--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/31

セリエB第12節ブレシア×レッジーナ コヴァチクPK2本阻止で4連勝!

ブレシア0-3レッジーナ
得点者:前半41分 チェラヴォロ(PK)、後半15分 ヴィオラ兄、後半44分 ラグーサ

BRESCIA (4-3-1-2): Leali, Zambelli, Dallamano, Magli (54' Cordova), Daprela, Vass, Salomon, Budel, Juan Antonio, El Kaddouri (54' Ramos), Feczesin (68' Maccan). A disposizione: Arcari, Mandorlini, Paghera, Scaglia. Allenatore: G.Scienza.
REGGINA (3-5-2): Kovacsik, Adejo, Emerson, A. Marino, Colombo, N. Viola (84' Barillà), Castiglia (61' De Rose), Rizzato, Missiroli, Ragusa, Ceravolo (77' Bonazzoli). A disposizione: Leone, Cosenza, D'Alessandro, Rizzo. Allenatore: R. Breda.
Arbitro: Sig. Ciampi di Roma
Marcatori: 41' Ceravolo su rig. (R), 60' N.Viola (R), 90' Ragusa (R)
Ammoniti: 40' Leali (B), 53' Adejo (R), 66' Dallamano (B)
Note: Kovacsik para i rigori di Feczesic al 16' e di Budel al 84'. angoli 8-3, recupero 2'-3'.

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:
Brescia Calcio v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Kovacsik 8, Adejo 7, Emerson 6.5, Marino A. 6.5, Colombo 6, Viola N. 6.5, Castiglia 6, Missiroli 6.5, Rizzato 6, Ragusa 7, Ceravolo 6.5, De Rose 6, Bonazzoli s.v., Barillà s.v.
Datasport
Kovacsik 8, Adejo 7,Colombo 6, Emerson 6.5, Marino A. 6.5, Castiglia 6, De Rose 6, Rizzato 6.5, Viola N. 7, Barilla s.v., Ceravolo 7, Bonazzoli s.v., Missiroli 6.5, Ragusa 7, All. Breda 7

試合後の監督のコメント:
■ブレダ監督
論理的に考えて、もし相手がPKを決めていたら違ったゲームになっていただろう。コヴァチクが挽回できたことがとても嬉しい。エピソードで差が生まれ、ある意味我々にとっては幸運だったし、我々のサイドに彼らを連れてくるのにも効果的だった。絶好機をブレシアはものにできず、一方の我々は何度かあったカウンターを生かせなかった。彼らにとって容易ではなかっただろう。ブレシアはハッピーな時期ではないが、監督は優秀で、彼は何をすべきかわかっている。すぐにチームは持ち直すだろう。
4連勝?気を抜く危険はないよ。だって次はトリノとの対戦だからね。私の考えでは、我々は順位表を見て多くを考えてはいけない時期にいる。この姿勢は正しい。
攻撃陣?我々の前線には素晴らしい個性が揃っている。ラグーサはセリエBデビューしたばかりで既に6ゴールしている。チェラヴォロもゴール記録を更新した。今は試合に出られないがカンパニャッチのことも忘れてはいけない。我々は自分たちを信じている。
今までどおり守備戦略とカウンターで勝利した?我々は自分たちの攻撃陣の特徴を活かしており、それが非常に上手くいっている。しかし試合に勝つ方法はそれだけじゃないさ。




なんとコヴァチクがPK2本止め!!!

マリーノ発熱で再びゴールマウスに戻ってきたアダム・コヴァチク20歳は、これ以上ない見事なパフォーマンスで雪辱を果たしました。2つ目のPKも止めた瞬間、今までコヴァチクを非難していた我慢の足りない連中は、スタジアムで、テレビの前で、土下座して詫びたことでしょう。つーか、まだ謝ってないなら今すぐ謝れ!

はい、では4連勝となった目出度いゲームを振り返ってみましょう♪

               

