--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/26

11-12夏のメルカート情報第1弾 ブレダ監督復帰/共同保有の行方など

11-12シーズンの監督がやっと正式発表されました。
悪夢のようだった09-10シーズン、ノヴェッリーノ監督とイアコーニ監督が続け様に解任された後、レガプロ降格もあり得た悲惨なチームを見事にまとめ上げたロベルト・ブレダ監督が戻ってまいりました。あの時は急遽プリマヴェーラの監督からトップチームの監督に抜擢されて経験が全くありませんでしたが、今回はサレルニターナで監督経験を積んでの復帰です。
サレルニターナはプレーオフまで進みましたが、セリエB昇格は果たせませんでした。出来ることなら昇格させてからレッジーナの監督を引き受けたかったと思います。って、これ、レッジーナをAに昇格させてからサンプドリアに就任したかったアッツォーリさんと状況がそっくりですね。
ブレダさんの就任会見は月曜日に行われます。後日ゆっくり監督の言葉を紹介する予定です。



以下、メルカート情報決定事項をお伝えします。

保有権半分買取オプション付でジュリアノーヴァからレンタルされていたアレッシオ・カンパニャッチは、この度レッジーナが半分ではなく全部買い取りました。完全にレッジーナの選手です。おめでとうカンパニャッチ!

エラス・ヴェローナへレンタルされていたアイスランド人エミール・ハルフレッドソンは、この度エラス・ヴェローナに35万ユーロでお買い上げされました。
34試合出場2ゴールとエラス・ヴェローナB昇格に大いに貢献したハルフレッドソンは、クラブからもティフォージからも絶大な信頼を得ているそうです。レッジーナでは居場所が無かったけど、自分を必要としてくれるクラブと巡り合えて本当に良かったです。おめでとうハルフレッドソン。レッジーナと対戦するときはお手柔らかにお願いします。

買取オプション付でフォッジャへレンタルされていたダニ・ヴェルスキはレッジーナに返却されました。買い取ってもらえず残念でした。

買取オプション付でカリアリへ電撃レンタル移籍したシモーネ・ミッシローリはレッジーナに返却されました。カリアリが買取りオプション行使するものと思っていたのにビックリです。当てにしていた移籍金が入らなくなって会長焦っているんじゃないかしら。

保有権半分買取オプション付レンタルでユヴェントスで修行していたヴィンチェンツォ・カミッレーリもレッジーナに返却されました。当てにしていた移籍金が(以下省略)

所有権半分買取オプション付でコセンツァからレンタルされていたアレッサンドロ・ベルナルディは、残念ながらコセンツァへ返却されました。さようなら。

買取オプション付でターラントへレンタルされていたウスマン・シィはレッジーナに返却された模様。

               

共同保有の選手たちの処遇は以下のようになりました。

ファビオ・チェラヴォロ(アタランタ・レッジーナ)
 ⇒レッジーナ

フランチェスコ・デローゼ(レッジーナ・コセンツァ)
 ⇒レッジーナ(3年間の分割払いで買取?)

アントニオ・ラメンツァ(ポッギボンシ・レッジーナ)
 ⇒レッジーナ

アンドレア・ルカ・ピコーネ(バルレッタ・レッジーナ)
 ⇒レッジーナ

フランチェスコ・ジッザーリ(レッジーナ・ペスカーラ)
 ⇒レッジーナ

カルロス・カルモナ(アタランタ・レッジーナ)
 ⇒共同保有延長(来季もアタランタでプレー)

エマヌエレ・カッショーネ(ペスカーラ・レッジーナ)
 ⇒ペスカーラ

ガエタノ・ウンガロ(コセンツァ・レッジーナ)
 ⇒コセンツァ


確か下記二人も共同保有のはずですが全く言及されておりません。

ジュゼッペ・サラオ(ヴィボネーゼ・レッジーナ)
 Tutto Regginaではヴィボネーゼの所有になったのではないかと書かれていました。

クリス・サックレイ(アンドリア・レッジーナ)
 イギリス人のカワイコちゃんはどうなったのかしら。



サンプの監督になったアッツォーリさんがレッジーナの選手を複数ご所望でして、フォーティ会長、ジャッケッタが連日サンプ側と交渉を重ねております。
アッツォーリさんが欲しがっている選手としてメディアに名前が挙がったのは、リッツァート、プッジョーニ、ボナッツォーリ、テデスコ、アデジョ、コスタ、ミッシローリ、ヴィオラ兄、リッツォ。あとは元レッジーナのアチェルビ
このうち何人かの選手が自身の去就についてコメント出しています。

