--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/12

アッツォーリさんサンプドリアへ/アチェルビお別れの挨拶

引き続き自宅PCが泣きたくなるくらい不調です。html形式のメールを開こうとすると強制終了になるし、Skype死んだままだし、もうイヤ~ン。
夏のボーナスが1ヵ月分の給料よりも少なかったので、新しいPCをポーンと買うのを躊躇っております。どうすっかな~。

さて、我が愛するレッジーナはプレーオフ準決勝で敗退した後に集合写真を撮影しました。シーズン終了間際に集合写真を撮るなんて非常に珍しいですよね。きっと期待を遥かに上回るポジティヴなシーズンを送ったメンバーの画像を記念に残しておきたかったのでしょう。冬メルでの入れ替えがあって開幕時の集合写真のメンバーとは変わっていますから。
このメンバーで成し遂げたこと、このメンバーで成し遂げられなかったこと、いつまでも選手、監督スタッフ、フロント、アマラントティフォージの心の中に忘れられない思い出として留まり続けると思います。あとちょっとで届かなかった苦い思いがあるからこそ、逆に鮮烈に記憶に焼き付けられるかもしれませんね…。

このメンバーでプレーオフを戦いました



まずは監督人事から行きましょうか。
かねてから噂があったとおり、アッツォーリさんがサンプドリアの監督に就任しました。
U.C. Sampdoria: Gianluca Atzori è il nuovo tecnico

6月16日11時半スターホテル(ジェノヴァ遠征で私が泊まったところ)にてお披露目会見が行われるようです。
当然ですがコーチ陣も連れて行っちゃいました。当然ですがコッツァはその中に含まれておりません。アッツォーリさんの元でテクニカルスタッフとして1シーズン学んだコッツァは、得るものがとても大きかったことでしょう。
ATZORI-SAMP/ Ora arriva l'ufficialità

レッジーナに対する感謝の言葉はノヴァーラ戦後のコメントにもあったので割愛します。
アッツォーリさん、本当にありがとうございました。レガプロから探してきたダイヤの原石たちが、石ころのまま終わらずに輝きを見せ始めたのは、ひとえに監督の手腕のお陰だと思っています。来季もレッジーナで彼らを更に磨き上げて欲しかったのに残念です。選手はもちろんのことティフォージからも信頼され愛されていました。また縁があったらどこかでお会いしたいです。
今後はドリアーノの周死氏がアッツォーリさんのことを伝えてくれることでしょう。周さんよろしくお願いします。
ブログ di サンプドリアクラブ東京

サンプはレッジーナからアッツォーリ監督を引き抜き、ノヴァーラからはセンシビーレDSを引き抜いております。この人、先日のプレーオフの後でベルタニを退場に追い込んだテデスコのことを激しく非難しておりました。テデスコがああいう演技をするのは今回が初めてじゃないという御意見は否定しませんが、正式発表がないうちからマスコミの前でアッツォーリさんのサンプ行きをベラベラしゃべってレッジーナを動揺させようとしていた人に、人の品性云々を言われたくありませんわ。正式発表があるまで口をつぐんでいたアッツォーリさんは立派でした。

フォーティ、アッツォーリ、ジャッケッタ

さて、アッツォーリさんが去り、レッジーナの新監督が誰になるのかが注目されています。
つい最近までの有力候補は元レッジーナのアタッカンテだったダヴィデ・ディオニージでした。現在ターラントの監督として素晴らしい成績を残しているそうです。俊輔と一緒にピッチに立っいた選手が監督で実績を残しているなんて時が経つのは早いなぁ。
しかし、先日ディオニージはターラント残留を明言しまして、レッジョで指揮を執る可能性はなくなりました。
現在フォーティ会長とジャッケッタがリストアップしているのは、ヴィアレッジョの監督ジュゼッペ・シェンツァさんと、あとは昨季ノヴェッリーノさんにグチャグチャにされたチームを見事まとめ上げたブレダさん。
フォーティ会長は次も青年監督だと明言しています。確かにレッジーナは愛しのマツマツ以降若い監督の方がいい成績を収めている印象があります。誰にせよ早く決まるといいんですけど。今季アッツォーリさんを抜擢して若手中心のチーム作りをぶれることなく貫いたフォーティ会長とジャッケッタには来季も期待しています。いい監督選んでくださいね。



