--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/04

プレーオフ・セミファイナル レッジーナ×ノヴァーラ 久々大入りグラニッロでスコアレスドロー

レッジーナ0-0ノヴァーラ
得点者:いましぇーん

REGGINA (3-5-2): Puggioni; Adejo, Costa, Acerbi; Colombo, De Rose, Tedesco, N. Viola (65' Castiglia), Rizzato; Bonazzoli (85' Zizzari), Campagnacci (76' A.Viola). A disp. Kovacsik, Cosenza, Barillà, Rizzo. All. Atzori.
NOVARA (4-3-1-2): Ujkani; Morganella, Lisuzzo, Ludi, Gigliotti; Marianini, Porcari, Rigoni; Motta (62' Pinardi); Bertani, Gonzalez (72' Rubino). A disp. Fontana, Centurioni, Coubronne, Drascek, Parola. All. Tesser.
ARBITRO: Stefanini di Prato.
ASSISTENTI: Ciancaleoni-Meli.
AMMONITI: De Rose (R), Morganella (N).
NOTE: angoli 8-2; spettatori: 18387.

この試合の動画:

Reggina - Novara ←ファンの撮影。客の入り具合に感激。
Play - Off Reggina Novara 0 - 0 Inno di Mameli ←試合前の国歌斉唱
reggina novara 0 0 PLAYOFF

この試合の写真:
Reggina Calcio v Novara Calcio

この試合の選手の評価:

Tutto Reggina
Puggioni 6.5, Colombo 6, Adejo 7.5, Costa 6.5, Acerbi 6.5, Rizzato 6.5, De Rose 6, Tedesco 7, Viola N. 6, Campagnacci 5.5, Bonazzoli 5.5
Datasport
Puggioni 6, Colombo 6, Costa 6, Acerbi 6, Adejo 7.5, Rizzato 6.5, De Rose 6.5, Viola N. 5.5, Tedesco 6, Castiglia 5.5, Zizzari s.v., Campagnacci 5.5, Bonazzoli 6, Viola A. s.v., All. Atzori 6.5

試合後の監督と選手のコメント:
■アッツォーリ監督
0-0という結果に全く失望していない。我々は魂を与え、持てる全てを出し切った。我々は踏みとどまっており、ノヴァーラへは自分たちのプレーをしに行く。選手たちにはバリケードを作る必要はないと言い続けてきた。正々堂々とプレーするために行くよ。
我々はゴールするための前提を作り上げたが、キックしたボールのバウンド(跳ね返り)に運がなかった。もう少しいやらしいボールに対する狡猾さが欲しかった。
我々は前半により多くのチャンスを作り上げた。後半はリズムが下がり、恐らく少々疲労を感じていたのかもしれない。前半と同じプレッシャーを作り出すことができなかった。しかし、相手側にはこちらの混乱に乗じて点を取れる2トップがいたことを考えれば、最終的な結果は妥当なものだと思う。
今日私はかつてのグラニッロを再び見ることができた。なんて素晴らしいのだろう。我々はスタジアムに熱狂と観客を呼び戻すことを求めていた。ティフォージに我々を待っていてくれと告げたよ。(アウェイでノヴァーラに勝利しファイナルを戦うために)ここに戻ってくるからと。
私はニコラス(ヴィオラ兄)をクオリティのために配置した。エリアの外側からのシュートを期待して。彼は十分に応えてくれた。私が彼にこの役割を課すのは、ポゼッションしていない時に彼がトップ下にならないといけないからだ。とはいえ、向上するためには様子を見てみよう。
(4月のノヴァーラとの対戦で)1-0で勝利した試合と比較すると、中盤の中の二人の供給量が少し足りなかった。よい経験をしたよ。選手たちは素晴らしいカルチョを披露してくれた。勝利はそこにあったが、あとワンプレーが足りなかった。1対1で我々がもがき奮闘した跡が見て取れるよ。
ボナッツォーリはふくらはぎに痛みを抱えていた。彼は限界までピッチに留まってくれた。彼は歯を食いしばって戦い、そして私が交替させたんだ。
なぜダンティではなくニコラス(ヴィオラ兄)だったか?二人のクオリティは同等だ。私はニコラスを選び、彼の戦いに満足している。時に彼は違いを生み出せるが、チーム全体として素晴らしい戦いをしてくれたよ。
(主審の)ステファニーニ?返答したいのだが、私は自分の選手のことだけ考えるとしよう。センセーショナルなエピソードのことなど忘れてしまったよ。
次のアウェイ戦?試合は90分続くのだから、我々が最初から攻めなくてはいけないというわけじゃない。もう少し狡猾さがあれば我々は勝てる。いや、我々は勝たなくてはいけないんだ。ゲームは読まなくてはいけない。それは監督が選手たちに伝えられるかどうかによる。私は選手に伝えるべきことを理解している。それは彼らは勝たないといけないということだ。私の選手たちはゲームを支配するためにノヴァーラへ行かなくてはいけないのだ。
明日は夕方6時に練習して、土曜日に出発だ。
前半我々はあまりに焦っていた。ボールが焼けていたよ。1対1で我々はもっと上手くやれただろう。
2トップの後にアレッシオ(ヴィオラ弟)を置くのは一つの解決策だ。査定するよ。

