--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/11/06

セリエB第14節クロトーネ×レッジーナ 数的優位を活かせずドロー

クロトーネ1-1レッジーナ
得点者:前半31分 ミッシローリ、後半20分 チャーノ

CROTONE (4-2-3-1): Bindi; Correia, Tedeschi, Abruzzese, Migliore; Florenzi, Galardo (77' Maiello); Gabionetta, Calil (63' Djuric), Sansone; Ciano (79' Pettinari). A disp. Belec, Ligi, Eramo, De Giorgio. All. Menichini.
REGGINA (3-4-1-2): Kovacsik; Adejo, Emerson, Marino A.; Colombo, De Rose (72' Rizzo), Viola N., Rizzato (61' Barillà); Missiroli; Bonazzoli, Ragusa (79' Ceravolo). A disp. Leone, Cosenza, Castiglia, D’Alessandro. All. Breda.
ARBITRO: Velotto di Grosseto.
RETI: 31' Missiroli (R), 65' Ciano (C).
AMMONITI: Florenzi, Sansone, Abruzzese, Bonazzoli, Galardo, Maiello.
ESPULSO: 46’ Gabionetta.
NOTE:corner 8-1; recupero 1'-4'.

この試合の動画:
Fc Crotone | Crotone -- Reggina 1-1, sintesi e reti della gara ←クロトーネ目線のハイライト
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:
FC Crotone v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Kovacsik 6, Adejo 6.5, Emerson 6, Marino A. 5, Colombo 5, De Rose 5, Rizzo 5.5, Viola N. 5, Rizzato 5.5, Barillà 5.5, Missiroli 6.5, Bonazzoli 5.5, Ragusa 5.5 Ceravolo s.v.
Datasport
Kovacsik 6.5, Adejo 6.5, Colombo 5, Emerson 6, Marino A. 5.5, De Rose 6, Rizzo 6, Rizzato 5.5, Barillà 5.5, Viola N. 6, Bonazzoli 6, Missiroli 6.5, Ragusa 5, Ceravolo s.v. All. Breda 5.5

試合後の監督と会長と選手のコメント:
■ブレダ監督
我々は結果に満足していない。1ポイントは拾ったが、もっと自信を持たないといけないし、アクションを構築するためにはもっと精密でないといけない。数的優位を活かさねばならなかったのに上手くいかなかった。ピッチ上は非常に拮抗していたが、それでもいくつかのチャンスは決めておくべきだった。試合の入り方は悪くなかったのだが、ゲームを通して決定的になれなかった。ホームに貴重な勝ち点3を持ち帰るいい機会だったのに残念だよ。
ボナッツォーリのテスト?後半彼がたくさんボールに絡んで何度か素晴らしいチャンスがあったのを見ただろう?すぐにゴールは訪れるはずだ。ボナッツォーリはレッジーナにとって非常に重要な選手だ。まだ点を取れていないのが気の毒だよ。
■フォーティ会長
もう少しの注意力があれば結果を持ち帰ることが出来ただろうに。チャーノのシュートはたくさんの足の間を通り過ぎた。その後ミッシローリが追加点のチャンスを迎え、彼は素晴らしかったのだがシュートは不運だった。我々は敵のスタジアムとプレスに少々苦しんだ。これらがクロトーネの価値であり、認知されるべきだと思う。若干の失望はあるがカンピオナートがここで終了するわけじゃない。トリノ戦の敗北の後でポジティヴな結果だよ。この1ポイントが役に立つ。数的優位を活かせなかったことだけが残念だ。
■アデジョ
10対11なのに押し込めなかった。常に成長すべき点があるってことだね。
チャーノのゴール?ボールが見えなくてクリアできなかった。このドローの結果は怒りと共に歓迎するよ。次の試合に役立てるんだ。上手く行っているときには結果も目に見えて、他所が何やっているかなんて気にならないものだ。俺たちの得た結果はこのとおり、素晴らしくもなければ悲惨でもない。


クロトーネの監督も会長もレッジーナを大いにリスペクトしていて非常に好意的なコメントを出していました。同じカラブリアのチーム同士、良好な関係にあるみたいです。この辺が宿敵メッシーナとのダービーとは違うんですよねー。あの殺るか殺られるかの一触即発な雰囲気が懐かしいわん。



ジェノヴァは大雨による洪水で大変なことになっていますね。現時点で死者7名、ジェノア×インテルも延期になりました。因みにコスタの住んでいる辺りは無事だそうです。うちの会社の治水のプロをリグーリアに派遣してあげたい…。

さて、楽しみにしていたカラブリア・ダービーですが、点を取れという私のリクエストは届いたものの結局はドローでした。うーん、ここで勝利して一気に巻き返したかったなぁ。

まだまだ詰めが甘いわね君たち。

では、ハイライトとクロナカで試合を振り返りましょう。

               

