--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/06

セリエB第30節ペスカーラ×レッジーナ 水浸しのピッチでドロー

ペスカーラ0-0レッジーナ
得点者:いましぇーん

PESCARA (4-4-1-1): Pinna; Zanon, Olivi, Mengoni, Capuano; Gessa (17' st Petterini), Nicco (8' Berardocco), Tognozzi, Bonanni; Soddimo (10' st Giacomelli); Sansovini. A disp. Bartoletti, Sembroni, Diamoutene, Stoian. All. Di Francesco.
REGGINA (5-3-2): Puggioni; Colombo, Adejo, Cosenza, Acerbi, Rizzato; De Rose (41' st Rizzo), Tedesco, Barillà (35' st Castiglia); Viola A. (27' st Zizzari), Campagnacci. A disp. Kovacsik, Costa, Laverone, Sarno. All. Atzori.
ARBITRO: Stefanini di Prato.
AMMONITI: Tedesco (R), Tognozzi (P).
NOTE: 1’ e 4’ di recupero.

この試合の動画:
Pescara 0-0 Reggina 5-3-2011 Highlights & Goals HD
PESCARA-REGGINA 0-0 - highlights - SKY HD - [05-03-2011]
Le voci del 91°: Luca Tognozzi e Samuele Olivi←トニョッツィのインタは3分30秒から
Tognozzi: "A Reggio voglio esserci" ←シーズン前半グラニッロに来る前のインタ

この試合の写真:
Pescara Calcio v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 7, Colombo 6.5, Adejo 6, Cosenza 5, Acerbi Rizzato 6, De Rose 5.5, Rizzo s.v., Tedesco 6.5, Barillà 6, Castiglia s.v., Viola 6, Zizzari s.v., Campagnacci 5
Datasport
Puggioni 7, Adejo 6.5, Acerbi 6.5, Colombo 6, Cosenza 6.5, Castiglia s.v., Barillà 6, Zizzari 6, Tedesco 6, Rizzato 6.5, De Rose 5.5, Rizzo s.v., Viola 5.5, Campagnacci 5.5, Atzori 6

試合後の監督と選手のコメント:
■アッツォーリ監督
今日このようなピッチでプレーするのは容易ではなかった。選手たちにはミスを犯さないよう全力を尽くすよう指示した。前半の絶好機を決められなかった後悔は少し残るが、貴重な結果を出したことには満足している。いいサッカーを見せられなかくて残念だが、こういう重いピッチではこれ以上は不可能だ。このチームは豊富な戦力から構成されている。ラストスパートを視野に入れて、選手全員を100%の状態で起用できるよう構成要素を交替させるのは正しいことだ。後半の10分間は別として、我々は常に巧みにゲームを支配してきた。選手たちのパフォーマンスに関しては満足だ。すぐに我々は前を向くよ。自分たちの目的に到達するためにグラニッロが大いなる心の支えになってくれることを願っている。我々の希望は我々のスタジアムからやってくるんだ。
エミリアーノ(ボナッツォーリ)がいたら非常にフィットした試合だっただろうに。しかし、彼の代わりの選手は最上のプレーをした。自分の個性を出していたよ。シーズン当初の我々の目標はプレーオフではなかった。もし現在我々がプレーオフを狙える状況にあるのだとしたら、それはこのレッジーナを構成する全ての存在、クラブ、監督、選手が素晴らしく調和しているからだ。ペスカーラでプレーすることは簡単ではない。このメンタルで、相手を負かすことができるのだと示しながら、常にゲームの中に留まった。拙かったのはサンソヴィーニのチャンスの1回だけだ。
■アチェルビ
このピッチじゃプレーするのは容易じゃなかった。自分たちが得意なグラウンダーのボールをキープできなくて、ロングボールでプレーして踏ん張らないといけなかった。もし1-0で終わったなら何も言えなかったけど、引き分けは正しいよ。満足にプレーすることが出来ないピッチでは、重要なのは負けないこと。ボールのバウンドがどうなるのか予測が付かないから、通常の2倍の注意力を払う必要があった。みんなよくやったし、自分の責任を果たしたよ。一つだけ言えるのはチャンスがあったときにはゴールを決めないといけないということだね。繰り返すけど、大事なのは負けなかったこと。僕らのフィジカルは今とてもいい。やっと一日休みをもらえて、その後はラストスパートだ。ここまでそうであったように僕らは相手が何処でも戦える。ちょっとネガティブな10試合を通過したけど、今は当初のレベルまで戻ってきた。残り12試合でプレーオフに到達できるかどうか確認できるね。今日はボナがいたとしてもこんなピッチじゃ苦労したんじゃないかな。僕らはグループなんだ。ボナッツォーリみたいな選手抜きでも立派にやれた。
トリエスティーナ戦?彼らは窮地から脱しないといけないからスペースがなくなるだろうね。上手くやらなくちゃ。だけどそのことは月曜日から考えるよ。
■バリッラ
プレー出来るようなピッチじゃなかったよ。でも俺たちが持っている情熱を見せられた。チームであることを証明し、こんなピッチでも放り込まなかった。重要なのは常に最大の熱意で臨むことだ。このチームはたとえカンパニャッチであってもサイドでの仕事を要求され、たとえコロンボであってもアタッカンテの仕事を要求される。全員が何でもやるんだ。同等なゲームだったと思うよ。彼らにチャンスがあったように俺たちにもあったから。ここにはオープンな戦いをするためにやってきた。素晴らしい勝ち点1だよ。セリエBのカンピオナートはいつだって難しい。大事なことは順位表を移動しつつも最後まで喰らいつくこと。
■トニョッツィ
ゴールできたら盛り上がったと思うんだけどな。俺たちの方が優勢だったよ。ありゃプレー出来るようなピッチじゃなかった。試合間隔が短いから疲れていたし、それであのピッチだぜ。ほんと難しかったよ。俺たちがプレーしたあのスピリットは正しい。
レッジーナはパッとしないプレーだった?そんなことはない。あいつら隠していただけさ。俺はあいつらを知ってるから。昨シーズンよりも少々サイズダウンしたチームだけど、プレーオフ圏内に留まっている。この2チームの2試合の間に4ポイントの差は見られなかったと言わせてもらうぜ。代わりに俺たちが上に行けるようギャップを埋めないといけないな。
思い出?アンダータ(レッジョでの試合)の方が興奮したよ。今日は古巣と対戦て感じじゃなくて普通の対戦みたいだったな。俺たちとてもよくやれていたと思うし、ホームで結果をもぎ取ろうと奮闘したんだ。ちょっと一息入れて、リスタートだな。
レッジーナの誰に挨拶したかって?そんなに多くないよ。一緒に練習してた若いのがたくさんいてさ、あとはテデスコ、プッジョーニ、バリッラかな。メディカルスタッフにも挨拶したよ。