※以上Tutto Regginaの記事を訳しましたが、Gazzetta del Sudにはコスタに関するコメントがありました。
---試合終盤にコスタはレッジーナにとって高く付いたかもしれないミスを犯したが、彼はアッツォーリに励まされた。
アンドレア(コスタ)は間違えたが、彼の不注意は致命傷とはならなかった。幸運なことにルビーノがゴールしなかったからね。コスタは素晴らしかった。たとえ失点のリスクを犯すよりもスタンドにボールを蹴り込んだ方がいい時があったとしてもだ。

■アデジョ
3試合出場停止の後の復帰戦だから凄く燃えていたんだ。僕らが多くのクロスを活かせなかったことは確かだけど、大事なことは1点も取られなかったことだ。ノヴァーラを倒すことは容易じゃない。でも僕たちは全ての不可能を可能にするために敵地へ行くよ。
もの凄くたくさんの観客がいたから、ちょっと緊張してしまったのは仕方ないでしょ。
カルチョ賭博?僕らはピッチ上で成功するべきだ。それ以上のコメントは関係者にお任せするよ。
ノヴァーラは敏捷性を表現する美しいチームだ。
コロンボに対するPKがあっただろうって?僕の位置からはよく見えなかった。プレーオフでこの手の出来事は、一生のうちに一度くらい起こるものだよ。なんだって起こり得るし、どんな結果にだってなり得る。全てなるようにしかならない。誰も僕らに無理な要求(アウェイでノヴァーラに勝つこと?)をしないけど、僕らは全力を尽くさないといけない。




まずは嬉しい報告から。
Skyのサイトで長いこと投票が行われていたセリエB最優秀若手選手賞で見事ヴィオラ兄がトップに輝きました。最後はパドヴァのエルシャラウィと一騎打ちとなりましたがトップの座を死守。投票には私とヤス君も貢献してます。(笑)
この試合の前に表彰式らしきものが行われ、大勢のチビッ子ファンに囲まれたヴィオラ兄はとても嬉しそうでした。←上にリンク貼った写真参照のこと
おめでとうニコラス。きっと君には輝く未来が待っていると思うよ。その舞台がレッジーナだったら最高だなぁ。

さて、大事なプレーオフを観ずに寝てしまった不届き者の管理人ですが、代わりにFillipoさんが試合を見届けてくれました。試合レポ書いてくれてます。多謝!
A昇格プレーオフ レッジーナvsノヴァーラ

試合を観なかった私はテキスト実況を元に面白いエピソードを拾いながらゲームを振り返ろうと思います。

               

本日のグラニッロの観客数は18,387人。超満員とはいかなかったけど、こんなにたくさん入ったのはいつ振りだろう。ボナちゃん、テデスコ、プッジョーニ、バリッラらにとってはかつて当たり前だったグラニッロの姿。新しい選手とバリッラよりも若い下部組織出身者にとっては初めて経験する大入りグラニッロ。アデジョがビビったのも無理はない(笑)

