FC2ブログ
2005/12/25

六日目⑦:報知の白田さんとの会話その2

カルチョ2002を手に取った白田さんはまず表紙に目をやり、「なんでこんな所で表紙の撮影したんでしょうねえ」とつぶやいた。
「これ、どこなんですか?」
「レッジーナのオフィスです」
へえ~、そうなんだ~。発売当初はAQUARIUSの掲示板で「表紙の撮影場所はどこ?」と盛り上がったっけ。みなさん、謎が一つ解けましたよ。
そして俊輔特集をパラパラとめくり始めた白田さん、俊輔と子どもが戯れている写真を見て「あ~、かわいい~。テデスコのお嬢ちゃんだ~」と言った。

ええ?テデスコのお嬢ちゃん?!

「モザルトの坊やじゃないんですか?編集後記にモザルトの子どもだって書いてありますよ」
「違いますよ。テデスコのお嬢ちゃんです。よく連れてきますから間違いありません」
そうか。テデスコの娘だったのか。道理でかわいいはずだ・・・。←モザごめん
皆さん、また一つカルチョ2002俊輔特集記事の真実が明らかになりましたよ。←大げさな
そのあと白田さんは「ちょっとこれ、俊輔君とレッジーナが盛りだくさんじゃないですか!ちょっとお借りしてもいいですか?」と雑誌を抱えて一旦クラブハウスに戻っていった。コピーでも取っていたのかな?

白田さんとは女同士ならではの以下のような会話も楽しかった。
「日本ではレッジーナの選手の中で誰が人気あるんですか?」と白田さん。
「パレデスとかメストとかイケメン系ですかねえ」と私。
「ははぁ、なるほど、イケメンですか」
「一番人気はフランチェスキーニ君かも」
「フラ君、かわいいですよね~。いつもニコニコしてて、性格もかわいいし」
あ~ら白田さんもフラ君のかわいさにやられているのね♪
「あとデローザなんかは、顔とか関係なく、いい選手なので評価高いですけど」と言ったら、

「なに言ってるんですか!デローザ、かっこいいじゃないですか!」

と白田さんに怒られた(笑)。これは生デローザを拝むのが楽しみだわ。

白田さんとはたくさんお話させていただいた。というか、私が質問攻めにしたと言うべきかしら。(汗)
「現地通信員になった経緯は?」「記者さんの勤務形態ってどうなっているんですか?」「副業を持たなくても、通信員だけで食べていけるくらい収入はあるんですか?」とか、とにかく遠慮というものを知らない私。初対面の人間に普通こんなこと聞くか?!という質問を次々繰り出し、隣でIちゃんも呆れて笑っていたっけ。そんな私のぶしつけな質問に白田さんは嫌な顔一つせず「あ~、それはですね~」とカラカラと笑いながら答えてくれる。なんというか、シャキシャキッとした気持ちのいい女性だった。
白田さん、いろいろ有益な情報をありがとうございました!
南イタリア遠征記2005 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示