--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/27

9日目:帰国

2010年5月16日(日)晴れ

いつものように朝食スペースのおじちゃんに部屋までブリオッシュとカプチーノを運んでもらった。冷蔵庫に残っていたハムとヨーグルトを片付け、リーノの差し入れのオレンジもやっとのことで完食。リーノのお陰でレッジョにいる間にビタミンCをたっぷり摂取できた。
チェックアウトの手続きをして、食べ切れなかった非常食の日本のチョコレートをフロントの女性にプレゼントと称して置いてきた。お気に召してくれたかしら。

約束の時間をちょっと過ぎた頃にアントネッロがやってきた。後は空港へ行ってローマ経由で日本へ帰るだけ。車の中では「今年の遠征も全部終わっちゃったなぁ」と虚脱感を感じていた。最後の最後に空港でカルモナと遭遇するというテンションの上がる出来事が待ち受けているとは思いもしなかった。この後の出来事はこちらのエントリーを参照のこと。
エピローグみたいなプロローグ
合間合間に興奮状態でヤス君にメールして、カルモナ遭遇実況をしていたのは言うまでもない(笑)

ローマ⇒成田の機内はパーソナルテレビが壊れていて映画を見られず。アリタリアは通路側の席のパーソナルテレビが壊れている確率が高い気がするのは気のせいだろうか。やることがないので空港で買い込んだ新聞を眺め、そのうち眠りに落ちていた。

               

レッジーナのB残留決定は最終節までもつれ込んだ。12位でフィニッシュしたものの、どうしようもなく情けないシーズンだった。スーパーBの面子を揃えて1年でA復帰するはずが、何もかもが裏目に出た感がある。内部昇格させたプリマヴェーラのブレダ監督(就任時40歳。トップチームを率いた経験無し)がここまで優秀じゃなかったらレガプロに落ちていたかもしれない。あれほど熱くレッジーナを応援していたティフォージに愛想を尽かされ、かつて人で溢れていたサンタガタもグラニッロも閑散としていた。
しかし落ちるところまで落ちたことで、ようやくクラブは一番大事なものが何であるかに気が付く。翌シーズン、レッジーナは生まれ変わった。明確なプロジェクトを打ち出し、少々のことではブレないクラブに変わりつつある。ファンとして1年間本当に辛かったけど、生まれ変わるためにどん底を見る必要があったんだと、今はそう思える。

               

帰国して約3週間後の6月11日に南アフリカW杯開幕。俊輔にとって選手としての集大成となるはずだったこの大会は、ドイツW杯に続いて悔しさしか残らない大会となった。“元うちの選手ナカ” の活躍を楽しみにしていたレッジョの民も、俊輔のプレーをあまり見られず残念に思ったことだろう。マリノスに復帰して代表を引退した俊輔の晴れ姿をこの先レッジョの民が拝める機会があるとしたら、それはクラブワールドカップぐらいしか思い浮かばない。今までどん底から何度も這い上がってきた俊輔が、もう一度這い上がってクラブワールドカップに出場できたら、それを見てレッジョの民が喜んでくれたらステキだなと思う。



いつになく完成に時間のかかった2010年遠征記がやっと終了しました。仕事をして、サッカー観て、試合レポ書いて、遠征記も書くというのは時間的に難しいものがありますが、基本的に書くことが好きなので体力の続く限り頑張っていこうと思います。
最後まで読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。
アタランタファンとパルマファンもそこそこ楽しめるであろう2011年遠征記はもうすぐスタートです♪
南イタリア遠征記2010 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
2010記も!
UPありがとうございました、お疲れ様です。
私にとってはリーメイさんと一緒に勝手にお供した気分の空想に妄想+の旅なんです~
なのでホントに楽しみにしてます。食事のシーンで、味を確かめられないのが悔しいですけど(涎)
2011遠征(記)もついていきます(笑)

そうですね~悲しいくらいW杯にはなんともバイオリズムの波の合わないスンタンでした
はい、クラブワールドカップですね、
ぜひ頑張ってレッジョの皆様にも「おおおっ!NAKAがでてるぞ!がんばれ~!」と応援してもらいたいです。

雪虫さん、こんばんは~♪
労いの言葉ありがとうございます。
毎年毎年イタリアまで選手追っかけて行ける私は本当に恵まれていると思います。
行きたくて行きたくてたまらないのに、でもどうしても行けない方たちに、少しでも擬似追っかけ体験をしていただければ幸いです。
ええ、今年もどうぞついてきてください!(笑)

私の夢はクラブワールドカップでアジア王者のスンタン@マリノスが南米王者の板前さん@ペニャロールと対戦するのをスタジアムで観戦することです。ついでにヨーロッパ王者がナポリで監督がマツマツだったら、もう思い残すことはありません。そんなことになったらレッジョも盛り上がるだろうなぁ。スンタンの引退前に実現するといいなぁ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。