ほぼ満員の南クルヴァ

一方北クルヴァに陣取ったノヴァーラのティフォージは50人以上。遥々北からの遠征ご苦労様です。

ノヴァーラ⇒レッジョはミラノから飛行機乗ればすぐだけどね

 ↓
前半1分、ジッリョッティとの接触でコロンボがエリア内で倒されるがプレー続行。開始早々にグラニッロ怒りで沸騰。
直後にエリア内逆サイドで再びコロンボが今度はリゴーニに倒されるが、これも主審のステファニーニさんは流す。グラニッロは煮えくり返っていたらしい。
ステファニーニさん時間帯が早すぎてPK取りづらかったのかしら。それともコロンボの転び方が下手だった?
コロンボは今後に備えてテデスコから演技指導を受けるように。
 ↓
前半のレッジーナはアッツォーリさんの言葉にあるように、ホームで勝たねばという焦りからフィニッシュの精度を欠いた模様。
前半16分の右サイドのコロンボ⇒中央のカンパニャッチ⇒左サイドのリッツァートとパスを繋いで中央へ折り返し⇒ボナちゃんがゴール前で潰れ、こぼれ球を完全フリーだったヴィオラ兄がふかしてしまったのは勿体無かった。頭を抱えるヴィオラ兄。カンピオーネになるためにはこれを決めないとね。
 ↓
前半22分、アチェルビのFKのミスからノヴァーラのカウンター。ベルタニのPA境界上からの確実なシュートをコスタが身体を入れて阻止。
 ↓
前半23分、カンパニャッチが中央PA境界線上でボールを得るが、チェックに来た相手DFに焦ってバランスを崩したシュートとなってしまう。
 ↓
前半25分のデローゼのミドルはウィカーニがセーブ。
 ↓
前半28分、スピードに乗って3人を抜き去ったゴンザレスを止めたアデジョにグラニッロ総立ちで拍手。
 ↓
前半40分、ゴンザレスの25mミドルをプッジョーニが横っ飛びで弾き出しCKに逃れる。プッジョーニ前節と違って引き締まった表情。
 ↓
後半6分、CK⇒ゴール前チャンス⇒CK⇒ゴール前チャンスという流れが続くがゴールを割れないレッジーナ。
 ↓
後半10分、ノヴァーラのカウンターをコスタが握りつぶす。
 ↓
後半15分あたりからチームは間延びしていたらしい。テキスト実況でチャンスシーンの記載が一気に減る。
 ↓
後半17分、ノヴァーラ選手交替。モッタOUT、ピナルディIN
 ↓
後半20分、レッジーナ選手交替。ヴィオラOUT、カスティーリャIN
 ↓
後半21分、ボナちゃんの右足に問題発生。ジッザーリがアップ開始。
 ↓
後半27分、ノヴァーラ選手交替。ゴンザレスOUT、ルビーノIN
 ↓
後半37分、レッジーナ選手交替。カンパニャッチOUT、ヴィオラ弟IN
 ↓
後半39分、レッジーナ選手交替。ボナちゃんOUT、ジッザーリIN
ボナちゃん足を痛めてから結構長い時間頑張っちゃったのね。次の試合大丈夫かしら…。
余談だが、レッジーナで最も多くプレーオフを経験しているのはジッザーリである。なんとかその経験を生かして欲しい。
 ↓
後半40分、ピナルディのクロス⇒ベルタニのヘッドは枠の上。
 ↓
後半ロスタイム1分、左サイドでコスタがベルタニにボールを奪われた挙句に振り切られ、中央のドフリーのルビーノにパスが渡る⇒完全にやられたと思ったがルビーノの弱々しいシュートはプッジョーニに抑えられた。あんたドフリーなのに何もGK正面に打たなくても…。や、ありがとうルビーノ。
コスタはユニで顔を覆って反省モード。あそこはセーフティにボールを外に出すべきだった。ま、彼はバカじゃないので同じ間違いは繰り返さないだろう。
因みに失点しなかったこともありコスタを非難するメディアは皆無。あのシーン以外は素晴らしかった、彼のクレバーさで何度もベルタニを抑えたと擁護していた。
 ↓
スコアレスのまま試合終了。ホームで勝てなかったレッジーナはアウェイでの勝利が必須となった。

               

Fillipoさんも絶賛していましたが、この試合のMVPはアデジョです。

Tutto Reggina 7.5
ほぼパーフェクト。彼はタックルをミスしない。出場停止がメンタル向上に殊のほか役立ったのだろう。驚異的な速度のカバー。

Datasport 7.5
彼は何一つ間違えなかった。常に的確に先手を打つ。


守備の選手が活躍してもハイライトには残らないのが残念です。彼のプレーは現地で何度か見ていますけど、有り得ない速さでボールホルダーに追いついてファール無しでタックルするんですよね。ナイジェリアのA代表に入る日もそう遠くないと思います。3試合出場停止で休養たっぷりですから次も獅子奮迅の活躍を期待しましょう。あんまり活躍し過ぎると他のクラブに持っていかれそうで心配ですけど。

私、プレーオフのレギュレーションをほとんど理解していないのですが、あちこち読んだところ敵地での対戦もドローだった場合はノヴァーラが勝ち抜けとなるそうです。元々の順位が優先されるということなのかしら。それともリーグ戦での対戦成績が優先されるのかしら。戦績は1勝1敗(共にホームで勝利)ですがノヴァーラの方がたくさん点を取ってます。
まあルビーノが決めていればかなり不利だったわけで、これはまだレッジーナに運があるということだと解釈しております。

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
レッジーナ 0-0 ノヴァーラ 試合直前、今日のレッジーナの選手の顔つきとオレステ・グラニッロの雰囲気が、ここ数年Bで喘いでいる彼らとは明らかに違っている。 そりゃそ ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。