--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/03

セリエB第34節ポルトグルアーロ×レッジーナ 下位相手にまたドロー

ポルトグルアーロ1-1レッジーナ
得点者:後半17分 ボナッツォーリ、後半28分 アルティニエル

Portogruaro (4-3-1-2): Rossi; Espinal ('45+2 Cibocchi), Cristante, Franceschini, Madaschi (75' Esposito); Schiavon, Scozzarella, Tarana; Cunico ('71 Scapuzzi); Altinier, Gerardi. A disposizione: Furlan, Mattielig, Cardin, Memushaj. All. Andrea Agostinelli
Reggina (3-4-2-1): Puggioni; Adejo, Cosenza, Costa; Colombo, Montiel ('87 Viola N.), De Rose, Rizzato; Sarno ('64 Castiglia), Campagnacci ('74 Viola A.); Bonazzoli. A disposizione: Kovacsik, Acerbi, Louzada, Laverone. All. Gianluca Atzori
Stadio: "P.G. Mecchia"
Arbitro: Emiliano Gallione
Marcatori: 62' Bonazzoli Emiliano (Reggina) - 73' Altinier Cristian (Portogruaro)
Ammoniti: Cristante (Portogruaro) - Costa (Reggina)

この試合の動画:
Portogruaro-Reggina 1-1
Portogruaro 1-1 Reggina←ゴールシーンのみ
Portrogruaro - Reggina 1-1 2/4/11 ( immagini e video ) ←ほとんど写真だけど貴重な映像あり

この試合の写真:
Portogruaro v Reggina

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Adejo 6, Cosenza 6, Costa 6, Colombo 5, Montiel 6, De Rose 5, Rizzato 6, Sarno 6-, Campagnacci 5.5, Bonazzoli 7, Castiglia 6, A. Viola s.v., N. Viola s.v.
Datasport
Puggioni 6, Adejo 6.5, Colombo 6, Costa 6, Cosenza 6, Montiel 6, Viola N. s.v., Castiglia 6, Rizzato 5.5, De Rose 5.5, Bonazzoli 7, Viola A. s.v., Campagnacci 6, Sarno 6, Atzori 6

試合後の監督のコメント:
■アッツォーリ監督
先制ゴールの後、私は本当にホームに勝ち点を持ち帰れると考えていたんだ。ポルトグルアーロが長いスパンのポジティブな時期にあるので、3ポイントを獲得するのは容易ではないことはわかっていたがね。選手たちはいい試合をしてくれた。ピッチ上に熱をもたらすために、ピッチ上に形をもたらすために、彼らは多くを費やしてくれた。誰も非難するつもりはない。正直にお話しすると、私は最終結果は正しいと思っているんだが、前半我々に1点入っていてもおかしくなかったとも思っている。先制した後はクラシカルな3-5-2へ移行して逃げ切ろうとした。しかしポルトグルアーロにプレースキックから追いつかれてしまった。本当に残念だよ。アルティニエルのゴールの際、我々は誰もマークについていなかった。何故なら我々はマンマークではなくゾーンDFを採用しているからだ。だから誰にも責任はない。
プレーオフを考えると悪くない1ポイントだと信じているよ。ここには明らかに勝つために来たが、目の前にいたのは素晴らしいポルトグルアーロだった。最終的には満足できるものだ。
■ボナッツォーリ
イヴァン(フランチェスキーニ)は俺が覚えているとおりのままだった。荒々しいディフェンソーレであり、正しい方法で狡猾だ。
残念ながらプレーオフに向けての有利な歩みを作り出すことは出来なかった。このユニを着て出来るだけ多く点を取り続けたいよ。ゴール数は15に到達したけど、俺はゴールよりもパフォーマンスを追求している。ゴールがついてくればもっといいね。
チッタデッラ戦は重要な試合になる。勝ち点3を獲得することが大事だ。その後は直接対決が待っている。




イヴァン?ボナちゃん、イヴァンて言った?

おっとー!知らない間にポルトグルアーロに元レッジーナの猫背の王子様フランチェスキーニ君が所属していました!35歳になっても爽やかですこと!

フランチェスキーニ@ポルトグルアーロ

Aに昇格したチェゼーナに契約更新してもらえず今季前半は無所属でしたが、冬メルでポルトグルアーロにやってきたそうです。この試合ボナちゃんを抑え、アルティニエルのゴールをアシスト。完全無欠のDFリーダーとして評価7点が付いています。スンタンと一緒にプレーしていた選手が今でも元気に頑張っていると嬉しいですね♪

土日は止まっていた鼻水が本日復活しました。これは一種の出社拒否症でしょうか。
鼻炎カプセル飲んでいるせいか恐ろしく眠いので、簡単に試合を振り返ることとします。

               