プッジョーニ「レッジーナに残りたい」
ボナちゃん「レッジーナでキャリアを終えたい」
ヴィオラ兄「ブレダと一緒にAに行く」
アデジョ「俺を信頼してくれたブレダの復帰が嬉しい」
コスタ「一番に考えているのはレッジーナ。3年半レッジョにいるけど本当に満足している」
アチェルビ「ありがとうアッツォーリ。でも俺はジェノアに残る」


さて、この中の何人がサンプへ連れて行かれるのでしょうか。
メルカート情報第2弾へ続く。

11-12レッジーナ | Comments(11) | Trackback(0)
Comment
Forza Hallfredsson!!
エラスのファンです。
時々拝見してます。
ハルフレッドソンには大変助けられました。まさに絶大な信頼をしています。
プレーオフでも大車輪の活躍でした。ベレットーニ1人では昇格はできませんでした。
来期もおそらく#10を付けると思います。
名無しのエラスファン様
こんばんは。はじめまして。
日本のエラスファンなんていう超マニアックな人はFillipoさんだけかと思っていたら、まだ他にいらっしゃったんですね。驚きです(笑)

ハルフレッドソン本当に大活躍だったんですね。そうですか、10番を背負っているんですか。
彼は無骨な外見に似合わないエレガントなプレーをしますものね。10番に相応しいかもしれません。

私エラスの知識はほとんどありません。レッジーナと対戦する際にはよろしくお願いします。
セリエB
こんにちは。
こちらこそ、新シーズンではお手柔らかにお願いいたします。

実は私にとって80年代後半から見ているのでエラスというよりヴェローナです。クラブ名変更を何度かしています。ユニフォームも88-89シーズンから大体所有しています。

コメントを見る習慣がないので・・・Fillipoさんのヴェローナ関連コメントはどのように拝見すればよろしいのでしょうか?
お手隙の際に、お教え願いただけますでしょうか。
検索
度々すみません。
検索、分かったような気がします。
サイト右上を利用してみます。
名無しのエラスファン様
こんばんは。
そうなんですか。今はエラスとは呼ばないのですね。
80年代後半からとは筋金入りのティフォーゾではないですか!
2002年からレッジーナを見始めたにわかの私とは歴史が違いますね。
もしかして現地でも観戦していたりするのでしょうか?

> Fillipoさんのヴェローナ関連コメントはどのように拝見すればよろしいのでしょうか?

うちのコメント欄でエラスのことを語っていたかどうかは定かではありません。
ここではなくFillipoさんのブログ『ATTACCANTE LD』で検索かければエラスの記事にヒットすると思いますよ。
http://blog.livedoor.jp/fillipo9/
基本ユヴェンティーノですが、実はエラスもお好きなようです。
ありがとうございます
こんばんは。
インテルネットにまったく明るくないので、リーメイさん、ご指南ありがとうございます。

さて、現在は「エラス」が一般的だと思います。
「キエボ」との違いを出すうえでも、「エラス」と言うようですね。
わたしは古い人なので、いつまで経っても「ヴェローナ」になってしまいます。

ちなみに、現地観戦はまだ1試合です。というのも・・・下記ご参照。
観戦デビューしたのは08年3月のホーム・フォッジア戦、1-0勝利。当時はC2落ちが現実味を帯び、下位を突っ走っていました。しかし、3カ月ぶりの勝利をホームであげた記念すべき試合でした。さらには、当時フォッジア監督が、84-85優勝メンバーのガルデリージで、試合前と後にはクルヴァに挨拶していました。またクルヴァは当然歓迎の「お帰り」横断幕を出していました。

スタンドで「えっ?ガルデリージが監督なんだ?」何て言っていたら、周りのファンには、何でこのアジア人は知っているんだって顔されました(笑)

Fillipoさんの件は少しずつ検索掛けて拝見してみます。ありがとうございます。

実は、わたしも軸足はインテルです。インテリスタ歴はヴェローナとほぼ同じです。
インテルファンとヴェローナファンは仲がいいんですよ。
名無しのエラスファン様
どういたしまして♪

なるほど、黄色いロバさんとの違いを出すうえでも現在は「エラス」でいいわけですね。了解です。
早くヴェローナデルビーが出来るといいですね。

おお!現地観戦されていましたか!それも特別な試合だったようで。
愛するチームをスタジアムで応援するのって格別ですよね。
私はすっかり現地観戦の面白さにはまってしまって抜け出せません。
プロヴィンチャのスタジアムだとアジア人なんてほとんどいませんから、周囲から注目されるのもまた楽しくて(笑)