北の方は大雨で大変なことになっているけどカラブリアは晴天。でも風が強かったらしい。
ご近所なので大勢のアマラント・ティフォージがエツィオ・スチーダに駆けつけるかと思ったけど、アウェイチーム用クルヴァ席には数十人しかいない感じ。
 ↓
ジェノヴァの洪水で亡くなった方たちのために1分間の黙祷。
レッジーナ今日は白ユニ。今季の白ユニはなかなかカッコイイと思う。レッジーナは全員半袖なのにクロトーネはほとんどが長袖。寒がりが多いのね?
 ↓
前半4分、カリルのシュートはコヴァチク難なくキャッチ
 ↓
その後もクロトーネのチャンスが続くもシュートは枠を捉えず。
一方レッジーナはボナちゃんが前線で孤立し、チームが攻撃に転じた際にミッシがボナちゃんにアシストしようと奮闘していた模様。
 ↓
前半31分、左サイドからのエメルソンのFK⇒蹴る瞬間ニアに飛び込んできたミッシが半身で上手く頭に合わせ、ニアぎりぎりのところに叩き込みレッジーナ先制!エメルソンのキックの精度も良かった!

ミッシ今季7ゴールキタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪
 ↓
前半36分、後方からボナちゃんへロングボール⇒ペナルティエリア右端からボナちゃんのダイアゴナル・シュート⇒ビンディが辛うじて弾いたボールを押し込める位置に誰もおらず…。もったいない。
 ↓
前半42分、ヴィオラ兄のボールロストからクロトーネにカウンター⇒ガラルドが一旦攻撃をスローダウン⇒左からのクロスにチャーノが頭で合わせるもコヴァチクの正面
 ↓
前半44分、コロンボがゲットしたいい位置でのFK⇒いつものようにエメルソンとヴィオラ兄がボールに行くけど蹴ったのはエメルソン⇒ビンディが難なく阻止。
 ↓
0-1で前半終了。
 ↓
後半1分、後ろからチェックに行ったデローゼにエルボーかましたガビオネッタが一発レッド。さようなら~。
後半早々にクロトーネは10人になって楽な展開になるはずだったのに…
 ↓
後半4分、フロレンツィのFKをコヴァチク横っ飛びセーブ
 ↓
後半17分、リッツァートOUT、バリッラIN
 ↓
後半18分、カリルOUT、ジュリッチIN
 ↓
後半19分、またヴィオラ兄のボールロストからクロトーネのカウンターが発動⇒ガラルドの展開パス⇒投入されたばかりのジュリッチのポスト⇒ペナルティエリア右端付近からサンソーネの強烈なシュート⇒コヴァチクが触って軌道が変わり、シュートはわずかに枠の上に逸れた。危なかった~

アダムちゃんナイス!素晴らしい反応だったよ!!

テレビの実況もクロナカでもアダムちゃん絶賛!(・∀・)イイヨイイヨー
 ↓
後半20分、コヴァチク神セーブからクロトーネのCK⇒コヴァチクがファーに掻き出したボールがファーにいたチャーノの元へ⇒飛び出したコヴァチクを嘲笑うかのようにチャーノが左足を振り抜く⇒レッジーナの選手たちの足の間をすり抜けて対角線上のネットを揺らし、クロトーネ同点。おいおいおい。

ゴール前に4人もいたのに誰も止められなかったのかよ!

クロナカによるとレッジーナは一人少ない相手に受身になり過ぎてピンチを招いているとのこと。
 ↓
後半27分、デローゼOUT、リッツォIN
 ↓
後半29分、フロレンツィのFKをコヴァチク横っ飛びでパンチング
 ↓
後半33分、フロレンツィの40m長距離砲⇒ちょっと処理に手間取ったけどコヴァチク無事阻止。アダムちゃん大忙し。
 ↓
後半34分、ラグーサOUT、チェラヴォロIN
ラグーサ今日は輝けなかったなぁ。
 ↓
後半43分、ミッシお得意の中央突破!華麗なルーレットで二人を置き去りにし、更にフェイントで一人かわしてから左足シュート!⇒決まれば神だったのにシュートは枠の上!ぐわぁぁぁ!⇒ミッシ突っ伏したまま動けず…。
 ↓
そのまま試合終了のホイッスル。一人少ない相手に追いつかれて痛恨のドロー。

               

アウェイで引き分けたのに何だか負けた気分…。勝てる試合だったのになぁ。
ヴィオラ兄が調子悪そうで気になります。今日は中盤でのミスが目に余る試合だったようで…。
明るい材料としてはシーズン序盤にダメダメだったアデジョが、ここ数試合で心身ともにコンディションを上げてきたこと。コヴァチクが復帰後はいいパフォーマンスをしていることかしら。
選手の皆さん、いっぱいいっぱい反省して、次こそティフォージに勝利をプレゼントしてね!

現在の順位:5位(勝ち点24)
最多得点者:ミッシローリ(7ゴール)

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。