--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/02

10-11冬メル情報第6弾 拒絶の嵐に泣いたメルカート最終日

メルカート最終日の1月31日は午前1時頃就寝しました。レッジーナよりも高額を提示したカターニアにロディを持っていかれたけれど、朝起きたときには誰かしらアタッカンテが到着しているだろうと期待しつつ。

で、今朝PC立ち上げてメルカートの結果を確認したら

誰も来てないじゃん(ノ゜⊿゜)ノ

あの~、アモルーゾは?つーか、アディアーがミラン返却になっているし、FWはシィとアディアーを失ってレンタル先からヴィオラ弟を呼び戻しただけ。これって補強じゃなくて明らかに補弱なんですけど…。
一応手当たり次第いろんなアタッカンテにアタックしたようですが、ことごとく話がまとまらなかったようで。本日のGAZZETTA DEL SUDのタイトルが『レッジーナ、拒絶の嵐を受ける』でした。そんなに断られまくったんかい…。
だ~か~ら~会長、あれほど後釜確保してから放出しろと(以下自粛)

アディアーはレンタル終了で返却となっているので、元々半年だけのレンタルだったんですね。ま、双方が合意すればレンタル期間延長したんでしょうけど、そうはならなかったと。

同じく半年だけのレンタルでシエナへ行ったヴァルデスはレッジーナに返却されましたが、そのままウルグアイの強豪ペニャロールへレンタル移籍となりました。板前さんがアタッカンテだったら大歓迎されたのに、今のレッジーナの補強ポイントはDFじゃなかったのよね…
Sono 7, oggi, i contratti depositati dalla Reggina. Valdez girato al Penarol

メルカート終了後のレッジーナの戦力は以下のようになりました。
PORTIERI: Puggioni, Kovacsic, Petrocco
DIFENSORI: Cosenza, Acerbi, Giosa, Costa, Adejo, Burzigotti
CENTROCAMPISTI: Colombo, Laverone, Bernardi, Castiglia, Rizzo, N.Viola, Sarno, Barillà, Montiel, Tedesco, Rizzato
ATTACCANTI: Bonazzoli, Campagnacci, Zizzari, Danti, A.Viola


放出一覧はこちら↓
Reggina, tutte le operazioni in uscita della sessione invernale di mercato

獲得一覧はこちら↓
Reggina, tutte le operazioni in entrata della sessione invernale di mercato

失望したアマラント・ティフォージが暴動起こすんじゃないかってくらいの勢いでして、本日午後3時45分から行われるフォーティ会長の会見に殴りこむんじゃないかとマジ心配です。
とりあえず会長の弁明を待ってから、明日このエントリーにあれこれ追記しようと思います。
ということで今夜は不貞寝します。一晩寝て気持ちを落ち着けてから書いた方がいいと思うので。では、お休みなさい。



一晩寝て気持ちも落ち着いて、会長の会見もそれなりに納得できる内容だったし、心穏やかに続きを書こうとしたんですが、先ほどアモルーゾの記事を見つけてしまいました。アモルーゾがレッジーナに来なかったのはこういう理由だったようです。
Amoruso, un altro caso "Costinha"? Resterà a Bergamo fuori rosa
アモルーゾ、第二のコスチーニャ?登録外のままベルガモに残留
ニコラ・アモルーゾはあと5ヶ月別居したまま過ごす。本日の“L'Eco di Bergamo”の紙面によると、アタッカンテはアタランタの提案した契約解除を受け入れなかった。同時にアタランタは6月まで完全に契約(トータル約60万ユーロ)を補償する案も用意していたが、選手には6ヶ月分割ではなく1年分割払という支払い期間の延期を申し出ていた。
アモルーゾは遅れるものの(契約と)同額を受け取ることもできたし、他のチームへ行ってプレーすることも出来た。レッジーナは彼を欲しがっていた。
彼はベルガモに、登録外でこれ以上プレーすることはないであろう場所に、残ることを選んだようだ。


コスチーニャ選手についてはWikipediaを参照のこと。
●コスチーニャ

お金持ちのアタランタは金でアモルーゾを釣って、アモルーゾもプレー機会よりも金を選んだということのようです…。
アモルーゾの選択を責める気はありません。全くありません。レッジーナに来たらサラリーはアタランタの半分かそれ以下。36歳のアモルーゾが選手としてプレーできる時間が限られているのと同様に、選手として収入を得られる時間も限られています。下のお嬢ちゃんはレッジーナ在籍時に生まれたからまだ小さいです。一家の主として家族を養い、親として二人の娘を育てないといけないわけで、残り少ない時間で少しでも稼ぎたい気持ちはよく分かります。サッカー選手は引退したら失業するわけですものね。まあアモルーゾの場合は嫁が弁護士なので引退と同時に収入が完全に途絶えるわけじゃないと思いますが、子どもがまだ小さいから奥さんもそんなにバリバリ働けないでしょうし。きっと苦渋の選択だったんだと思います。8月になったら37歳。このまま引退もありえるのかな…。
5月にジンゴニア(アタランタ練習場)に行ってもアモルーゾには会えそうもありませんね。チームと一緒に練習していないでしょうから。シエナでも会えなかったし、残念だけど縁がないうことで諦めるしかなさそうです。レッジョに戻ってきてくれたら、これが最後の再会のチャンスだと思っていたのに…
すみません、ちょっとまた気持ちが落ち込んできてしまったので、会長の会見については明日にでも追記します。