> インテルファンとヴェローナファンは仲がいいんですよ。

そうなんですか。知りませんでした。
私は軸足がレッジーナ、もう一方は大宮アルディージャという変わり者です(^^;)
No title
>名無しのエラスファンさん
私もどの辺りでエラスの事を書いたのか記憶が定かじゃないのですが、私のブログの左の下の方に「ブログ内検索」というのがあるので、そこにエラスとカタカナで打ち込むといくつか見つかると思います。
とは言っても大体2000年以降の話なので、オールドファンの方には大した興味は無いかも・・・^^;

>リーメイさん
ブレダ監督復帰したんですね。
ここでまた怪しげな監督になったら要らぬ苦労を背負ってのシーズンインだったと思うので、とりあえず一安心ですね。

ハルフレッドソン、エラス・ヴェローナへ正式に移籍したんですね。
レッジョ時代にたま~に出て来て片鱗を見せていたとは思うんですけどね。
あのユーヴェ戦の超弾道ミドルは凄かったなぁ。
Fillipoさん、こんばんは。
名無しのエラスファン様へのフォローありがとうございます。

> ブレダ監督復帰したんですね。
はい♪ブレダさん復帰ということでアッツォーリ監督なんてサンプにくれてやっても惜しくないわいと強気でいられます(笑)

> あのユーヴェ戦の超弾道ミドルは凄かったなぁ。
私もあのゴールは鮮明に覚えています。才能の片鱗は時々見せていましたよね。
彼がレッジョで重宝されなかった理由の一つとして言葉の問題があるのかなと。2年目になってもイタリア語が不自由で、コッラーディが監督の指示を英語にして伝えてましたから。今はあの頃よりはしゃべれるようになったのかしら…。
Hallfredsson Gol
リーメイさん、Fillipoさん、ありがとうございます。

Hallfredssonのユーベ戦のゴールをYouTubeで観ました。凄まじいですね。
昨シーズンもあのようなミドルを狙っていましたが、なかなか枠をとらえきれませんでした。

ご存知かもしれませんが、エラスのオススメは、GKラファエルのホーム・テルナーナ戦のアシストです。下位リーグはこのような珍プレーもあるので面白いですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=oOy7iuDNza0


>プロヴィンチャのスタジアムだとアジア人なんてほとんどいません
おっしゃる通りです。ミラノなどの大都市ですと、小都市出身の人はそこそこいますが、それこそ小都市にはアジア人のホームびいきなんていません(笑)
ですから周りの反応が結構笑えますよね。C1最下位の試合を1人で観にいきましたから、珍しがる地元ファンの気持ちもよく分かります。


それにしてもHP拝見しているとリーメイさんの情熱はスゴイですね。スゴすぎます。


Fillipoさん、はじめまして。

検索方法をありがとうございます。少しずつ拝見させていただきます。
目立たないプロヴィンチアなので、どんな記述も興味あります。ヴェローナに言及する方は珍しいので大変参考になります。

わたしもかつてはTwitterでつぶやいたのですが、面倒になって更新しなくなりました。クラブ名、選手名や背番号は極力ローマ字対応していたので、一時期地元地方新聞のフォローを受けました。Facebookでもエラスのページでプレーオフ期間中にコメントしたら、あっという間に友達ができました(笑)
名無しのエラスファン様
こんばんは。
ユヴェ戦のゴール凄いでしょ?(^^)v
ユヴェントス相手にあんな凄いゴールを決めたことは一生自慢できますよね。

> GKラファエルのホーム・テルナーナ戦のアシスト
この動画、爆笑しました。なんですかこれwww

> C1最下位の試合を1人で観にいきましたから
マニアックにも程があります(笑)
私の場合は俊輔という取っ掛かりがあって、地元ファンやクラブスタッフからナカムラの置き土産として大事にされていますが、エラスには日本人選手いませんでしたし本当に不思議に思っていることでしょうね。なんで日本人が?って(笑)

> それにしてもHP拝見しているとリーメイさんの情熱はスゴイですね。スゴすぎます。
この情熱を勉学や仕事に向けていたら、もっとマシな人生を送れたかもしれません(^^;)

私はブログ以外まったく手を付けていません。
選手のFacebookを見たいのでFacebookだけは登録しようかなと思いつつ早一年。(^^;)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。