--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/31

セリエB第42節サッスオーロ×レッジーナ 結局6位でフィニッシュ

サッスオーロ3-2レッジーナ
得点者:前半20分 モンティエル、前半38分 コンソリーニ、前半46分&後半20分 マルティネッティ、後半36分 ヴィオラ弟

SASSUOLO (4-3-1-2): Pomini;Rea (89' Fusani), Polenghi, Piccioni, Consolini; Valeri, Magnanelli, De Falco (69' Troiano); Riccio;Catellani, Martinetti (79' Vignali). A disposizione: Bressan, Bruno, Cinelli, Albanese. Allenatore: Mandelli.
REGGINA (3-5-2): Puggioni; Cosenza (51'Rizzato), Giosa, Di Lorenzo; Bernardi, Dall'Oglio (63'Laverone), Montiel (55'Maita), Rizzo, Barillà; A.Viola, Zizzari A disposizione: Kovacsik, Sarno, Danti, Castiglia. Allenatore.: Atzori.
ARBITRO: Sig. Velotto di Grosseto
MARCATORI: 20' Montiel (R), 38' Consolini (S), 46' e 64' Martinetti (S), 80' Viola A. (R).
AMMONITI: Valeri (S) e Cosenza (R)

この試合の動画:
Sassuolo-Reggina 3-2 Highlights
Sassuolo 3-2 Reggina 29-5-2011 Highlights & Goals HD

この試合の写真:
US Sassuolo Calcio v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 5.5, Cosenza 6, Giosa 5.5, Di Lorenzo 6, Bernardi 6, Montiel 6.5, Rizzo 6, Dall'Oglio 6-, Viola A. 6, Zizzari 6, Rizzato s.v., Maita s.v., Laverone s.v.

試合後の監督と選手のコメント:
■アッツォーリ監督
(サンプドリア行きの噂について)
その噂は私も聞いたよ。パレルモから始まって今度はジェノヴァまで行き着いたわけか。だが私が知っている唯一の予約は木曜日のプレーオフだけだ。

※それ以外の部分は後日追記します。多分。
■モンティエル
(サッスオーロの選手に削られまくって負傷退場した件について)
大丈夫。打ち身だけ。
ゴール?本当にキレイなゴールだったね。上手く入ってくれたよ。プリマヴェーラの選手たちはこんな素晴らしい経験をしたし、サッスオーロが残留したことも嬉しいし、レッジーナはよくやったし。もう本当にこのゴールのお陰でハッピーだよ。
さて、ノヴァーラだけど、強いのは誰もが知っている。だけど僕たちグランデなプレーオフをしてみせるよ。僕はまだ最後までレッジーナと共にいる。あと1年契約が残っているけど、今はプレーオフのこと以外は何も考えない。

あんな足引きずってピッチを後にしないといけないくらい何度も削られたのに(最後のファールは故意としか思えない)サッスオーロの残留を喜んであげるなんて、優しいというかお人よしというか、そんなことどうでもいいと思えるくらいイタリア初ゴールが嬉しかったのね、きっと。契約更新してもらえるといいなぁ。




最初に訂正です。直前情報で「この試合に何もかかっていない15位サッスオーロ」と書きましたが、思い切り残留(プレーアウト圏脱出)がかかってました。大変失礼しました。ということで、モチベーションはあちらさんの方が俄然高かった模様です。
さて、簡単に試合を振り返ってみましょう。

               

