--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/10

セリエB第35節レッジーナ×チッタデッラ 下位相手にホームで痛い敗北

レッジーナ0-1チッタデッラ
得点者:前半9分 ピオヴァッカーリ

REGGINA (5-3-2): Puggioni; Colombo, Adejo ('55 De Rose), Cosenza, Acerbi, Rizzato; Rizzo ('77 Castiglia), Viola N., Campagnacci; Sarno ('67 Viola A.), Bonazzoli. A disp. Kovacsik, Costa, Laverone, Montiel. All. Atzori.
CITTADELLA (4-4-2): Villanova; Manucci, Gorini ('88 Musso), Nocentini, Marchesan; Job ('82 Giordano), Dalla Bona, Di Roberto, Volpe ('86 Melucci); Piovaccari, Nassi. A disp. Pierobon, Carra, Gabbiadini, Perna. All. Foscarini.
ARBITRO: Candussio di Carvignano.
Ammoniti: Manucci, Nocentini, Gorini, Rizzo, Cosenza

この試合の動画:
Reggina - Cittadella 0 - 1 (09.04.2011) All Goals & Highlights [High Quality]
Reggina 0-1 Cittadella 9-4-2011 Highlights & Goals HD

この試合の写真:
Reggina Calcio v AS Cittadella

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Colombo 5, Adejo 5, De Rose 5.5, Cosenza 5, Acerbi 5, Rizzato 6, Rizzo 5, Castiglia s.v., Viola N. 5, Campagnacci 5.5, Sarno 5.5, Viola A. 5.5, Bonazzoli 5.5
Datasport
Puggioni 6.5, Rizzo 5.5, Colombo 6, Cosenza 5, Acerbi 4.5, Adejo 6, Rizzato 5, Viola N. 5.5, Castiglia s.v., De Rose 5, Campagnacci 4.5, Saruno 5.5, Bonazzoli 5.5, Viola A. 5.5, Atzori 5

試合後の監督と選手のコメント:
■アッツォーリ監督
我々は負けるには値しなかったが結果はそうなってしまった。袖を捲り上げて気合を入れ直さないといけない。既に次のトリノ戦のことを考えているよ。
チッタデッラが3ポイントを獲得するのにはたった一本のシュートで十分だったが、一方の我々は何度もチャンスを作り上げながらそれを活かすことが出来なかった。私は選手たちのフィジカルが良好であると面倒がらずに何度でも繰り返すよ。多くの者がレッジーナがプレーオフに進出できる可能性にずっと懐疑的だ。だが私は目的地が我々の道のりの先にあると確信している。
今日我々が何度かミスを犯したのは間違いない。それを将来繰り返さないことが大切だ。今週の練習で修正するよ。
■フォスカリーニ監督
我々が苦しんだのは事実だが、結果と共に重要なのはチームが犠牲の精神を示したことだ。勝利の鍵となったのは恐らくレッジーナのサイドを上手く閉じるのに成功したことじゃないかな。コロンボもリッツァートも二人とも非常に危険な選手だからね。
■プッジョーニ
チッタデッラがゲームを作っていた。ネレオ・ロッコだったらそう書き留めていたことだろう。一方俺たちは多くの得点機を作り出したけど、結果を求める気持ちが強過ぎて精度に欠けた。そのことを嘆いても何の役にも立たないから、もう埋め合わせるしかないんだ。残り7試合。全ては俺たち次第だ。




わかっているのよ。もう後がないところまで自分たちを追い詰めないと点火しない体質なのよね。レッジーナは伝統的にそういうチームよね。だからもうちょっと下降することも覚悟しておかなくちゃいけないのよね。だけどそのあと劇的に盛り返すのよね?そうよね、選手の皆さん?!

全然テンションの上がらない試合なので軽く振り返ることにします。

               

練習で絶好調だと報じられていたジョーザとコスタがそれぞれスタンドとベンチ。そしてベンチ予想だったアチェルビがスタメンに返り咲き。蓋を開けてみるまで誰が先発か本当にわからないもんだわ。
 ↓
前半9分、ピオヴァッカーリがそのアチェルビをぶっちぎってゴール左から左足でダイアゴナルシュート!プッジョーニの左手の指先を掠めてゴール右サイドネットに突き刺さりチッタデッラ先制。

心配していたとおりにピオヴァッカーリにやられたよ。

たった10人しかいない北クルヴァのチッタデッラ・ティフォージの元に走っていくピオヴァッカーリはこれで今季17ゴール。カチアと並んでゴールランキング1位タイだわさ。
 ↓
前半30分、右サイドのコロンボからグラウンダーのいいクロス⇒ニアポストに飛び込んだボナちゃん、GKヴィッラノーヴァとノチェンティーニに邪魔されて押し込めず。残念。
 ↓
前半35分、失点のミスを取り返そうと高い位置まで持ち上がって攻撃参加していたアチェルビからDFの裏に抜けたサルノへスルーパス⇒サルノが落ち着いてヴィッラノーヴァの位置を見極めて左足で流し込みレッジーナ同点!と思ったらオフサイドの判定。リプレーを見るとオンサイドに見えるんだけど…。
 ↓
前半42分、左サイドのリッツァートからファーポストに届くナイスなクロス⇒カンパニャッチのシュートはヴィッラノーヴァが奇跡のセーブ。本日もGKにシュートを当ててしまう病を発症するカンパニャッチであった。
 ↓
後半開始前にストリーミングが死亡したのでマルチキャストへ移動。
 ↓
後半11分、リスタートのボールを持ち上がったコセンツァがピオヴァッカーリにボールを奪われピンチ!⇒神様仏様プッジョーニ様の果敢な飛び出しで最悪の事態は免れる。
 ↓
何度かチャンスがあってグラニッロにチャンネルが切り替わるけどゴールには至らないレッジーナ。もどかしいったらありゃしない。
 ↓
後半44分、ペナルティエリア左側からボナちゃんのクロス⇒ファーで頭で合わせたカンパニャッチ、またしてもシュートはGKの正面に飛んで弾かれてしまう⇒ポストに当たって跳ね返ったこぼれ球をアチェルビが押し込むもオフサイドの判定。またしても幻の同点弾…。頭を抱えるレッジーナの皆さん。
 ↓
追いつけないまま試合終了。アマラント・ティフォージから選手たちに容赦のない口笛が浴びせられる。

               

ホームで残留争いしているチームに負けただけでもショックだったのに、試合終了後ロッカールームに戻る途中でボナちゃんとリッツォがやらかして(審判に食ってかかった?)赤紙を貰いました。
次節トリノ戦に出られないのはもちろんのこと、下手するとその次のノヴァーラ戦も出場停止になるかもしれないとのこと。ボナちゃんはカピターノなのに何やってんの…。

もう笑うしかないですね。

どこまでマゾなんだ君たちは。もういい、ギリギリまで自分たちを追い詰めて、うーんとドラマチックな展開にしてくれたまえ。

負けたので勝ち点は49のままです。トリノが勝ちやがりまして順位は6位に落ちました。でもまだプレーオフ圏内。下向くんじゃないぞ!

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。