ミランに返却されたアディアーはパルチザン・ベオグラードへレンタルされました。
UFFICIALE: Milan, Adiyah in prestito al Partizan Belgrado
やっとセリエに慣れてきたところだったのに、また新しい国で新しいサッカーに慣れるところから始めるのね。レッジーナにいれば良かったな~ということにならないよう頑張ってくださいませ。個人的にはレッジーナのイングリッシュ・スピーカーが減ってしまって残念です。君とお話しするの楽しみにしていたのに。

こんなアップで撮らなくても(汗)

さて、いい加減にフォーティ会長の会見について書きますか。いろんなテーマに触れて、1時間以上に及んだそうですよ。全部読みました。時間がないので全訳はしませんが、要するに「6月に宣言した若手主体で再出発するというプロジェクトをぶれることなく遂行している。レッジーナの未来は明るい」ということらしいです。
Il Presidente Foti: "La Reggina ha aperto un nuovo ciclo"
FOTI IN CONFERENZA STAMPA, "Seguito il progetto della Reggina"
主にセリエAで出場機会を得られていないアタッカンテ(ジェノアのデストロとか、ボローニャのパポーニとか、ユヴェとシエナが半分ずつパスを持っているパオルッチとか、その他諸々)を狙って見事に振られました。皆さんBでプレーしたくなかったそうです。会長としては、クオリティを備えた若手で、なおかつレッジーナの一員になることに喜びを感じてくれる選手にしか金は使えないというスタンスを貫いたようです。確かに昨季大損して懲りましたからね、言っていることはもっともです。
ミッシローリもアチェルビもパスの半分はレッジーナの大事な財産としてキープしていて、安易に手放したわけではないと強調。この二人のお陰で今年の夏メルは金の心配をしなくて済むことでしょう。
この会見の前にロッカールームで監督と選手に、今冬のメルカートでクラブが取った行為と動機について説明したそうです。そして全員がクラブの意図していることを明確に理解してくれたとのこと。
アッツォーリさんと選手たちが納得したならそれでいいです。私がギャーギャー文句言ったところで何も変わりませんし。当事者たちが納得して、自分たちで何とかしようと決意してくれたなら何も言うことはありません。精一杯応援するだけです。極東の小国にいて年に1回しか直接激励できないけど、自分にできる方法でチームを後押しするだけです。
ということで、週末にでも冬メルのまとめ(出入り一覧)を作成して、後はカンピオナート後半に集中しようと思います。会長が獲得した選手についてコメントしているのは、そちらのエントリーで触れる予定です。

あ、最後になりましたが、フォーティ会長61歳のお誕生日おめでとうございます。これからもレッジーナをよろしくお願いします。余計なお世話かもしれませんが、健康で長生きするために少しメタボ腹をサイズダウンされた方がよろしいかと存じます。

10-11レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
こんばんは(^_^)/
レッジーナ以外のメルカートは本当に面白かったけどレッジーナは全然でしたね。 アモルーゾの件は仕方ないかもしれないけど残念ですね(_´Д`)
まあ今おるメンツでもう残りを戦うわけだからまず勝って、ボナを中心に勢いをつけていくしかないですね。切り替えて応援していきましょう( ̄▽ ̄)b
ヤス君、こんばんは( ̄▽ ̄)b
長友インテルとか、本当にレッジーナ以外はワクワクしましたよね♪

アモルーゾは、、、アタランタが解放してくれたら来てくれるものだと思っていたのでちょっと辛いですね。一番辛いのは、このままプレーすることなく引退してしまう可能性があるということです。シーズン終了後にフリーになったアモルーゾをフォーティ会長が獲得することはあるのかしら…。

チームは今のメンバーでプレーオフを勝ち取ることを最終目標に掲げたようですよ。面子が豪華でもダメダメだった昨季前半の例がありますし、大事なのはハートですよね。シーズン後半も頑張って応援しましょう!
こういうときは
監督とコーチ陣、メディカルスタッフの若いのを引っ張るのです!
新潟のように。

西大伍選手のように、他チームの期待の若手を借りる際、「ウチに来ると、選手育ちますよ」
という売りを作るべきですね。そのためには、期待の若手コーチ、スタッフを安く買い上げるとよいのではないでしょうか。新潟、コーチ陣も育てて外へ出していますから。

「他チームに高く売れますよ」と言いつつ、「レンタル移籍だけど、途中で新潟が買えますよ」という「ペドロ・ジュニオール条項」を入れておくと、さらに儲かる。

まあ、今年の新潟は「レギュラー4人しか移籍していないから大丈夫」という安心感に不安がありますが。
reoさん、こんばんは~。
> 監督とコーチ陣、メディカルスタッフの若いのを引っ張るのです!

や、メディカルスタッフ以外は非常に若いです。恐らく新潟よりも若いですよ。アッツォーリ監督40歳だし!歴代レッジーナの監督も40歳前後の若手が多いです。フォーティ会長若手好きなので。
選手を育てて高く売る手法は既にレッジーナの十八番ですし、プリマヴェーラの青年監督も有無を言わさずトップチームに内部昇格させられて実戦経験積まされてます。昨季のブレダさんがそうでした。今はサレルニターナで監督してます。
新潟よりもうち方が数段上手だと思いますが。(^^)v
つーか、レッジーナも新潟も貧乏クラブですから、売りにするところはそこしかないっすよね。
今年の大宮は新潟の上に行けるよう頑張って応援します。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。