単独チャンネルのストリーミングが死んでいる。多元中継でブレシアに映像が飛ぶのをひたすら待たないといけないのかよ
 ↓
ブレシアは晴れ。リガモンティの客の入りはイマイチ。どこも集客には苦労してるわね。
 ↓
前半5分、ミッシの中央突破からの左足シュートは枠の右。
 ↓
前半7分、左からリッツァートのグラウンダーのクロス⇒ラグーサがニアに飛び込むも押し込めず。
 ↓
前半9分、ヴァスのシュートがカスティーリャの足に当たってコースが変わり、浮いた軌道がほんのわずかポストの右に逸れた。ヒヤッとしたぜ
 ↓
前半13分、エメルソンがペナルティエリア境界線上でアントニオの足を引っ掛けてPK献上⇒今日は早い時間に失点かとガックリきたら、なんとコヴァチクがフェチェシンのPKを右に飛んでセーブ!わーお!!!
マリーノAに頭をいい子いい子されてニコッと微笑んだコヴァチクが超ラブリーだった
 ↓
前半23分、ヴァスの美しいスルーパス⇒エリア内に抜け出したエル・カドゥリの至近距離シュートをコヴァチク正面で弾き返す。自信に満ちた表情で親指を立てるコヴァチク。だんだんノってきた。
 ↓
前半28分、カウンターからチェラヴォロのシュートが相手DFに弾かれ、ヴィオラ兄がこぼれ球を左足で遠目から狙うも枠の左
 ↓
前半30分、エリア外側からのヴァスのシュートは威力があったけど枠の上。もしかしてコヴァチク触った?
 ↓
前半40分、エメルソンのロングボールにラグーサが一気に抜け出し、エリア内でGKレアーリと接触して倒れる⇒今度はレッジーナがPKゲット!⇒これをチェラヴォロが落ち着いて決めてレッジーナ先制!

チーム内得点王争いが激化してきました!

これでチェラヴォロは6ゴール!ミッシに並んだ!
 ↓
0-1で前半終了。
 ↓
後半開始時間になると多元中継も死んでしまった。いやーん、チャンスシーンすら見られないのかよ!
と思ったら、単独チャンネルのストリーミングが生き返っていた!わーい♪
 ↓
後半5分、チェラヴォロのスルーパスを左サイドで受けたラグーサ、エリア内まで持ち込んでファーを狙った対角線シュートはわずかに枠から外れた。今日はなかなか決まらん。
 ↓
後半6分、アントニオの長距離砲はコヴァチクの正面。
 ↓
後半15分、チェラヴォロとラグーサがエリア内に運べずに弾き返されたボールをヴィオラ兄がまた遠目から狙う⇒今度は押さえの利いたテクニカルなシュートがキレイにネットを揺らした。レッジーナ追加点!!!
ヴィオラは舌を出して人差し指をくるくる回すいつものパフォーマンス。ヴィオラのミドルも大きな武器になりそうだ
 ↓
後半16分、カスティーリャOUT、デローゼIN
 ↓
後半34分、チェラヴォロOUT、ボナッツォーリIN
元ブレシアのボナちゃんには観客から口笛と拍手の両方が送られた。拍手してくれる人がいて良かったねボナちゃん。
ボナちゃんは幾つかチャンスに絡んだけどゴールは決められず。少しずつ調子を戻そう!
 ↓
後半38分、ヴィオラ兄OUT、バリッラIN
ヴィオラ兄にはアウェイ席から拍手。残り10分弱ブレシアの最後の猛攻を凌ぐレッジーナ
 ↓
後半41分、エリア内でコロンボがラモスにファールを働いたとしてPKの判定。げげっ。
今度は決められるだろうと思ったが、ブデルのPKを今度もコヴァチクはコースを読み切って止めてみせた。

信じられないやったぜアダムちゃん

得意げなアダムちゃんがカワユイ♪

ガッツポーズのコヴァチクにチームメイトが次々抱きつく。エメルソンの飛びつき方が半端じゃない
 ↓
後半44分、コロンボのロングボール⇒スペースに抜け出したラグーサの独壇場。レアーリをフェイントでかわして駄目押し弾!

3度目の正直でやっと決めたラグーサも6ゴール!3人並んだ!
 ↓
0-3で試合終了!レッジーナ4連勝!!!

               

この試合のMVPはもちろんコヴァチク。現キエーヴォのプッジョーニがfacebookで元後輩GKを絶賛してました。
「おめでとうアダム!1試合で2回PKを止めるなんて誰にでも出来ることじゃないよ!」
昨季プッジョーニ様から多くを学んだアダムちゃんは先輩の褒め言葉が殊のほか嬉しかったでしょうね。

Tutto Regginaのコヴァチクの寸評は以下のとおり。
なんという巻き返し!ほぼ完璧な試合。飛び出しも、ハイボールの処理も、グラウンダーとミドルシュートの対応も確実だった。更に2つのPKを巧みに阻止。これ以上を望むのは不可能というものだ。若さゆえの序盤戦のミスの全てを、この日の午後に帳消しにした。パーフェクト。
評価8


若い選手の可能性を信じてあげるって大事なことですね。信じてあげれば途方もない力を発揮するものですね。監督、チームメイト、クラブの信頼に全身全霊で応えてみせたコヴァチクの成長した姿にジーンときちゃいました。頑張ってこれを続けようね。

毎試合日替わりヒーローが生まれてチームのムードはすこぶる良好♪次は週の中日に首位トリノとの対戦が待っています。

現在の順位:4位(勝ち点23)
最多得点者:ミッシローリ、チェラヴォロ、ラグーサ(6ゴール)

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。