--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/13

6日目⑤:これが今年の最重要ミッション?

遅くなってゴメン!渋滞が凄くって!

いつもの言い訳と共にアントネッロが到着。助手席には今日もリーノが乗っていて、私にオレンジの入ったビニール袋を二つ手渡す。
「このあいだ美味しいって言ってたから」とニコニコのリーノ。
えっ、前回貰ったの食べ終わってないんですけど…。
「………グラッチェ」
いらないとは言えずに笑顔で受け取る。こりゃ1日最低3個食べないと帰国までに食べ終わらんぞ。頑張らねば。

               

出待ちしている間に私のイタリア語の師匠その2のLukaさんからメールの返信が届いていた。実はLukaさんにもW杯落選のヴァルデスを励まそうかどうか悩んでいることを相談していたのだ。Lukaさんの答えはズバリ「絶対に伝えるべき」だった。そう言われるとどんどんその気になる私。

そうだよね。せっかくレッジョにいるのに、直接励ましてあげられる状況にあるのに、私はいったい何を迷っているんだろう。選手を激励するために日本から来たんでしょ?私がやらなくて誰がやるのよ!板前さんを励まそうなんて物好きは私一人しかいないんだから!←失礼な

今日ヴァルデス嫁の邪魔が入って気持ちが萎えかけていたけど、ここにきて一気にボルテージが急上昇。板前さんを激励することが今年度遠征の最重要ミッションのような気さえしてきた。我ながら何て単純な性格なんだろう。
しかもLukaさんはイタリア語で様々なパターンの激励の言葉を考えてくれた。ああ、ありがたい。本当に涙が出るほどありがたい。私のイタリア語の師匠その1の板貫さんから既に教えてもらった文章も参考にして、今の私のレベルで覚えられるシンプルな言い回しを選んだ。この時点では板前さんに直接言葉で告げる気でいたのだ。

Mi dispiace molto per i Mondiali, ma lo so benissimo che tu sei un grande difensore!
ワールドカップのことはとても残念だったけど、でも、私は貴方が素晴らしいディフェンソーレだってことを知っているから!

「だからこれからも頑張って」まで言わなくても私の気持ちは十分に察してもらえるだろう。つーか、頼むから察してくれ。これ以上長い文章は覚えられん。
空で言えるようになるまで呪文のように繰り返し、万が一直接口で伝えられない状況に陥った場合に備えて、同じ文章をメモ用紙に丁寧に書き記した。いざというときには、このメモを板前さんに渡せばいい。

明日するべきことを明確にしてスッキリすると急激に腹が減ってきた。今年はまだ大好物のムール貝を食べていないので、海岸通りのレストラン『Le Palme』で死ぬほどムール貝を頬張ろうとしたのだが…。

何これ?まるでビニールハウスじゃん。

ビニールハウスと化したLe Palme

海風を受けながら食事するのが最高に気持ちよかったのに、テラス席は一面透明のビニールシートで覆われていた。
ヤダヤダ、こんなのヤダ!こんなところで食事したくない!
お気に入りのレストランの変貌にショックを受けて、泣きながら宿に帰った私であった。

               

余談だが、初めてあのレストランで食事をした2005年、あの店で飲んだシチリアワインがむちゃくちゃ美味しくて帰国後に日本で探し回ったが見つからなかった。イタリアでしか飲めないのだと諦めていたのだが、ドンナ・フガータのワインが日本でも飲めるようになったことを最近知る。
しかし、値段を見てビックリ仰天。私の好きな赤ワイン“Mille e Una Notte”は日本じゃ気軽に飲めないわ…。

ラベルもステキでしょ?

お手ごろ価格で超美味しい“Anthilia”と“Lighea”も日本だと1本2500円前後するらしい…。

レッジョでは水みたいにガブガブ飲んでいたんですけど。

ローマの免税店にもないのよね

やはりドンナ・フガータのワインはイタリアで飲もうと固く心に決めたのであった。
興味のある人はネットで検索かけて調べてみてくださいませ。

※ワインの写真は楽天からいただいてきました。

南イタリア遠征記2010 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
お久しぶりです
がんばれ、リーメイさん!
さあ、思いを伝えられたでしょうか。
ま、困ったら、紙に書いてラブレターですね。さすがです。

ワイン、日本に届くと高くなるのですね。日本のワインも外国に行ったら、高くなるのかな?
reoさん、お久しぶりです♪
暑過ぎて遠征記の続きを書く気になれません(^^;)
もう少々お待ちください。

> ま、困ったら、紙に書いてラブレターですね。さすがです。

や、サッカー選手と監督以外にラブレターを渡した経験は皆無です。面倒くさがりなので、そんなまどろっこしい事はできません。

> 日本のワインも外国に行ったら、高くなるのかな?

そういえば海外で日本のワインを見たことがありません。山梨ワインとかイタリアに輸出しているのかしら?

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。