トニョッツィがいた頃はアデジョやヴィオラやリッツォはまだプリマヴェーラで、プッジョーニもバリッラもレギュラーを取れていませんでした。時の流れを感じます…。



2-3で勝利が目前だったのにロスタイムにオウンゴールで引き分けるなんて…。
って、大宮の話ですけどね。ま、鹿島ホームでのドローは勝ちに等しいですよ。今季大いに期待できる戦いぶりでした。来週は仕事の進捗状況次第ではNACK5へ馳せ参じることが出来るかも。毎日集中して仕事しろ!<自分

はい、レッジーナに話を戻しましょう。
ストリーミングが前半途中で途切れて最後まで復活しませんでした。マルチキャストでペスカーラに飛ぶ頻度の低さが、いかに見所の少ない試合であったかを物語っておりました。
つーことで、いつものように簡単に試合を振り返りましょう。

               

冷たい雨が降り注ぐスタディオ・アドリアティコ。観客席はパラソルの海、ピッチは水溜りの海。こんな天気なのでアッツォーリさんはジャージ姿。
 ↓
ボナちゃんが出場停止なので本日のカピターノはテデスコ。出場停止が解けたコセンツァが出場停止のジョーザと入れ替わり、中盤ではカスティーリャ、リッツォを抑えてバリッラが先発、ボナちゃんの代役に抜擢されたのはカンパニャッチだった。
 ↓
選手たちがボールを蹴るたびに激しい水しぶきが飛ぶ。見てよこれ。

