--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/09/17

アモルーゾがレッジーナのフロント入り!

この暑さ、いったいいつまで続くのでしょう。
マウイで束の間リフレッシュしてきましたが、その後はまたバテバテ、ヨレヨレ、虫の息でございます。今年も9月に入院コースかと思うくらい体調悪かったのですが、昨夜のビッグニュースにダルさも吹っ飛びました。

私のアモルーゾがレッジョに帰ってきました

ニックダイナマイトがフロント入りしました!

Comunicato Ufficiale Reggina Calcio
UFFICIALE/ Amoruso a capo delle giovanili amaranto

プリマヴェーラの下のお子ちゃま部門(Settore Giovanile)の責任者みたいです。
現役選手引退⇒下部組織の責任者に抜擢⇒スポーツディレクター就任というジャッケッタと同じコースを辿ることになるのでしょうか。ジャックのような敏腕振りを発揮してくれることを期待しています。

ああ、もう二度と会えないと諦めていた私の王子様にまたサンタガタで会えるのですね。できれば選手としての貴方様と再会したかったけど、あの魔法のようなポスプレーをもう一度見たかったけど、でも、あのステキな笑顔をもう一度生で拝めるなら贅沢言いません。どんなシチュエーションでもむちゃくちゃ嬉しいです。神様ありがとう!お願いだから私が行く前に首になったりしないでね…←おい

今年の遠征ではテクニカルスタッフとなったコッツァと再会。来年はお子ちゃま部門の責任者になったアモルーゾと再会予定。将来テデスコも引退後にレッジーナのフロント入りとかあるのかしら。テデスコの場合はないのかなぁ。テデスコよりもこのまま活躍し続ければボナちゃんの方が可能性高いかな?
02-03シーズンからレッジーナを見始めたので、馴染みのベテラン選手が引退する時期になりました。世界的な不況で引退後のサッカー選手の再就職が難しくなっていますが、こういう形でサッカーにかかわっていけることは幸せですね。私の愛する選手たちが引退後もハッピーでいられるよう願って止みません。

※引退してしまったのでプロフィールの好きな選手の欄から名前を消します。ちょっと寂しいな…

11-12レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
喜びましょう
おめでとうございます!
黒崎さんが、新潟のコーチになったような感じですね。ゆくゆくは・・・
練習見学が、楽しみですね。いっしょにやっているんじゃないですか?
私は練習見学に行ったことはありませんが、新潟の試合前日練習では、リラックスゲームという、試合形式の練習が行われるようです。コーチ陣が上手で、そして熱いとか。現在の新潟のコーチ陣は、黒崎監督、森保コーチ、サントスコーチ。以前は鈴木淳監督(元日本代表)も上手で、リラックスゲーム中に靱帯断裂の大けがをして、シーズン終了後、即手術して翌シーズンはリハビリだったそうです。
アモルーゾのいる練習風景、見に行きたくなりそうですね。
reoさん、こんにちは。
監督修行していたコッツァと違ってアモルーゾはマネジメントの方面でフロント入りしたっぽいです。
元々指導者になる気はないと断言していましたし、目指すは監督ではなくスポーツディレクターですね、きっと。
つーことで、お子ちゃまと一緒にサッカーやることはないのかもしれません。
でもいいです。練習場に行けば会えるだろうから、今すぐにでも渡伊したいです!←無理だから

すみません、新潟のコーチ陣、リラックスゲームで靭帯断裂って、それ全然リラックスじゃありません。
どんだけ本気モードでやってんですか(爆)
No title
アモルーゾ引退したんですか。
それにしても色々なクラブを渡り歩きましたね。
私の印象ではユーヴェ、ナポリ、レッジョがやっぱり残ってます。
パルマの頃も良かったはずなのに何故ベルガモに・・・
まぁその中でもレッジョ時代はやっぱり一番でしたよね。
あの前線のトライアングルは忘れられません。

>スポーツディレクター就任
これが叶えば、流浪の生活で得た所属クラブ数の多さが縁故となって生きて来るのかもしれませんよ。
まぁ必ずしも全てのクラブと幸せな形で別れたワケじゃないでしょうけど(トリノとか)。

コッツァ共々、裏方で突撃班を再結成してレッジョを支えて欲しいですね。
Fillipoさん、こんにちは。
本当にたくさんのクラブを渡り歩きましたよね。
その中でも「最後はレッジーナで」と望み続けてくれたことが嬉しくもあり切なくもあり。
レッジーナでキャリアを終えることはレッジーナでCLに行くことくらい難しいのかも。

> パルマの頃も良かったはずなのに何故ベルガモに・・・
あの謎の三角トレードがなければ選手としての晩年はもっと充実したものになったでしょうね。
でもパルマでの幸せが続いていたらレッジョに戻ってくることもなかったかもしれません。

> これが叶えば、流浪の生活で得た所属クラブ数の多さが縁故となって生きて来るのかもしれませんよ。

ですよね。ぜひこの経験を上手に生かして欲しいです。
弁護士の嫁も強力な後押しをしてくれることでしょう。

> コッツァ共々、裏方で突撃班を再結成してレッジョを支えて欲しいですね。

はい。コッツァ今はカタンツァーロで初めての監督にチャレンジしていますが、経験を積んでいつかレッジーナの指揮官として戻って来て欲しいです。その頃レッジーナのフロントが元選手で埋め尽くされていたら最高なんですけど(^^)


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。