ここからは選手のメルカート関係です。
えー、アッツォーリさんが「レッジーナの選手でジェノヴァに連れて行きたいのは?」と問われて具体的に選手名を挙げちゃったので、ちょっとした騒ぎになっちゃってます。
REGGINA/ Atzori: «Mi piacerebbe allenare ancora Simone Rizzato»

レッジョで私を感動させた選手がいる。彼は毎日毎日信じられない感激を私に感動を与えてくれた。シモーネ・リッツァート。素晴らしい選手であり、素晴らしい人間だ。彼のような人には今までほとんど会ったことがない。

シーズン中はリッツァートをこんな手放しで褒めたことなかったのに(笑)
今季はシーズン通して不動の左サイドとして君臨していたリッツァート。バリッラはリッツァート不在時しか左サイドではプレーできませんでした。コスタがCBにコンバートされたのもリッツァートの好調と無縁ではないでしょう。まあコスタはCBで成功して選手としての幅を広げたのでラッキーでしたけど。
リッツァートの人柄がいいのは激しく同意します。去年は影の薄いいい人でしたけど、今年は存在感のあるいい人になっていました。若手だけじゃなくて中堅選手もアッツォーリさんに一回り大きくさせてもらいましたね。
アッツォーリさんは最後に「誰かを惑わせるつもりはない」と発言していますが無理ですって。早速メディアの皆さんは「リッツァートをサンプに連れて行くのでは?」と騒いでおります。私も心配です。
実はリッツァートよりもサンプ行きの可能性が高いのがプッジョーニでして、来季のサンプのGK候補にリストアップされております。彼はジェノヴァ出身なので求められれば断る理由はないんじゃないかなと。
ま、メルカートは始まったばかりなので、しばらくは様子を見守ろうと思います。
とりあえず、カンパニャッチは買い取りの方向で進みそうだとだけお伝えしておきます。

               

最後の話題です。冬の時点でジェノア行きが確定していたアチェルビが自身のFacebookでお別れの言葉を述べました。
Reggina, l'addio di Acerbi: "Grazie a tutti per l'anno stupendo"

心からの感謝を全ての人に。レッジーナのティフォージのことはずっと忘れないよ。素晴らしいシーズンだった。全ての人に心からお礼を言いたい。

昨季はレガプロ最優秀選手賞を受賞。今季はセリエBベスト11にレッジーナから唯一選出されました。
TOP 11 BWIN/ Acerbi premiato a Rimini

セリエBベスト11選出おめでとう!

今季3バックの中で彼だけが不動のスタメンでしたね。開幕前のコッパで退場喰らって「もう2度とあんな間違えはしない」と誓った言葉通り、その後は好パフォーマンスを維持しました。出ずっぱりだったので終盤で少々疲れが出たのは仕方ありません。サンタガタで会ったアチェルビは、愛想を振りまくタイプではないものの、とってもいい奴でした。出世街道まっしぐらですがセリエAですぐにスタメンを勝ち取れるほど世の中甘くないと思います。それでも頑張れ。いっぱいいっぱい頑張れ。ずっと応援しているよ。
こちら様はインテリスタですがジェノアもフォローしているようなので、こちらで話題にしてもらえるくらい活躍してくれるといいなと思います。
NO INTER NO LIFE

10-11レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ボーナス
こんばんは。
ボーナスもう出ましたか。私は・・・月曜日かな?
昇格できずに残念でしたね。こういうときはとてもいいです。みんなが前向きになって。
来季のスタートが肝心ですね。そこさえまちがえなければクラブはつぶれませんから。

現実的過ぎました。
reoさん、こんばんは。
うちは10日にボーナス出ました。
このご時勢ですから少なくても出ただけ感謝すべきなのかもしれません。

昇格できなかったメンバーがそのまま残って来季戦えるなら今の悔しさを忘れずにって言えるんですが、
レッジーナの場合は半分くらい入れ替わるのがデフォルトなので…(^^;)
スタートが肝心なのはその通りですね。まずは監督選びを間違えないように。

>現実的過ぎました。
いやいや、そんなことないっすよ(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。