ポルトグルアーロのカピターノに手を引かれて入場したチビッ子が着ているレッジーナの白ユニがでかい。でか過ぎる。でかいにも程がある。可愛いけど。
 ↓
前半2分、強面コロンボさんのロングスロー⇒ボナちゃんの落とし⇒カンパニャッチが反転からシュート⇒ニアポストでGKロッシにセーブされる
 ↓
前半14分、右サイドのモンティから美しい長距離クロス⇒ジャストミートさせたボナちゃんの半身のヘッドはニアポスト直撃。惜しい!つーか、モンティのクロスの精度すげえ高い!ボナちゃんの頭に置きにいった感じ。いつぞやの中村さんみたいよ?
 ↓
前半20分、リッツァートがドリブルで切り返してからファーを狙った右足シュートはロッシが好セーブ。レッジーナ開始からイケイケムード。でも点が取れない。
 ↓
前半28分、誰かのロングボールをボナちゃんが落とし、サルノがペナルティエリア目掛けて突っ込んでいくもののマダスキにブロックされる⇒こぼれ球がカンパニャッチの元へ⇒放ったシュートは少々弱くロッシに容易にセーブされる。今日もチャンスを決められないカンパニャッチであった。
 ↓
前半30分、いいリズムのドリブルで上がってきたスキアヴォンに身体を当てて遅らせるサルノ。いい守備だ。
 ↓
前半42分、スコッツァレッラがエリアちょい外側から思い切り右足を振り抜く⇒神様仏様プッジョーニ様が横っ飛びセーブ!つーか、エリア内にあんだけ人がいて何やってんの?
 ↓
0-0で前半終了。前半のいい時間帯に点を取っていれば楽なゲームになっていたかもしれない。
 ↓
後半12分、ポルトグルアーロの左サイドからのロングスローをエリア内で誰かが落とし、こぼれ球をタラーナが豪快にシュート!⇒ファーポスト直撃でレッジーナ冷や汗。
 ↓
後半17分、コスタの蹴った長いリスタートのボールを強面コロンボさんが競り勝って落とし、ボナちゃんがゴールの右側でキープして角度のないところからファーに押し込む技ありゴール!巧い!流石!

ボナちゃん今季15ゴール達成!このまま20ゴール目指しちゃおう!

何でも屋ボナッツォーリと評価されてました

 ↓
後半18分、サルノOUT、カスティーリャIN
3-5-2にシステムを変えて中盤を厚くするレッジーナ。
 ↓
後半23分、エリア内左でボナちゃんが反転して放ったシュートはロッシに阻まれる。
 ↓
後半28分 、ポルトグルアーロのCK⇒フランチェスキーニ君が頭で後方に擦らす⇒ファーで待ち構えていたアルティニエルが頭で叩きつけポルトグルアーロ同点。
アッツォーリさん曰くレッジーナはゾーンで守っているのでアルティニエルに打たせたのは誰の責任でもないらしい。
 ↓
カンパニャッチ⇒ヴィオラ弟、モンティエル⇒ヴィオラ兄と選手交替で活路を見出そうとするも、追加点を奪えずに試合終了。
 ↓
最後フランチェスキーニ君とユニ交換をしていたのはボナちゃんかな?

               

前節同様モンティとサルノの評価を載せときます。モンティ後半はイマイチだったのかしら。

●モンティエル
Tutto Reggina 6点
助っ人の評価をしてみる。先週の日曜日のリヴォルノ戦で彼は今季2回目のフル出場を果たし、今日は86分までプレーして足を引きずりながら交替した。彼にまるまる一試合激しいプレーを求めることが無理なのは明らかだ。彼はまだ60分間走れる足しか持っていない。前半は高いレベルにあり、ポストを叩いたボナッツォーリのシュートの際に素晴らしいクロスをあげたが、後半は間違いなく疲労から調子を下げた。最初に交替させるべきだった。
Datasport 6点
無限にボールに触る。それをあまりに多く無駄にする者がいた。とりわけプレースキックで。それでも最後まで生き生きしていた。
●サルノ
Tutto Reggina 6点
テクニックとクラスはある。恐らくちょっと多過ぎるドリブルを制限すべきだろう。しかしながら継続的にグループとチームに溶け込んでいる。勝利のためのプレーを見つけていない。
Datasport 6点
ファンタスティックでスピードがある。唯一の限界:あまりにゴールから離れている。


サルノはフォッジャみたいなドリブル小僧なんでしょうか。早く試合通してプレーを見たいな~。

トリエスティーナとかポルトグルアーロとか誰もが楽勝と考える試合で勝ち点3を奪えないスットコドッコイなレッジーナなわけですが、これだけ足踏みしていても誰も追い越せなくて5位キープしているということは、ライバルチームも負けずにスットコドッコイだということですな。なかなか勝てないけどまだ運はある。きっと大丈夫。

今節のドローで勝ち点49になりました。地味にポイント増やしています。
順位は5位キープですが、すぐ後にヴィチェンツァ(48)、トリノ(47)、リヴォルノ(45)、ペスカーラ(45)、モデナ(45)が控えております。次こそ勝とうね選手の皆さん。

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。