召集されはしたものの結局カスティーリャはベンチスタート、デローゼはベンチにも入らず。スタメンクラスなのはコセンツァ、リッツォ、プッジョーニくらい。主力をごっそり温存した本日のカピターノはジョーザなり。
 ↓
サッスオーロのスイカユニを見ると中村さんがいた頃のセルティックを思い出すわ~。
 ↓
前半12分、カテッラーニがコセンツァをスピードでぶっちぎってエリア内突入⇒左ポスト付近から打った右足シュートはプッジョーニが両手でパンチング、こぼれ球をコセンツァがクリア⇒クリアボールを拾ったサッスオーロに再びシュートを打たれるけどプッジョーニがしっかりキャッチ。
コセンツァ、ジョーザ、ディロレンツォ(プリマヴェーラのカピターノ)という急造3バックじゃ連携を望めるはずもなく、流石にアッツォーリさん怖くてプッジョーニを休ませられらなかったのね。
 ↓
前半20分、PAの手前、中央よりやや左の位置でレッジーナのFK。蹴るのはモンティエル。
決まる予感があった。言葉では上手く説明できないけど、去年も今年もサンタガタでFKの練習をがっつり見てきたので、モンティのFKが決まるときは助走の段階で何となく分かるのだ。
で、予感的中。右足から放たれたライナー性のFKはGKポミニの手を弾いて対角線上のネットを揺らした。Tutto Regginaのテキスト実況では「稲妻」と形容。サッスオーロが押していたのにレッジーナが思いがけず先制。

今季初ゴールどころかイタリア初ゴール!やったねモンティ!

モンティが真っ直ぐ走っていった先はベンチの第2GKコヴァチク。今季レッジーナでは数少ない外国人同士、ベンチを温める者同士、強い連帯感で結ばれていたのかな。このカワイコちゃん二人のハグシーンの写真がないなんて、役に立たないカメラマンだ。

ベリッシモなゴールでした

 ↓
前半33分、足首を酷い踏まれ方をしたモンティが倒れる。仰向けに倒れたままピッチを殴りつけるモンティ。相当痛そうだ。Dr.ファヴァスリが治療のためにすっとんできてしばし中断。このまま負傷交替かと思ったけど治療後ピッチに戻ってきた。
 ↓
前半38分、PA手前ゴール正面からコンソリーニのシュート⇒プッジョーニまさかのお手玉でサッスオーロ同点…
プッジョーニ様も休ませた方が良かったのでは?
負けてもOKな試合なんだからコヴァチクを使って欲しかったわん。
 ↓
前半ロスタイム、サッスオーロのCKからマルティネッティに頭で決められ、あっさり逆転。おいおいおい…。
 ↓
後半5分、モンティへの悪質なファールでヴァレリに黄紙提示。モンティは本日削られたのは3回目。ゴールしただけじゃなく、レジスタとしてゲームを作っていたモンティへの当たりは激しかった。つーか、今のは回避できたファールだろ!モンティの膝すげえ不自然にねじれたんですけど!

黄色じゃなくて赤出せ、赤!
 ↓
後半6分、コセンツァOUT、リッツァートIN
ああ、リッツァートは完全休養させてあげたかったのに…。
 ↓
後半10分、プレー続行不可能となりモンティOUT、プリマヴェーラのマイタIN
久しぶりのスタメンでキラキラしたパフォーマンスを見せてくれたのに負傷退場なんて…
 ↓
後半20分、またセットプレーからマルティネッティに頭で叩きつけられ失点。なんで君はこんなにフリーなんだ、マルティネッティ。つーか、負けてもいい試合だけど3-1はないんじゃない?
 ↓
後半35分、リッツァートのクロスをPA手前で受けたジッザーリが追い越してきたヴィオラ弟にワンタッチパス⇒ヴィオラ弟がオフサイドにかからないよう上手くタイミングを外し、正面からドリブルで攻めて左足でゴール右隅に突き刺した。

よし!ヴィオラ弟いいゴールだ!

後半は全然点が取れる気がしなかったけど、なんとか3-2にしたぞ!
 ↓
このまま3-2で試合終了。
負けたのに嬉しそうにティフォージに挨拶に行くレッジーナの選手たち。負けたのにティフォージも笑顔と拍手で選手を労う。いいんだよね、負けたってプレーオフ進めるんだし。
一方残留を確定させたサッスオーロは飛び跳ねて喜んでいた。よかったねー。

               

最終節終わって勝ち点61、6位でシーズン終えました。
プレーオフの対戦相手は3位ノヴァーラとなりましたが、4月の対戦では勝っていますから恐れることはありません。
もうすぐプレーオフ第1戦が始まるけど、眠くて限界なので私は寝ます。寝ている間に勝利が転がり込んでいますように。

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。