長したなぁ。

サンプはアッツォーリさんが失望したと名指ししたピオヴァッカーリがえらい張り切っていて、まったくアッツォーリさん余計なこと言ってくださいましたわ。ゴールされなくてよかったよ~。

勝ち点はちょっとトップチームから離されちゃった感があるけど6位キープ。まだプレーオフ圏内維持でございます。

現在の順位:6位(勝ち点29)
最多得点者:ミッシローリ(7ゴール)

11-12レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
見事!!!
やりましたね~マツさん、素晴らしいです。

ユナイテッドはやらかしましたね。
マンチェスター勢W敗退はちょっと予想出来ずでしたね。
shoさん、こんばんは~
いや~残業疲れで息も絶え絶えでして、録画すら忘れました。
再放送は絶対に録画します。

Fillipoさんの試合レポ読みましたが、マツマツが退席処分になったそうで/(^o^)\ナンテコッタイ
あーん、早く見たーい!←一番の観戦ポイントはそこかよ!

> ユナイテッドはやらかしましたね。
> マンチェスター勢W敗退はちょっと予想出来ずでしたね。

イギリス人及びイギリスからの帰国子女には今まで酷い目に遭わされてきたので、
ざまあみろ!って感じです。へっへっへ。ヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ


こんばんは
決勝トーナメント進出クラブ数、イタリア勢最多ですね。
いつ以来だろ?今回EL廻るクラブが結構豪華なメンツですね。

こっから先がつらそうですけどね、ミランもプレミアのどっちか
当てられそうな気がします。公正な抽選(笑)で。

中継見ててもプレミアやブンデスと比べて客入ってないですよねイタリア。
レッジーナって戻ってきてるんですかね?
インテルのゲーム見ててあまりにガラガラでおもわず 日産スタジアムかよっ
とつっこみました。デカ過ぎです、アソコ。
ユーヴェの新スタみたいなの欲しいです。
shoさん、こんばんは~
イタリア復権の兆しでしょうか。嬉しいです♪
それにしてもインテルが1位抜けというのが驚きですね(笑)
ELも楽しみだなぁ。繁忙期なので観戦できる試合は限られそうですけど。
え?FIFAに公正な抽選なんてあるんですか?(毒)

レッジーナは一時期よりは増えましたけど、まだまだ満員には程遠いです。
とにかく欧州経済の落ち込みが半端ないので、カルチョの人気以前の深い問題ですよね。
サッカー見に行きたくても先立つものがないという…
そんな中、収容人数6万のサン・パオロが満員になるって、ナポリはいろんな意味で素晴らしいです。

経済の落ち込み、スタジアム離れ、日本も人事じゃありません。
日産スタジアムも客離れが激しいので頑張りましょう。NACK5スタジアムも満員にしなくちゃ!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。