途中で試合が中止になるんじゃないかと思ったわ。

 ↓
前半3分、左サイドのリッツァートからファーポストに向けて素晴らしいグラウンダーのクロスが入るけど、滑り込んだカンパニャッチ一歩届かず。飛び込むタイミングがちょっと遅かったか…。
 ↓
前半5分、ペスカーラのCKからの流れで、こぼれ球を受けたニッコが誰とも接触せずに倒れて悶絶。劣悪なピッチに足を取られて膝を捻ったと思われる。そのまま担架で運び出されてベラルドッコと交替。尋常じゃない痛がり方だったので相当酷いんじゃないだろうか。可哀想に…。
 ↓
前半12分、レッジーナのFK。センターライン付近からの長距離FKがエリア内ギリギリの位置でワンバウンドしてヴィオラ弟の元へ。メンゴーニに背中を預けてボールを受けたチビッ子は反転して抜こうとしたけど厳しいチェックに体勢を崩し、仰向けに倒れながら必死に足を伸ばして執念のシュート!⇒前に出ていたGKピンナの脇を抜けて決まるかに見えたが、水浸しのピッチでスピードをそがれ、ピンナがライン上でギリギリ抑えた。あーん、こんなピッチじゃなかったら決まっていたはずなのに。
 ↓
前半17分、テデスコの左足ミドルはピンナがセーブ。結構威力があったんだけどね。
 ↓
前半33分、ペナルティエリアのちょい外側でコセンツァがサンソヴィーニにプレゼントパス⇒幸運にもシュートは枠を超えた。おーい、コセンツァ~。
 ↓
この辺でストリーミングが完全に死ぬ。あちこち探したが全滅。諦めてマルチキャストへ移動。
 ↓
前半37分、ボナンニのCKがアチェルビの頭を掠めてファー後方に逸れ、落ち際をジェッサが絶好の位置からダイレクトで打つが枠の右に外してくれた。ありがとう。
 ↓
前半42分、ペナルティエリア手前右寄りの位置からテデスコのFK⇒アデジョが頭で擦らして後方へ繋ぎ、カンパニャッチがファーで更に頭で叩きつけるがピンナの好セーブに阻まれる。くぅぅぅぅ惜しい!タイミングはドンピシャだったのに!しかしカンパニャッチは泣けてくるくらい運の無い奴だ…。
 ↓
0-0で折り返し。
 ↓
後半11分、レッジーナのCK。バリッラのキックにコセンツァが頭で合わせるが枠の上。両手で顔を覆うコセンツァ。
 ↓
後半12分、ペスカーラのCK。オリーヴィのヘディングも枠の上。こういうピッチコンディションなので両チームともチャンスはセットプレーからのヘディングになりがち。
 ↓
後半27分、レッジーナ選手交替。ヴィオラ弟OUT、元ペスカーラのジッザーリIN。古巣相手にいいところ見せようぜ!
 ↓
後半29分、ジャコメッリが左サイドをドリブルで疾走、アデジョをちぎって中央へ折り返し⇒サンソヴィーニがコセンツァをかわして反転からシュート!⇒神様仏様プッジョーニ様の好セーブで難を逃れる。危なかった~。
 ↓
後半31分、ペスカーラが畳み掛けて攻めてくる。ジャコメッリにゴール右の深い位置からゴール正面のサンソヴィーニにマイナスのクロスを通され大ピンチ!⇒しかしサンソヴィーニのシュートが弱々しかったのでプッジョーニ難なくセーブ。
 ↓
後半33分、またペスカーラのチャンス。もうイヤ。距離の長いFK⇒エリア内で誰かが頭に当てて高く上がったボールをメンゴーニが更にヘディング!⇒神様仏様プッジョーニ様が横っ飛びセーブ!
 ↓
後半35分、レッジーナ選手交替。バリッラOUT、カスティーリャIN
 ↓
後半41分、レッジーナ最後の選手交替。デローゼOUT、リッツォIN
 ↓
4分のロスタイムを経て0-0で試合終了。
「こんなピッチでよく試合したよな」と互いに称えあう両チームの選手たち。本当にお疲れ様でした。

               

プッジョーニ 評価7(Datasport)
結果を確かなものにするための奇跡の常備薬。ずば抜けた背番号1。

奇跡の常備薬って(笑)はい、座布団一枚!

もう選手たちへとへとに疲れたと思います。アウェイで順位が一つ下のペスカーラ相手にボナちゃん抜きで負けなかったんだから善しとしましょう。
本日1ポイントを積み上げて勝ち点は46、順位は5位キープです。4位ヴァレーゼも引き分けたのでポイント差は1のまま。次節こそ抜かしましょう!

10-11レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ボナッツォーリが不在だと得点力に不安が残りますねぇ。
はぁ・・・なんでアモルーゾ来なかったんだ。
あの魔法のようなポストプレーがまた見たいですよ。

しかしテデスコが頑張っているのは嬉しいですね。
少し前の遠征記を見て「テデスコいいやつだな(´ー`)」って再確認しましたよ。
若い子達もおぢさんに負けじと走り回って欲しいです。

うぅ・・・今日雨ですか。
出社したくねぇ(´ ▽`)
Fillipoさん、こんばんは。
雨どころか雪に変わりましたね。午後はまた雨に戻りましたけど。
早く春になってくれ~。でも永遠に夏にはならないで。←無理だから

> ボナッツォーリが不在だと得点力に不安が残りますねぇ。

そうなんですよねぇ。
シーズン頭からいるボナちゃん以外のアタッカンテがいい加減ブレークする頃だと待ちわびているのですが…。
チビッ子のヴィオラ弟はそこそこやれそうな感じですけど。成長期待込みで。

> はぁ・・・なんでアモルーゾ来なかったんだ。
> あの魔法のようなポストプレーがまた見たいですよ。

ねぇ…。
でも、もういない人だと思って諦めますよ私は。今更夏に来ることも無いでしょう。
冬に来ていたとしても当時と同じパフォが再現できたかどうかわかりませんし、レッジョの民の心に最高に美しい思い出として残った方が幸せなのかも知れません。

> しかしテデスコが頑張っているのは嬉しいですね。

まさかテデスコがここに来てブレークするとは思っていませんでした。嬉しい誤算です(笑)
アッツォーリさんはモチベータータイプみたいですね。
頑張っているおぢさんに今年も何かお土産を持っていこうと思います。(^・^)

> 少し前の遠征記を見て「テデスコいいやつだな(´ー`)」って再確認しましたよ。

みんないい奴でしたよ。カチア以外は。←え?


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。