--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/07/31

プロ・ヴェルチェッリ戦/悪魔とギャンブラーと整理整頓マニア

7月28日に行われたプロ・ヴェルチェッリ(レガプロ)との親善試合は5-1で勝利しました。

REGGINA (3-5-2): Kovacsik; Adejo, Cosenza, Carroccio; Khoris, Castiglia, Tedesco, Rizzo, Ruggeri; Viola A., Sy. A disp. Marino, Colombo, Rizzato, Viola N., Camilleri, Giosa, Ceravolo, De Rose, Barillà, Bombagi, Louzada. All. Breda.
PRO VERCELLI (4-3-2-1): Valentini; Cancellotti, Ranellucci, Battaglia, Murante; Calvi, Nocciola, Marconi; Fabiano, Santoni; Di Piazza. A disp. Dan, Bencivenga, Modolo, Masi, Pigoni, Rosso, Di Sabato, Gazo, Piovano, Germano, Da Milano, Donetti. All. Braghin.
ARBITRO: Bruno
MARCATORI: 27'p.t. Santoni, 37' p.t. Ruggeri, 62', 65' Alessio Viola, 83', 87' Ceravolo.

前日のヴァレーゼ戦で出番の少なかった選手中心に3バックで戦った模様。得点者は新加入の右サイドハーフのルッジェーリ、ヴィオラ弟とチェラヴォロがドッピエッタとなっています。中盤でゲームを作ったのはこの試合のカピターノを任されたテデスコ。左サイドハーフのコーリスとCBのカロッキオは少々ナーヴァスなプレーだったとのこと。ヴァレーゼ戦と比較するとチームの姿勢は積極的だったそうです。

7月30日でレッジーナはブルッソン合宿を終え、中部イタリアへ移動しました。8月4日からSan Martino al Ciminoでの合宿第2弾がスタートします。
その前に本日イタリア時間の午後5時からラツィオとの親善試合が組まれています。ラツィオのトップチームはスペイン遠征中なので居残り組のとの対戦ですが、召集メンバー見るとうちのトップチームよりも派手な面子ですな。
RITIRO/ Lazio-Reggina, i convocati biancocelesti
Portieri: Bizzarri, Scarfagna;
Difensori: Zauri, Garrido, Stendardo, Diakitè, Stankevicius, Lulic;
Centrocampisti: Foggia, Brocchi, Cana, Bresciano, Sculli;
Attaccanti: Ceccarelli, Zarate, Rocchi, Kozak

サラテがいるー
つーか、そんなことよりフォッジャーーー

あの奇跡のシーズンを戦った仲間はプッジョーニ、テデスコ、ジョーザ、バリッラくらいしかいなくなっちゃったけど、会長やスタッフ交えて昔話で盛り上がるんじゃないかと思います。
8月7日にはグロッセートとの親善試合が行われる予定です。



親善試合といえば、ペニャロールの欧州遠征に参加しているヴァルデスが昨夜チェゼーナ戦に先発フル出場しました。
Cesena-Penarol 0-0 (live): debutto di Guana
イタリア入りしたのでフォーティ会長と身の振り方について話し合ったりするのかしら。ペニャロールがこの欧州遠征で稼いだ金で板前さんの移籍金払ってくれるといいんですけど…。



選手たちがリレー形式で合宿の舞台裏を明かす楽しい企画の続きです。

マリーノ@ブログ

●アントニーノ・ジョーザ編
I retroscena del ritiro: il blog di Antonio Giosa
ブルッソンは相当気温が低いようでジョーザは寒さを訴えております。確かコヴァチクか誰かも早く暖かいレッジョに戻りたいと書いていましたっけ。今夏は欧州全体的に低温傾向にあるようで。
ジョーザとバリッラの203号室はカジノルームと化しており、食後に12~14人が集まってカードゲームで盛り上がっているそうです。いつも勝つのはサルノ、稼いでいるのはチェラヴォロだとか。
ここの部分笑ってしまいました。
「今夜(28日)監督を含めた全員で本物のカジノへ行って息抜きするのが嬉しい。だって仲間たちがメチャクチャにした部屋の片づけをしなくていいからね。俺のことを主婦みたいだと嘲笑するニーノ(バリッラ)のことも考えなくていいし。アイツは寝る前に部屋をきちんと元通りにしたい俺のことを細かくてうるさい奴だと言いやがる。アイツはこの部屋の災害だ、最悪だよ!」
バリッラは黄金のハート(?)を持っていて、キャンディとかの餌も無しにジョーザの買収に成功するそうです。ジョーザは何をされてもバリッラを嫌いになれないそうで、すっかり年下のニーノに手玉に取られている模様。本日を持って当ブログではバリッラを悪魔認定させていただきます。
最後は「恋人のクラウディアが来たからここで終わり!」と〆られていました。家族や恋人が自由に面会できる環境みたいです。

●ピエトロ・マリーノ編
I retroscena del ritiro: il blog di Pietro Marino
「アンドレア・コスタは俺たちがカードゲームを終えるや否や秩序と厳格さを求めてくる。秩序と厳格さだよ!ジョーザが203号室はカジノルームだと言っているけど、俺たちの209号室も似たようなものだ。今夜の偉大なファイナルトーナメントが行われるアンラッキーな部屋がどこになるのか未だ不明だ。皆が勝者になろうと参加するけど、どうせチェラヴォロがいつものように稼ぐんだろうな」
コスタが整理整頓マニアであることは知っていたので、まあコスタらしいなと(笑)
いっそのことキレイ好きのジョーザとコスタを同室にして、ズボラなバリッラとマリーノを同室にすればお互いストレスが溜まらないだろうに。あ、それだとバリッラとマリーノ部屋がカオスになって収拾付かないからこの組合せなのか(爆)
皆で行った本物のカジノはとても楽しくて、忘れられないステキな思い出になったそうです。本物のカジノでもチェラヴォロはボロ儲けだったのかしら。チェラヴォロはギャンブラーなのね。意外な一面だわ~。

メルカートは動きがありませぬ~。

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。